ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

建売住宅と注文住宅を家づくりのプロが比較してみました。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

今日は「建売住宅」と「注文住宅」を赤シャツアドバイザーの僕が比較してみました。

一言にマイホームと言っても大きく分けて3種類の分野があるんですよね。

 

「注文住宅」

「建売住宅」

「中古住宅」

 

中古住宅は不動産の方に近くなるので、今回は外しますね。

注文住宅と建売住宅って何が違うのか?

そんな事を解説していきます。

 

 

建売住宅とは??

 

建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅の事を指します。

建売住宅は完成後に販売される場合が多く、間取や内装も決まっており

現状を見て確認してから購入を検討出来る部分がメリットです。

 

工事中のうちからでも販売される場合もたまにあります。

でも、完成後でも工事中でも建売住宅の場合は「間取り」は決まってます。

 

僕が建売住宅をオススメするお客様はこんな方です。

 

コストをできるだけ抑えて家を購入したい。

建売住宅の最大のメリットはコストを抑える事ができる!

これが一番の魅力だと思います。

 

建売住宅の多くは分譲地で販売される事がほとんどです。

 

⇒新しい分譲地には予約がすぐに入ってるのは何故!?

 

分譲住宅地では同じような家をいくつも建てる事により

資材をまとめて購入したり、工事も効率的に進める事が出来る事から

大きなコストカットに繋がります。

 

土地から購入して注文住宅を建築するお客様の場合には、田舎の小松市でも物件価格が

2500万円~3000万円近くになる事が多いです。

建売の場合だと物件価格が2000万~2500万円程で抑える事も可能になります。

 

現物を確認してから購入したい方

注文住宅の楽しい部分でもあり、難しい部分でもある「現物を確認出来ない」

一緒に作り上げていく住宅なので契約する時に現物がありません。

 

これに比べて建売住宅の場合は現物を確認して購入する事ができます。

デザインや外観、内装やスイッチやコンセントの位置まで確認できるので

「家づくりに失敗した」というリスクが下がるメリットがあります。

 

建売住宅のデメリット

一番のデメリットは「自由度が全くない」という部分。

間取りや内装はお任せになります。

自分の好みや生活スタイルとは合わない部分もあります。

この辺をどこまで許容できるのか??

ここがお客様の判断基準になります。

 

特に「間取り」

注文住宅のお客様は一番こだわる部分。

建てて終わりではなく、何十年も住み続けていく訳ですから当然ですよね。

 

建売住宅の場合の間取りはコストダウンも視野に入れて設計しています。

コストは安いけど、簡単な間取りが多いのが特徴でもあります。

 

 

注文住宅とは??

 

注文住宅は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所。

自分の好きな会社に工事を依頼して家づくりを進めて行く事が出来ます。

サワダもこの注文住宅の施工会社になります。

 

建築基準法の制限はあるけど、間取り、内装、外観。

自分の好きなようにオーダーメイドする事が出来る事が注文住宅の最大のメリット。

予算の制限はあるけどね。汗

自分のライフスタイルや、好みにより近いお家を建てる事が出来ます。

 

僕が注文住宅をオススメするお客様はこんな方

 

→注文住宅の相場を知りたい方はこちらから。

 

世界に1つだけの家が欲しい方

こう書くと大げさに感じるかもしれません。

でもね、まわりを見ても自分と同じ家が一つも存在しない。そんな

家をつくる事ができる「注文住宅」

 

その理由は「フルオーダー」だから。

お客様の希望や夢を形にする注文住宅。

それは、間取りの作成から始まり、内装のデザイン、外観のデザイン。

全て最初から決める事が出来る事は大きな魅力ですよね。

 

現場の途中経過を確認できる。

地鎮祭から始まり、基礎工事、上棟、大工工事。

現場へ行けば「途中経過」を確認する事ができます。

 

マイホームは設計図をもとにして施工が進んでいきます。

でも、なかなか設計図を見ても理解できません。専門的すぎて。汗

理解できる方の方が少ないので安心して下さい。

 

しかし、現場は違います。

そのままの大きさで家づくりを確認する事ができます。

設計図よりも解りやすいんですね。

 

「あっ。やっぱりここにコンセントが欲しい!」

こんな要望にも現場で変更できる場合は可能です。

途中経過を見ながら家づくりが出来るのはメリットだと言えます。

 

資産価値の高い家がつくれる。

長期優良住宅やゼロエネルギー住宅。

この時代には沢山のこだわりの住宅工法や、国の恩恵を受ける事が出来る住宅があります。

 

その中から自分で「選ぶ事が出来る」

これも注文住宅のメリット。

 

やっぱりコストを抑えて建てるのが目的の建売住宅と、質にこだわった造る注文住宅を

比べると、注文住宅の方が資産価値としては高くなると思います。

 

注文住宅のデメリット

僕が考えるデメリットはこちら。

 

時間がかかる。

建売住宅に比べて圧倒的に時間がかかります。

間取りを考える時間、内装を決める時間。

そして、工事に必要な時間。

入居までに時間がかかる。

これが注文住宅のデメリット。

 

決める事が多い。

これは、楽しみでもあるんだけどデメリットにもなります。

ええ!!ここまで決めんなんの!?

そう思う事もあると思います。

 

どのお客様も家づくりだけをしてる訳じゃありません。

日々の忙しい暮らしの中で家づくりを進めています。

しんどいなと思う時は決める事が多い時だったりします。

 

最後に

僕が考える「建売住宅」と「注文住宅」の大きな違いです。

どちらで進めて行くのか?によって家づくりの進め方が全然違います。

 

選ぶのは難しいけど、まずはどちらに「魅力」を感じるのか?

ここからスタートするのも1つですよね。

 

良かったら参考にして下さい。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.