ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

20代で住宅ローンを借りるメリット・デメリットを紹介します

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

今回は20代で住宅ローンを借りるメリット・デメリットを紹介します。僕のお客様は30代前半の割合が一番多いですが、最近は20代で家の購入を検討しているお客様も多くなってきました。

20代で家の購入を検討しているお客様から話を聞くと「家賃を支払うのは勿体ない、でも、住宅ローンが借りれるのか?返済して行けるのか?心配です」って声を聞きます。若くして大きな金額の借金をする事に不安を感じるのは当然ですよね。

でも、若くして住宅ローンを組むメリットも多く存在します。僕は家を購入したのは35歳。もっと早い時期に購入したかった。そんな気持ちも正直あります。

今回は若くして住宅ローンを検討している方に参考になる内容です。

・何歳から住宅ローンを利用できるのか?

・若いうちに住宅ローンを利用するメリット

・逆に、デメリットはあるのか?

このような内容になります。これから家づくりを検討する方や、住宅ローンに不安を抱えている方に参考になる内容です。

 

20代で住宅ローンを借りるメリット・デメリットを紹介します

若くして結婚し、子供が出来ると賃貸が狭く感じるようになります。そろそろ広い家で子育てしたいね。もう、収納もパンパンだし。汗 このような理由から家づくりを考え始めた20代の子育て家族。でも、僕たちって若いのに住宅ローンは借りれるのかな??

漠然とした不安を持ちます。

20代で利用する高額なローンと言えばマイカーローン。桁が1つ違う住宅ローンになると・・・。

そもそも利用する事ができるの?

まずは。住宅ローンは何歳から利用できるのか?解説しますね。

 

何歳から住宅ローンは利用できるのか?

基本的には20歳以上から利用できます。

未成年では利用する事が難しい住宅ローン。10代で家の購入を検討する方は圧倒的に少ないと思います。10代だと住宅ローンの利用は難しいのが現状。比較的に収入も少ないし、頭金を貯める期間も短いので現実的に難しい部分が多いんです。20歳まで我慢する事をオススメします。

20代の方は年齢的な要件を満たします。

しかし、住宅ローンには年齢以外にも要件を満たす必要があります。

色々とある中でも、代表的な部分はコチラ。

年収と勤続年数

この要件を満たしていないと、住宅ローンを利用できない。または、希望の借入額よりも減額される場合があります。

勤続年数・1年以上

年収・300万円以上

金融機関によって基準は違いますが、僕の経験ではコチラの基準が一般的です。年齢の他にも、勤続・年収基準を満たしてから、家づくりを検討する事をオススメします。

 

若いうちに住宅ローンを借りるメリット

住宅ローンを利用できる要件を満たしていれば、若くして住宅ローンを借りるメリットは多くあります。その中でも代表的な3つを紹介します。

定年までに完済できる

20代で住宅ローンを借りる大きなメリットはコチラ。

定年までに住宅ローンを完済できる。

これは、凄く大きなメリットだと思います。僕が住宅ローンを利用したのは35歳で35年ローンを利用しました。完済時の年齢は70歳。定年をオーバーする年齢なんですよね。

例えば、65歳が定年だとすると・・・。定年後の5年間はどうしよう。貯金を崩して返済するか?退職金を使って一括返済するか?

何かしらの対策は必ず必要になります。年金もどうなるか??不安定な部分ですし。30代後半、40代で家づくりを検討する方は「年齢」が大きなネックになります。

 

25歳で35年返済を利用します。完済時は60歳というベストな年齢で住宅ローンが終わります。現在は60歳から65歳まで定年が引き上げられる動きが活発です。理想としては、65歳までに住宅ローンが完済できると老後が楽になります。

 

老後資金の準備が楽に

僕のように35歳で35年返済の住宅ローンを利用すると70歳で完済になります。

65歳で完済する為には、繰上げ返済を利用するか?貯金を崩して返済を続けるしか方法がありません。どちらにしろ老後の為の貯金が減るのは間違いないんです。

「老後破綻」って、言葉があるように老後の蓄えが必須な時代になります。年金も支払われる金額は減る一方で上がる見込みは薄いというか、上がる要素がありません。その部分は個人で何とかする必要があります。厳しい時代ですが。涙

若くして家の購入を検討する方は、若くして結婚し、子供が居る方が多い傾向にあります。仮に45歳で子供にお金がかからなくなった、とします。定年まで15年~20年は老後の資金を貯金できる期間があり、なおかつ繰上げ返済や、定年後に貯金を崩して返済をする必要がありません。

頑張って貯金したお金は全て老後にまわせます。これは、若くして住宅ローンを借りた方の特権ですよね。

 

家賃負担が少なくすむ

家賃は財産になりません。

アパートに長く住み、家賃を多く支払っても畳も1枚も自分の財産になる事はありません。逆に、退去する時に修繕費を支払う必要があります。

持ち家の場合には、住宅ローンを毎月返済していきます。少しずつだけど自分の財産に変わっていく。ここは賃貸との大きな違いです。

 

デメリットはコチラ

なるほど。若くして住宅ローンを利用するメリットは多いんだな。それなら家づくりを検討しようかな。でも、メリットもあるけど、デメリットもあります。

個人的に、ここは若くして住宅ローンを利用するデメリットかな??って、思う部分を紹介します。

将来の不確定要素が多い

もう将来設計が出来てる若い夫婦もいます。でも、将来は解らない事の方が多いのも確か。僕の20代なんてヒドイもんで。。。チャランポランでしたし。汗

・子供は何人?

・子供の進学は?

・転職する可能性は?

なかなか、20代では判断が難しい部分。でも、30代、40代と年齢を重ねるとハッキリ見えてくる部分だし、ハッキリ見えないと怖くて住宅ローンが組めないんです。なかなか難しいけど、人生設計を計画する事はオススメしたい部分。

人生設計の方法はコチラに詳しく解説しています。良かったら一緒に読んで下さい。

 

収入が低いので借入額が少なくなる

若いうちは仕方ない部分です。勤続して間もないから収入が少ない事が多いです。収入が少ないデメリットは・・・。

借入額が少なくなる。

ここなんですね。

借入額の中で理想の家が建築できれば問題ありません。しかし、土地から購入する場合などで総額が大きな金額になる場合には注意が必要です。希望の土地を買えない。思ったよりも家を小さくする必要が・・・。満足する間取りにならない。

借入額が少なくなると問題が出てくる場合があります。こうなると家づくりが楽しくありません。

借入額と要望のバランスは凄く大切です。可能な借入額の中で、理想の家を建築できるのか?まずは、ここを確認して家づくりを進めるか判断する方法もアリです。

 

最後に

今回は20代で住宅ローンを利用するメリット・デメリットを紹介しました。

若くして大きな金額のローンを組むのは不安だと思いますが、若いからこその年齢のメリットは大きい部分。でも、デメリットも当然だけどあります。メリット・デメリットを比較して判断する事は本当に大事な部分です。

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.