ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【新築を建てる時の注意点】この5つだけは必ず押さえましょう。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

新築を失敗しないで購入する為に押さえたい5つのポイントを紹介します。

この5つのポイントを知ってから家づくりを進めれば、家づくりに失敗する可能性は低くなります。逆に、あっ!!ここは抜けてた・・・。このような部分があれば少し立ち止まって確認したり、検討する方法もアリだと思います。

家づくりが難しい買い物だと言われる理由に、「後から知って後悔する」って意見があります。事前に知っていれば、家族で選択する事が可能だけど、知らないと選択する事ができません。汗

その為にも事前に知る。ここは家づくりで重要な部分。

全てを知るのは難しいけど、この5つだけ知ってから家づくりを進めて下さいね。

・予算オーバー

・建築会社選び

・自分の想いを伝える難しさ

・完成後に必要な費用

・家族会議をスムーズに

このような内容の記事になります。

これから家づくりを始める方や、新築を検討している方には参考になる内容です。

 

一番困る失敗・・・予算オーバーについて。

家づくりの中でも一番失敗したくない部分。それは、予算オーバー。

家づくりの序盤で予算オーバーになった場合では、色々な方法で回避する事が可能です。

・家を小さくする

・キッチン、ユニットバス、内装関係などを少し我慢する

・依頼する建築会社を変更

・家の種類を変更

選択肢は多くあり迷うかもしれません。でも、家づくりの序盤では予算オーバーを気にするよりも、自分達の理想の家がいくらで建築できるのか!?

ここを把握する事が大事だと思います。

 

予算内で理想が叶うのがベストです。でも、難しい場合もあります。

例えば、大手ハウスメーカーが希望だけと、自分達の希望が叶わないと解ったら、依頼先の候補に工務店を入れる。

注文住宅が希望だったけど、予算的に厳しいから建売り住宅も検討する。

このように難しい場合には、予算内で収まる方法を選んで行く事ができます。

 

しかし、土地を購入した後、建物を契約した後、着工中。このタイミングで予算オーバーになると厳しいです。汗

例えば、土地を購入した後に予算オーバーになった場合には、住宅ローンを多く借りる。または、家を小さくする。スペックを下げて建物の予算を下げる。このようにして、予算内に収める必要があります。

まだ、家の着工前なのに理想の家が建築できない。こうなると家づくりに失敗した・・・。って思います。

 

何かを購入した後に、予算オーバーになると大変です。かならず土地、建物だけの予算だけじゃなく、諸費用を含んだ総予算を確認しましょう。

 

家を購入する費用と、総予算の違いを詳しく解説した記事です。よかったら一緒に読んでみて下さい。

 

なかなか悩むよね・・・業者選び

家づくりをお願いする業者さん選び。ここも難しいですよね。

見積りで比較しようにも、建物の図面も違えば、標準仕様の内容も違います。見積りが安く見えても、アレもコレもオプション・・・。最初よりも金額が大幅にアップした。涙

これは避けたい部分。結果的に予算オーバーになっちゃうから。汗

 

業者サイドの僕が言うのも何ですが、金額や、建物の間取りやデザイン。どれも凄く大事です。

でも、一番大事なのは「信頼関係」

ここしか無いように思います。信頼関係があれば、ほとんどの問題が解決すると思います。逆に、信頼関係が薄いと小さな問題も解決しない。

これが家づくりの難しい部分だと。個人的には思います。

なので、僕もお客様の家を担当する時には、一緒に信頼関係が築けるのか?このオーナー様の為に一生懸命になれるのか?ここを1番大事にしています。

もしも、お互い信頼関係が築けない場合には、契約しない場合もありました。

 

僕だけじゃなく、これからお客様にも僕たちと信頼関係を築けるのか??お願いして家族で検討して頂いてます。

業者さんを決めるポイント。

色々とあるけど「信頼関係」を判断基準に含めると、色々と見えてくる事もありますよ。

 

自分の思いを伝える

たまに、間取りが自分の思うようになりません。なぜでしょう??

このような質問を頂きます。理由は色々とあると思いますが、僕が思う上手くいかない理由は・・・

自分の想いが設計士に伝わっていない。

ここのような気がします。

 

設計士も人間です。初対面で100%の要望を把握しろ。って難しいですよね。そんな時には、自分達の想いを言葉だけで伝えるじゃなく、解かりやすくリスト化する。または、イメージ画像を見せる。色々と工夫してみましょう。

理想は、これを見れば何も話さなくても希望を理解できる。ここまで来れば完璧です。

住宅会社や設計士へ想いを伝える為に便利な「家づくりノート」を作りましょう。

えっ!!面倒やな・・・って、思いますよね。でも、凄く簡単だし、設計が想い通りにならないってストレスから解放されます。

 

家づくりノートを作る手順を解説した記事です。良かったら家づくりノートにチャレンジして下さいね!!

 

 

住宅の維持費

アパートの生活をイメージして、住宅を購入すると出費が多くてビックリする事も。汗

賃貸と住宅では、「維持費」が全然違います。

 

持ち家で必要になる代表的な維持費用。

・固定資産税・都市計画税

・町内会、自治体への費用

・建物の修繕費用

アパートでは、必要なかった費用もかかります。家を購入する時には、維持費も含めて予算を算出する事をオススメします。

 

家を購入した後に必要になる維持費について。詳しく解説した記事になります。気になる方は一緒に読んでみて下さい。

 

家族会議をスムーズに進める

最後に紹介する家族会議。

家づくりは家族会議の連続です。僕も、自宅を建てる時にはチビが寝てから嫁さんと一緒に、あーでもない。こーでもない。って言いながら、土地、間取り、内装を決めました。いや~、大変やったな。(笑)

そう。家族会議って案外と労力が必要なんです。子供が寝てからだしね。

 

いや~、タカシマさん。家族会議をするけど全く決まりません。どうしましょう・・・・??

このような質問も頂きます。家族会議は会議です。何かについて夫婦で話し合います。ここで重要なのは資料です。話し合う為の資料が必要なんです。

家族会議がスムーズに行かない家族は資料がありません。または、何について話し合うのか?ボヤっとしてます。

逆に、家族会議がスムーズに進む人は資料を用意して、家族で話し合ってます。この資料があるか?ないか?は重要です。

 

資料も自分で作ろうと思うと大変です。オススメは住宅会社の方に作って貰う。プロに作って貰うのが一番です。自分で資料を作るのも可能ですが、メッチャ大変なので、オススメはしません。

 

僕の方でも家族会議がスムーズになる資料の作成もできます。相談したい方はラインより、友達登録後に「家族会議資料」と入力して下さい。

 

最後に

今回は、失敗しない家づくりをする為に、僕が思う大事なポイントを5つ紹介しました。

家づくりは、高額なうえに、見えない建物を購入します。だから難しい買い物だと言われています。

でも、上手に家づくりが出来れば、家族の思い出になるし、最高のイベントにもなります。

家づくりの全てを把握するのは難しいけど、5つなら簡単ですよね。この5つだけは、押さえながら家づくりを進めて下さいね。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.