ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

構造見学会に参加した時の大事なチェックポイントを紹介します

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

最近では見かけなくなったけど、開催されてたら是非とも参加して欲しいイベント。

それが「構造見学会」になります。

・構造は見ても解らないし・・・

・専門的な説明は訳が解らない・・・

そんな声も多いと思います。実際に僕が車の買換えに興味があっても、エンジンやフレームの話を聞きたいと思わないし、あまり興味がありません。

でも、燃費には興味があります。ええ。家計のお財布に直結しますしね。

 

家も同じなんです。構造性能が生活に大きく影響しますし、家計のお財布にも直結する部分。だからこそ構造はシッカリ勉強する事をオススメします。

車も高額だけど、家はさらに高額です。簡単に買換えする事ができませんから。

・構造見学会に参加するメリット

・構造見学会でチェックしたいポイント

・北陸でオススメの構造を勉強できる施設

このような内容の記事になります。

これから家づくりを検討している方、家の性能にこだわりたい方には参考になる内容です。

 

構造見学会に参加した時の大事なチェックポイントを紹介します

構造見学会ってご存知ですか? 文字の通りなんすけど、建物の構造を見学するイベントです。汗

完成見学会やモデルハウスは見学しても楽しいし、夢も膨らみます。家づくりのインテリアや、間取りの参考になるから参加したくなりますよね!!

でも・・・。この構造見学会は参加しても楽しくないんです。汗

理由は、構造を見ても解らない。専門的すぎて理解できない。このような意見が多いのも事実です。そんな意見も非常に解りますが、僕としては是非とも見学して欲しい部分です。構造は後から変更する事はできません。そして、電気代、維持費、修繕費などの家計のお財布に直結する部分なんです。

まずは、構造見学会を見学するメリットを紹介します。

 

構造見学会に参加するメリット

構造見学会に参加するメリットを考えてみます。

見た目や、家の大きさ、仕様は似たような家だけど、価格に大きな差が出る事は多くある住宅業界。その価格差が起きる1つの要因が「構造」です。構造は見えなくなる部分だけど、構造に断熱性の高い素材。耐震性能の高い素材を使っていると、夏は涼しく冬は暖かい家になりますし、地震に強い家になります。

家の性能に直結する部分が構造です。そんな構造見学会に参加するメリット。

・ネットの情報だけじゃ無く、実際に見たり触れたりできる。知識が深まります。

・構造見学会では、構造にポイントを絞って質問できる。

・家をつくる職人さんの信頼性を事前に見抜ける

構造見学会に参加する事で得られるメリットです。完成見学会のような仕上がってる場所で、見えな構造の話をされても理解できません。実際に構造が見える場所で説明を聞くのとは全く理解度が違います。ここが一番のメリットじゃないかな??って、個人的には思います。

 

構造見学会でチェックしてほしいポイントを紹介します

構造の全部を見る、説明を聞こう!って、思うと大変です。そして、楽しくなくなります。(笑)なので、ポイントを絞って参加するのがベスト!!

住宅のプロのタカシマがここは聞いておいた方がいい!!見ておいた方が!!そんな、オススメポイントは4つ!!

ここだけ聞いておく、見ておく、理解しておくだけでOKです!そんなポイントを紹介しますね。

 

断熱性能・気密性能

えーーーーー!!一番苦手なやつやん!そんな声が聞こえてきそう・・・

でも、家を建てた後の家計を助けてくれる。特に電気代がエコになる部分が「断熱・気密」だから大事なんです。

家の断熱・気密って車で例えると「燃費の部分」プリウスやアクアみたいに燃費がいいとガソリンを入れる回数が減り、月々に必要なガソリン代が結果的に下がります。
車で言うとガソリン。家になると「ガソリン=電気代」といったイメージです。やっぱり、電気代が安くなると嬉しいですよね。

逆に燃費が悪い代表格はアメ車。カッコイイっすけどね。僕が若い時はアメ車が多く走ってました。でも、燃費は最悪です。ガソリンを撒いて走ってるようなもん。汗

住宅でアメ車みたいな家を建てると電気代が上がります。家の断熱がスカスカだと、暖房をつけても暖気が外に逃げていくので家が暖かくなりません。

あれ~、全然暖かくならん。設定温度を上げよう。

こうなると電気代は上がるし、エコにはなりません。冬になると電気代が上がり、家計には大きな打撃になる訳です。

ウッドリンクHPより引用

北陸で電気代が一番高くなる時期が11月~4月。寒いから暖房をつける影響だけど、月々でこれだけ電気代が違ってきます。家族で月1回は外食を楽しめるぐらい違います。やっぱり電気代の安いハイブリッドな家は家計を助けてくれるから大事にして欲しいポイントです。

 

耐震性能・制震性能

近年は自然災害が増加してます。特に台風や地震は頻繁に増えてますし、人命にかかわる問題です。

その中でも地震への備えは大事だと思います。石川県は地震が少なく安心。って思う方もいます。しかし、しっかりと断層はあるんです。大きな地震が起こる可能性も0ではありません。

そんな地震から家族を守ってくれる、耐震性能、制震性能は構造見学会で確認したいポイントです。地震が起きて倒壊しない事はもちろんだけど、避難場所から家に帰る事ができる。ここが大事だと思います。避難所の生活はストレスが伴います。早く家に帰りたいけど・・・倒壊の危険性があると家に帰る事ができません。家族だけの時間、1人の時間、プライベートが欲しくなります。

地震があって倒壊しない家じゃなく、また住める家になるのか??

ここが大事だと思います。

どんな対策を考えて家を建てているのか??聞いてみると良いと思います。

 

現場が綺麗な大工さんは腕がいい。

最後のポイントは現場が綺麗か?
これは誰でも簡単に確認できます。説明を聞かなくて大丈夫だし。笑

「綺麗な現場」って本当に大切。汚い現場だと大事なお客様の家に傷もがつくし、仕事の作業効率も落ちます。何より綺麗な現場の大工さんは、お客様のお家を大切にしてくれてる。って気持ちがあると思うんですよね。そんな大工さんの気持ちが嬉しいと思うんです。

腕の良い職人さんほど現場が綺麗だし、整理整頓されてます。やっぱり腕のいい大工さんにつくって欲しいですし、大工さんを選ぶ基準にしても良いと思います。

 

北陸でオススメの構造を簡単に勉強できる場所

構造見学会以外でも、構造を勉強できる施設が北陸にあります。最後になりますが紹介しますね!

富山県射水市にある「ウッドリンク・ラボ」がオススメです。

僕たち住宅会社の構造見学会では、その会社の考え方や、建物の性能しか解りません。(ここも大事なんですけどね。汗)

しかし、ウッドリンク・ラボは製材屋さんが運営している施設です。住宅会社が運営してる訳じゃないのでフラットな知識を得る事が可能です。さらに、情報を聞くだけじゃ無く、自分で体験する事が可能なんです。

例えば、断熱材は数種類ならんでいます。断熱材の裏には電球で熱を伝えます。断熱材の表面が熱ければ断熱性能が弱いし、何も感じなければ断熱性能が高いって事。言葉で聞くよりも実際に体感する工夫が多くあり、行くと凄く勉強になるし、悩みが解消される施設です。

ウッドリンク・ラボのHPリンクです。興味があれば覗いてみて下さいね。

http://www.woodlink.co.jp/labo/

住所 富山県射水市寺塚原415
電話 0766-84-4477

連絡して予約してから行くといいですよ。

 

最後に

今回は構造見学会について記事にしました。

個人的にはデザインや間取りも大事だけど、同じぐらい構造も大事です。後から替えがきかないし、暮らしの快適に直結する部分だから。

難しくて敬遠しがちだけど、解りやすく教えてくれる施設や、自分の聞きたい、知りたいポイントを絞って見学すると見学するハードルが下がると思います。

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.