ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

これから冬に向けて着工する方へ

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

昨日は何故かペットの猫を自由にして寝る事にしました。

いつもは寝る前にゲージに入れるんだけどね。

昨日は放し飼いに。

皆なで寝れたらいいよね~。

そんな事を話してました。

 

いざ寝てみると、顔の近くでゴロゴロして、撫でてくれ!と頭突きしてみたり。

1Fに行ってみたり。

なかなか自由な行動をとるんすよね~。

気になって寝不足な僕です。汗

可愛いんだけどね~。(笑)

次回の夜の放し飼いは未定です。

 

 

うちの愛猫 ちょび です。

 

今日はこれから冬に向けて着工する方へ。

昨日もお客様と工程の打合せ。

話題にあがるのは雪の話。

去年は凄かったしね。汗

去年クラスの雪が降ると正直どうにもなりません。汗

 

でも、北陸は雪が降る地域。

そんな雪と上手に付き合って家を建ててく必要がありますよね。

 

雪が降ると工事が難しい工程とは??

 

雪が降ると工事が難しい工事があります。

それはコンクリートを扱う工事。

住宅であれば、基礎工事。外構工事。

この辺です。

 

雪が降るとコンクリートの打設が難しいんですね。

理由は2つほどありまして。

寒すぎるとコンクリートの強度が出ない。

そして、コンクリートの中に雪が入ると後で溶けた時に空洞になるから。

 

なので、基礎工事の時期を決めてから、他の段取りを決めるようにしています。

通例であれば雪が本格的に降る季節は1.2月。

12月には基礎工事を終わらせて、1月、2月は大工工事。

屋内の工事になるから比較的に雪の影響は受けにくいしね。

そして、春に向けて完成。

雪が解けて暖かくなって来た、この時期に外構工事。

全てが上手く行かない事もあるけど、なるべく冬はこのような工程で進むように

社内で工夫しています。

 

冬だから家が建てれない事は無い。

無茶な天気だと難しいけど、冬だからと言って家が建てれない事もありません。

でも、冬に向けての準備はお施主様、そして僕たち建築会社。

一緒に事前から準備する事は大切ですよね!!

 

これから冬に向けて、不安になる方も居るかもしれないけど大丈夫です。

良かったら参考にして下さいね!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.