ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

自分の理想の家を最小限のコストで叶える方法

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今日は打合せからの、地鎮祭からの、打合せ。

なかなか濃い1日になる タカシマ です。

どのお客様との時間も大事にしながら、丁寧に接客したいと思います。

やっぱり貴重な時間を頂いてるわけですしね。

 

今回は「自分の理想の家を最小限のコストで叶える方法」を紹介します。

えっ!?そんなんあるん??

って、思いますよね。汗

家を建てる時に失敗しがちがな・・・。

アレもコレも要望を伝えた結果・・・。家が大きくなり予算オーバーに。

この失敗の要因はコチラ。

家の価格は面積に最も左右されるから。

ここなんですね。

これは、どこの建築会社で建てても同じです。

家が大きくなれば高くなるし、逆にコンパクトに建てれば費用を抑えれます。

 

なるほど!!

家は出来るだけコンパクトに!!

って、頭では理解してるけど、やっぱり一生に一回の家づくり。

あれも欲しい!これも欲しい!って、なって当たり前ですし、家をコンパクトにするって凄い難しいんですよね。

 

なので、家を小さくする。って意識では無く、合理的な家づくり。って考えが重要だと思います。

 

自分の理想の家を最小限のコストで叶える方法

まずは、家の価格を大きく左右する「部屋の広さ」について。

例えば、子供部屋。

僕は6帖の子供部屋で育ちました、なので子供部屋は6帖は普通。って固定観念があります。

これは、あなたにもあるんじゃないかな??

しかし、本当に子供部屋は6帖も必要なのでしょうか??

逆に、習い事や趣味、置く家具によっては6帖じゃ足りない場合もあると思います。

そんな子供部屋について紹介しますね。

 

子供部屋は6帖も必要なのか??

まずは、6帖の子供部屋を広さを紹介しますね。

約3.5m×2.6mが子供部屋の広さになります。

そして、子供部屋に必要な家具を考えてみます。

・シングルベット

・学習机

基本的には2つで問題ありませんよね。

 

幅90センチのシングルベット、幅90センチの学習机。

この2つを設置しても、まだ1,5帖から2帖ほどの余裕があります。

そりゃ~、余裕が無いと!!友達が来た時に困るやん。

確かに広い方がいいし、ゆとりがあれば最高ですよね。

でも、最初にも伝えたように家は面積で価格が大きく左右されます。汗

 

もし、1.5帖の広さが違うと・・・

家の価格が45万円も変わってきたら!?

子供部屋は2つあるので、合計で90万円の差額がでれば・・・

どうでしょうか??

 

さらに、僕も実家を出てますが・・・。

子供達も巣立っていきます。

その結果、空き部屋になる現実も将来的にあります。

その点も考えながら、子供部屋の広さを考える必要がありますすよね。

 

寝るだけの寝室。何帖あればいいのか??

さらに寝室。

「寝室は寝るだけなので、小さくてOKです」

って、声を良く聞きます。

しかし、少し前までは寝室は8帖以上は欲しい!!

これが当たり前でした。

でも、8帖もいる!?って、ずっと思ってたんですよね。汗

 

例えば、6帖の寝室。

シングルベットを2つでも、セミダブルを2つでも、ダブルベットを2つでも設置可能です。

6帖の広さは 約3,5m×2.6m です。

ダブルベットを2つ並べた時の寸法は、2.8m×2m です。

問題無く設置できます。

 

なので、寝室も無駄に広くする必要はありません。

用途へ寝るだけなので。

さらに、テレビも壁掛けにできるし、タンスも寝室に置きませんよね!?

荷物はウォークインクロークに収納しとけばOKなので。

寝室には余計な家具を置かないように。

これだけで寝室の広さも変わってくると思います。

 

床面積を増やした結果・・・

部屋が広くなり、家が大きくなると価格が高くなります。

ここは理解して頂けたと思うんですが。

さらに、余ったスペースがあれば何かを置きたくなりませんか??

僕は、置きたくなるんですよね。汗

その結果、家が散らかり、片付けにくい家になります。汗

家具を買うにもお金が必要になりますし・・・。

 

例えば、子供部屋。

余ったスペースがあれば置きたくなりますよね。

ソファーやテーブル。

僕はコタツを置いてました。

懐かしい思い出ですよね。

 

冬は暖かいし快適なんですね。

1人の空間だし、快適だし、子供部屋に子供部屋に居る時間も長かったです。

 

これが、LDKになると・・・

僕もそうだし、子供も同じだと思いますが・・・。

僕はバック・子供はランドセルや習い事の道具なでを無造作に置かれた空間に。

それを、片付けるのはママだったり・・・

イライラしちゃいますよね。汗

 

なので、LDKを広く欲しい!!子供部屋は6帖は必須!!

その気持ちも解りますが、無駄に広げる必要は無いと思います。

その結果、コストアップはもちろんだけど、掃除や片付けの手間も増える可能性も高くなります。

 

自分の理想を叶えながらコストを抑える。

その為には、固定概念にとらわれず、合理的に家づくりを考える必要があります。

すると、コストも抑えて家を手に入れる事が出来ますし、余裕のある暮らしが実現できるのかな!?って個人的に思います。

 

最後に

今回は、自分の理想を叶えながらコストを抑える方法を紹介しました。

やっぱり自分が育ってきた環境の影響は大きいです。

しかし、時代も大きく変わってますし、昔が正解!!ってこともありません。

固定概念にとらわれずに、合理的に家づくりを考える。

これが大事なポイントになりますよね!!

 

良かったら参考にして下さいね。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.