ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【土地探し】南向き、北向き、を明るさ大きく変える窓の考え方

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

登山中に大きな石を踏んで、足の裏が晴れ上がりまして・・・。

これって骨折じゃ!?

なんて思ったけど、一晩たったら治ってた タカシマ です。

ええ。昔から大袈裟なんですよね。(笑)

 

今回は土地探しについて。

その中でも人気の高い分譲地について。

分譲地を買う時はどのお客様も悩みます。

悩む部分がコチラ。

値段が少し高いけど、日当たりの良い南向きを買おうか!?

それとも、日当たりは微妙だけど、予算内に収まる北向きを買おうか!?

僕も土地を買う時は悩みました。汗

南向きが欲しいけど・・・。高いんですよね。汗

 

でも、南向きの土地にもデメリットはありますし。

逆に、北向きの土地にも大きなめメリットがあります。

メリット・デメリットを把握してから選ぶ。

ここが大事になりますよね!!

 

【土地探し】南向き、北向き、を明るさ大きく変える窓の考え方

分譲地って!?

ちょっと下手です手書きのイメージです。

大きな空き地や、田んぼを利用して、何区画も土地をつくって売り出します。

このような造成地を「分譲地」って呼びます。

仮に、このような分譲地があった場合を仮定しますね。

上が北向き。

下が南向き。

それぞれの特徴や、デメリットをまずは紹介します。

 

北向きの場合

北向きの土地は、両隣、後ろ、3方向を家に囲まれたら・・・。

南側=赤い波線です。

この南側に大きな窓をつくっても太陽の光は期待できません。

理由は、隣の家が近くて影になるからです。汗

 

なので、赤の波線部分に大きな窓をつくる事を前提にした間取りじゃなく、室内に光が入りやすい間取りを考える必要があります。

じゃないと・・・。日中から照明をつけなくちゃいけない。

そんな薄暗いLDKになります。汗

これは、本当に嫌だし、気持ちも滅入りますよね。

 

南向きの場合

ええ・・・。昼間から照明とか・・・。

やっぱり南向きやん!!

って、なりますが、南向きにもデメリットが。汗

画像を見ると太陽の光が多く入ってくる南向き。

しかし、太陽の光が入るからといって、調子に乗って大きな窓を青線につくってくと・・・。

外から家の中が丸見えに。

さすがに家の中が丸見えになってもいいよ!!って方はいないと思います。

なので、視線を遮る為のカーテンが必要になるんですね。

 

そして、もう1つ。

夏は暑い直射日光がLDKに突き刺さります。汗

この直射日光を遮断する為にも、カーテンが必要になるんですね。

このように、南向きだからと言って、明るい空間になる!!って、訳じゃありません。

ここが土地選びの勘違いでもあるので。

注意して下さいね!

 

あとは、防犯面。

日当たりが良い部分には大きな窓をつくりたくなります。

僕もそうでした。汗

しかし、大きな窓を正面につくれば、家の間取りが丸解りになります。

これは、ちょっと・・・。嫌だし、防犯的にも気になる部分。

 

なので、庭に目隠しを設置したり、高い塀を設置したり、あとはフェンスかな。

外構工事が必要になるので、高額なコストが必要になる場合もあります。

 

むやみに窓をつくらないという選択肢

よくある話ですが、南側には大きな窓を設置する。

これは、建築業界のセオリーかもしれません。

しかし、それだけで明るくなるわけでもない。

だからと言って、窓を多く設置したら明るくなるのか!?

これも違います。汗

 

また、窓を多くつくれば必要になるもの。

それは、「カーテン」、目隠しの塀やフェンス。

余分なコストが必要になります。

さらに、窓を無駄に多く作れば、外観を劣化させる原因の「雨垂れ」を多くつくります。

すると、外壁の汚れが気になり外壁のメンテナンスサイクルも早くなる場合も。

これも余分な出費ですよね。

 

もう少し言うと・・・。

窓の部分は断熱性能も下がります。

当然だけど、壁面に入ってる断熱材の方が断熱性能は優れてますしね。

さらに、耐震性能も低下します。

単純に壁面が減りますから。

 

光をどうやって取り込むのか??

なので、土地を選ぶ時、建物を選ぶ時に大事にして欲しい考え方。

南向き、北向き、というよりも。

光をどうやって建物に取り込むのか??

ここを基準に考える事が大事だと僕は思います。

 

そうすると、カーテン、目隠しに必要な外構費用、などの余計な費用も抑えられます。

窓の数も最小限に抑えられれば、必然的に断熱性能も高くなるし、耐震性能も上がります。

そして、外壁に出来る雨垂れも減らす事が可能ですよね!!

 

なによりも・・・。

家族のプライバシーが守られた、居心地の良い空間に仕上がります。

視線を気にしないで、明るく開放的な空間。

想像しただけでワクワクしますよね!!

そんな、家づくりをしてくれたら嬉しいな。って思います。

 

最後に

今回は「分譲地の選び方」について紹介しました。

南向き、北向き、どちらが良いの??って聞かれます。

しかし、土地が良い悪いよりも、あなたの理想とする家が建てれるのはどっちなのか??

土地だけで判断しないで、建物も含めて検討する事が大事ですね!

 

良かったら参考にして下さいね!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.