ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

色々と迷う新築の購入。みんなはどうやって決断してるの??

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

上棟で慣れない作業をしてたら筋肉痛がひどい タカシマ です。

慣れない作業って言っても現場の掃除なんですけどね。汗

それだけ普段から動いてない。ってことだし、ランニングもさぼりがちだし。

やっぱり普段からの運動は大切ですね。

 

今回は「家を購入する決断」について。

家の新築、購入、はどちらも高額な買い物だし、決断するには勇気がいります。

なかなか迷って決断できない。

そんな方も多いと思うんですね。

そこで気になるのは・・・。

みんなどうやって決断しているの??

ここですよね。

僕の経験から他のお客様がどうやって住宅の購入を決断しているのか??

を少しだけ紹介しようと思います。

 

色々と迷う新築の購入。みんなはどうやって決断してるの??

あなたも家づくりを考えていると思います。

考え始めた理由はバラバラだし、答えはありませんよね。

何かがきっかけで家づくりを考える。

そんなもんですよね。

 

住宅の購入を決断する1つのポイント。

それは、年齢です。

個人的には重要な部分だと思ってまして。

なんで年齢が1つのポイントなのか?を紹介しますね。

 

まずは年齢から考えてみる

年齢がポイントになる理由は、住宅ローンの返済期間に直結するからなんですね。

住宅ローンは他のローンに比べて圧倒的に長期的です。

僕も35年返済で住宅ローンを組んでます。

もう。先が長くて・・・長くて・・・。汗

 

僕の場合だけど35歳の時に自宅を新築しました。

その時に35年返済で住宅ローンを組んだので、完済時の年齢は・・・。

そう。70歳。

もう定年も過ぎてる年齢ですよね。

退職金がしっかりある企業に勤めてるなら安心ですが。

僕のように退職金が無い、または、少ない方もいますよね。

退職してから年金を受給しながら、住宅ローンを支払うのは本当に大変です。

この5年間は大きな赤字だろうし、貯金がドンドンと減っていくストレスもあります。

 

これが35歳の僕の家づくり。

もしも、45歳から家づくりを始めたら・・・。

完済時は80歳になります。汗

これは現実的に難しい計画になると思いますし、そもそも住宅ローンが35年間で借りれない可能性が大きいです。

うわ~。諦めようかな。

って、思いますよね。汗

そんな時は「自己資金」でカバーするようにしましょう。

自己資金で借入額を下げる、借入期間を短くする。

このような工夫は大事です。

 

30代と40代では家づくりも大きく変わってきます。

1つは年齢を目安にする方法もアリだと思います。

 

補助金を活用する

例えば、有名なところだと。

・次世代住宅ポイント

・住宅ローン控除13年

この2つが有名ですよね。

これは、消費税が10%に増税された時の政策。

やっぱり消費が落ち込む可能性が大きいので、その為の対応策なんですね。

これを2つとも受けれた方は運がいいな~。って思います。

かなりお得に家を建てれますしね。

 

このような補助金や政策には必ず「期限」「予算枠」が設定されてます。

次世代住宅ポイントの場合は2020年3月31日まで。(コロナで延長されましたが)

ここまでに申請が必要で、3月は書類ばかり作って記憶があります。

そして、住宅ローン控除の延長は2020年9月末日までの契約、2021年までの完成。

これも延長される可能性があります。(2020年11月現在)

 

こんな感じで「期限」が定められています。

補助金を活用してお得に家を建てるのも方法の1つ。

こんな期限を意識して、家づくりのスケジュールを計画する方法もアリですよね。

 

子供の成長

土地探しから始める方はコチラも大事ですよね。

「子供年齢」

僕は家を建てた時は息子が1歳でした。

なので、あまり意識しませんでしたが・・・。

年長の現在では、かなり重要になってきます。

その理由は土地を買う時期、そして、エリアですよね。

保育園でも年長になると友達もできて、チビながらコミュニティもありますし。

いきなり知らない小学校に入学。って、あれかな~。なんて思います。

さらに、転校ともなるとハードルがさらに上がりますし。

 

なので、小学校というタイミングで家を建てたい。

少し慣らすという意味で年長さんには家を建てたい。

このようにして、子供の成長で考えてみるのも1つだと思います。

 

土地探しは2,3年かかる方もザラにいます。

なので、早めから動くのがいいと思いますよ!!

 

最後に

今回は「家を購入する決断」について紹介しました。

ここ最近は土地を買う決断。住宅会社を決める決断。

この決断について多くの相談を頂きました。

なので、決断について少し触れてみました。

自分の中で決断する方法も1つだし、外部の要因を使って決断する方法も1つだと思います。

自分1人だと決断というより、悩む時間が多くなりますしね。

ここは注意して下さい。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.