ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

抜群の情報が集まる土地探しのコツ。【ヒント・優先順位を決める】

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
登山とは全く無縁の僕ですが、お隣さん家族と一緒に登山に行ってきました。

走ったり、ウォーキングもしてるので何とかなるやろ!って感じで行ってみたけど・・・。

帰宅してブログを書いてますが、足はガクブルな タカシマ です。

疲れたけど、空気は綺麗だし、自然を満喫できるし、頂上からの見晴らしは最高だし。

めっちゃ楽しかった!!

この登山は別日でブログにします。

 

今回は「土地情報が集まるコツ」を紹介しますね!

まず、土地探しは多くのライバルが存在します。

ライバルよりも良い土地情報を入手する為には幅広く情報を集めるよりも、ポイントを絞って土地探しをする方が良い土地に出会う確率が高くなります。

ポイントを絞る為に大事になってくる。それが「優先順位を決める」大切さなんです。

家族が土地を求めるのか?何を基準にして決めるのか?ここが解ると不動産屋さん。住宅会社の営業マン。探す方も探しやすくなる訳です。

その結果で要望に近い情報が集まるようになります。

今回は土地探しで大事になる。優先順位を決めるポイントを紹介します。

・優先順位を決める

・優先順位を決めるコツ

・あきらめるポイントも理解する

このような内容になります。

これから土地探しを始める方や、すでに土地探しを始めている方には参考になる内容です。

 

抜群の情報が集まる土地探しのコツ。【ヒント・優先順位を決める】

土地探しを始める方の多くは、土地探しが初めての経験です。

初めて経験する事だし何から始めていいのか解らないけど、とりあえず土地情報を集めてみる。不動産屋に行ってみる。色々な動き方があります。

僕の個人的な感想だと、やみくもに動いても土地情報は集まりにくい。

土地探しを始める前の準備が凄く大切だと思うんです。

理由は、探す方の立場になって考えてみましょう。

とりあえず情報を集めるお客様と、条件や要望がしっかりと定まってるお客様。

どちらの土地が探しやすいですか?条件や要望がしっかりと定まってるお客様の方が探しやすいし、力も入りますよね。

このように、不動産屋さんや、住宅の営業マンにとって探しやすいお客様になる事も大事なポイントです。

 

どうやったら探しやすいお客様になるのか?

要望がまとまってる。

ここなんですよね。

 

家族の要望や条件をまとめる。実は、大変だし迷います。

そんな時に有効になる方法が「優先順位決める」ことです。どのように優先順位を決めるのか??

その手順を紹介します。

 

土地探しで優先順位を決めるコツ

優先順位を決めるコツ。

それは、土地に求める条件を全て書き出してみることです!

僕も土地探しを経験して家を建てました。その時に土地に求める条件がコチラでした。

・予算内の価格

・近隣は同じ世代

・ごみごみしてない立地

・広さは70坪~80坪

・近くのコンビニは必須(お酒を買いに行きたいから。笑)

・・・etc

細かい要望も入れると、まだまだありますが恥ずかしいので・・・。この辺で。

 

たぶん凄い量の要望が出てくると思います。

しかし、全ての要望を叶える土地は無いと思います。あったら奇跡レベルです。

だから優先順位が大事になってきます。

 

多くの要望が出たと思います。その中から譲れないポイントを3つだけ絞ります。僕の場合は・・・

・お金が無かったので予算は1番

・ごみごみしてない立地

・70坪以下は嫌だな。

この3つに絞って土地を探しました。残念だけどコンビニの優先順位はそこまででした。

この条件に絞って不動産屋に依頼すると、僕の希望に近い土地情報が集まりました。

その結果、今の土地と巡り合った訳です。

条件を整理する事で解るポイント。

それは、家族にあった土地が解る

ここだと思います。何が必要で、何が必要じゃないのか?を整理する事で見えてくると思います。

 

土地探しで重要視するポイント

土地探しをしているライバル達は何を重要視しているのか??やっぱり気になりますよね。僕も気になりました。

ネットで調べてみると・・・。

一位・予算

なるほど。僕と一緒ですよね。

予算がいくらでもよければ悩みません。

お金を積めば良い土地は山ほどあると思います。しかし、どの家族も予算があるから悩みし、その予算の中で土地を探すから難しい訳です。

予算と要望のバランスを整理してから探すと上手くいくし、逆に、予算と要望のバランスが悪いと上手くいきません。

どの家族も予算オーバーだけは避けたい!!って思ってるんですね。

 

土地探しで多くある失敗。予算オーバーを防ぐコツを紹介した記事です。よかったら一緒に読んでみて下さい。

 

二位・生活利便

子供の通学や、スーパーの近さ、子供の転校など。土地探しで言うと「エリア」を重要視している方が多いんですね。

子供の影響は大きいですよね。

土地探しをしている時の息子は1歳だったし、あまり学校を意識しませんでした。現在では5歳。保育園でも友達ができりたり、近所の子供達との関係を考えると学校関係は考えます。子供の年齢ってエリアに大きく関係しましよね。

その当時の僕は、とにかく「ごみごみした場所」が嫌でした。これは優先順位も高くて・・・。こんな思いを伝えると集まる土地情報に「ごみごみした場所」は1つもありませんでした。

やっぱりエリアに関しては家族で話してみる話題の1つですね。

 

三位・広さ

広さも重要です。広すぎても外構工事にお金がかかるし、狭いと希望する家が建たない可能性もあります。

家族によって土地に求める広さは全く違います。

まずは何坪以上の土地があれば希望の家が建築できるのか??ここを把握する事が大事。

僕は70坪以上は必要だったので、70坪以下の情報は見に行きませんでした。

どうやったら何坪以上の土地が必要なのか解るの??

答えはコチラのブログを読んでみて下さい。

 

あきらめる事ができるポイント

優先順位を決める時は要望を書き出します。要望は簡単に出てきます。望む事は色々とありますしね。

そこから3つに絞るわけですが。

この時に、3つの中であきらめる事ができる順番も決めておきましょう。

僕の場合は・・・。

1位・広さ

2位・立地条件

3位・予算

予算があきらめる事ができない項目でした。逆に、広さは多少の事なら間取りでカバーできると思ってたので1位になった訳です。

 

自分の要望も整理して、さらに3つの中の優先順位を決めておくと要望が深く整理されるし、土地情報で迷った時の判断基準になります。

あきらめる事ができるポイントにも順位をつけておきましょう。

 

最後に

今回は土地探しで大事な「優先順位」について記事にしました。

優先順位を決めてるお客様と、全く決めてないお客様では、集まる土地情報が全く違います。土地は探してくれる相手がいます。その相手に自分の要望を解りやすく伝える事が大事だったりする訳ですね!!

何から始めていいのか・・・。解らない場合は家族の優先順位から決めてみましょう。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.