ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【土地探し】日当りが悪い土地には良い家が建たないのか?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

一気に夏になりましたよね~。

ちょっと外に残材の片付けをしただけで汗だく。

そして、室内で事務作業。

この気温差に40歳の体がついていけるのか・・・。

体調には気をつけて夏を乗り切りましょう!!

どうも。タカシマ です。

 

今回は「土地探し」について1つ紹介します。

土地を探す時には、価格、大きさ、エリアなど。お客様によって要望はバラバラです。

でも、ここは皆さん同じでしょう。

「日当りが良い土地が欲しい」

日当りの悪い土地を好んで買う方は少ないというか、いないと思います。汗

やっぱり日当りが悪いと暗いリビングになるような気がして・・・。

そうですよね。

しかし、そんな土地だと本当に明るい家が建たないのか??

結論的には日当りの悪い土地でも、明るい家を設計する事は可能です。

えっ!?なんで!?

その理由を紹介していきますね。

 

【土地探し】日当りが悪い土地には良い家が建たないのか?

日当りが悪い土地=北側道路

このようなイメージがありませんか??

北向き道路はこんなイメージです。

もしも、6区画の分譲地で青色の土地を買おうと思った場合。

日が入る南には家が建つ可能性が高く、さらには東、西にも家が建つかも!?

そうなると家に囲まれるから、光が入らない家になる。

って、思いますよね。

 

確かに、青い土地は北側に駐車場を計画しますし、家は南に寄せて計画します。

家に囲まれた南側にリビングを配置して、その南面に大きな窓を配置しても・・・。

光は入ってきませんし、薄暗い部屋になります。汗

その理由は・・・。

隣の家との距離が近く、影ができてしまうから。

これはまずい!!ってことで、東や西にも大きな窓をつくって、何とか明るい家にしたい!!

そうなると次の問題。

「視線問題」が発生します。

大きな窓をつくっても、お隣さんと視線が合う位置だと・・・。家の中が丸見えになるし、目線が合った時には気まずいですし。

結果的に、カーテンを閉めっぱなしにして、光を遮断します。

これだと、大きな窓をつくる意味が全くありませんよね。汗

 

このような家を建ててしまうと・・・。

朝から暗くて照明をつけるような、真っ暗な家が完成します。

は~、やっぱり北向きの土地は微妙かな・・・。

いえ。

違うんです。

このような密集した分譲地や、土地の場合は。

光の入れ方を工夫する必要があるんです。

 

リビングは南に配置!!って、誰が決めたの??

どんな土地であろうと。

敷地の南側。さらには、東南にリビングを配置します。

これが住宅設計のセオリーです。

しかし、セオリー通りに家を建てると光が入らない空間に。

この時は柔軟に考えて、こんな考えはどうでしょう?

リビングを一番北側に配置する。

そうすると、びっくりするぐらい明るい部屋になる可能性も!!

 

はっ!?北側??

北じゃ光が入らないよ!!

 

ですよね。

でも、ただ北にリビングを配置するだけじゃなく、南側には中庭をつくります。

そこから太陽の光を採り込むイメージ。

家の真ん中で、光が入る計画をすれば、東、西、南、に建っている家からは、距離もとれます。

どの方向からでも、太陽の光を入れる事が可能になるんですね。

 

そして、もう1つ。

その空間からは直射日光だけじゃなく「反射光」も利用します。

なので、外壁の素材、色選びも重要になってくるので。

 

その結果。

朝から電気をつけなくても、太陽の光で明るい家になります。

さらには、周囲からの視線も気にならないので、カーテンもフルオープンできるし!!

家の中から外を見れる。感じる事ができる。

贅沢な空間に仕上がります。

 

固定概念は捨てよう

いや~、北向きは光が入りませんよ。

リビングは東南に配置しましょう。

確かに、一理ありますが、こんな固定概念に縛られずに家を計画する事が大事。

って、僕は思います。

 

そうすれば、土地の条件に左右されなくなるし、わざわざ高いお金を出して日当りが良い!!南側の土地を買う必要もありません。

逆に、日当りの悪い土地をより安く購入できる可能性もあります。

なので、土地を探す時には「南側道路」「日当りの良い土地」にこだわらずに、土地探しを進めれればって思います。

土地の向きと、日当りは決して比例しないので。

土地に必要以上にお金を出さずに、家族が豊かに暮らせる。そこにお金をかけるのがベストだと。

個人的には思います。

 

最後に

今回は、日当りの悪い土地には良い家が建たないのか?

このようなテーマで記事を書きました。

日当り=良い家 はイコールじゃありません。

固定概念に縛られないで、設計で日当りをカバーする事は可能です。

このような選択肢もあるんだ。って思いながら土地を探すと、新しい発見もあるかもしれません!!

 

良かったら参考にして下さいね。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.