外付けサンルームが減って来た理由。

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

週末の天気が嘘のように、真夏日の月曜日。

大変な被害にあった地域もあります。

被害も小さく、少しでも早く復旧する事を願ってます!!

 

この週末でお客様から要望が出た外付けサンルーム。

最近は全然みなくなりました。

僕が建築業界に入った時は結構設置したんですけどね。

そんな理由を考えてみました。

 

 

雪の影響

 

昔はここまで降らなかった降雪。

ここ最近に降る量はヤバイです。

その雪の影響で壊れるサンルームも多いのが冬の石川県。

サッシ屋さんには、修理依頼が殺到するそうです。汗

 

雪の重みでも壊れるけど、雪が固まって屋根から落ちる落雪。

これでも壊れます。

どうしても日光を入れるポリカ部分が弱いので、その部分が壊れます。

この理由が一番大きいんのかな??

個人的にはそう思います。

 

雨対策

外壁に設置するサンルーム。

どうしても設置部分をコーキングで埋める事になります。

このコキーキングの劣化で雨が入る可能性もあります。

将来的にですけどね。

 

もしコーキングの劣化で困ってる方がいるとしたら、新しいコーキングを施工する必要があります。

サンルームを設置してくれた業者さんに依頼してください。

コーキングが新しくなると雨も止まると思います。

 

最後に

太平洋側に行くと外付けサンルームも結構みます。

石川県の場合はやっぱり雪かな。

今年の雪ではサンルームだけじゃなく、カーポートも壊れました。

本当に自然の力は怖いです。

 

カーポートもポリカ屋根のタイプはオススメしていません。

やっぱり壊れる可能性があるから。

それに伴ってサンルームもススメなくなりました。汗

悪い商品じゃないんで。

 

今では雪の事も忘れるけど、雪国に住む方は冬の事も考えて

家づくりを進めてくださいね!!

 

 

予約制見学会を開催します

 

プロフィール

高嶋 圭
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。家づくりの情報・子育ての事を発信しています。