ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

安く家を建てる。コストパフォーマンスを上げる方法

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

昨日は予約制の見学会に沢山の来場ありがとうございます。

終盤はガラスの喉とガラスの腰が悲鳴をあげたけど、何とかしのぎました。

見学会を開催すると体の年齢を感じますね。汗

来場さらた方には1つでも参考になる事があったら嬉しいです。

 

今日は最終日。

頑張ってきます!!

 

そうそう。

見学会で受けた質問

「家を安く建てる方法ってあるんですか??」

そんな質問について。

 

安く建てる事とコスパが高いは別物。

 

そう!安く建てるという事と、コスパが高いは別物。

安く建てる為には、安い材料を使う。カーテンや食洗機等をオプションにする。

職人さんの人件費を削る。

ま〜、色々とあると思います。

 

家を建てる選択肢の1つだとは思うけどオススメはしません。

 

安い材料を使う。人件費を削る。

これは最後にはお施主様の家に返って来ること。

 

長持ちしない家になります。

 

最初は安くても、メンテナンスや維持費にお金がかかったら意味ないしね。汗

そうならないコストダウンを考えたいですよね。

 

コスパが高い家。

その答えは家の形にあります。

コスパの1番高い家。

それは「総二階の家」

総二階って聞いた事はありますか??

 

 

イメージ的にはこんな感じ。

40坪の家だと1Fが20坪、2Fが20坪。

計40坪の四角いお家。

 

この総二階が材料を無駄にしないで、シンプルに家を作る事ができます。

逆に家の間取りが複雑になるほど同じ坪数の家でもコストはかかります。

 

例えばこんな感じ。

 

絵が下手ですいません。汗

そして、少し極端だけど。笑

解りやすいって事で勘弁して下さい。

 

坪数は同じ40坪。

総二階の家と違うのは、1Fが30坪。2Fが10坪。

合計40坪のお家です。

 

でもね、1Fが大きくなると同じ40坪でもコストアップになります。

何がコストアップになるのか??

 

1つは基礎工事。

基礎を作る面積が大きくなる分コストも上がります。

平屋が割高になる。って言われてる部分と同じです。

 

もう1つは屋根の面積。

1Fが大きくなると屋根を作る面積が大きくなります。

その分、屋根を施工する木材。そして、瓦材。

材料と手間が多く必要になるのでコストにも影響するんですよね。

 

コストを下げる時はシンプルに。

細かい事を言うと、まだまだあります。

1Fと2Fの間取りの位置でも木材の量が変わったりね。

これは、僕の文章力じゃ伝える事が難しいので。汗

直接聞いて下さいね!すいません。

 

でも、シンプルってワードを心がけるとコストは確実に下がります。

材料を下げるんじゃ無くて、シンプルな家をつくる。

そんな考え方がコスパに影響すると僕は思います。

少しでも参考になると嬉しいです。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.