ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

家づくりで失敗しない為に!何よりも大事な方法を紹介します

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

建築会社でもリモートワークができないのか?

空き時間で試行錯誤してる時間が多くなってきました。

「住宅会社は無理やろ!!」

って、意見もありますが、無理って決めたら選択肢がありません。

その中で考える事が大事だと思ってる タカシマ です。

真面目ですいません。汗

しかし、大切な家族、大切なお客様、大切なスタッフ、職人さんを守る為には、自分が感染しなし、他に感染させない工夫が大事ですしね。

ただ、僕がzoomを理解しないと前に進まないという・・・。必死に頑張ります!!

 

今回は「家づくりで失敗しない。その為に最も大事な方法」を初回します。

皆さん。

家づくりで一番の失敗って何だと思いますか??

 

「収納が少なかった」

「間取りが思い通りにならなかった」

「暖かいはずなのに・・・寒かった・・・」

色々な意見があると思います。

どれも、失敗と言えば失敗だけど。後悔と言った方がいいのかな??

 

僕が考える家づくりの失敗。

それは・・・

せっかく建てた家を手放してしまう。

これだと思います。

収納が少なくても、間取りが想い通りにならなくても、住む家はあります。

しかし、家が無くなったらどうでしょうか??

たまらないですよね。涙

 

今回ははローン破綻しない家づくりの方法を少し紹介します。

・家づくりの失敗はローン破綻です

・ローン破綻する原因とは?

・ローン破綻しない為の方法を紹介します。

このような内容になります。

これから家づくりを始める方や、住宅ローンが心配な方には参考になる内容です。

 

家づくりで失敗しない為に!何よりも大事な方法を紹介します

僕は経験した事がありませんが・・・。皆さん、バルブって聞いたことありますか?

好景気絶好機で、このまま好景気が続くかと思われたらパチンと崩壊したバブル景気。

バブル崩壊後の3年間で住宅ローンを払えなくなった・・・。どれぐらいの人数がいたのか??調べてみると・・・。

 

何と!!10万人!!

 

10万人近くの方が住宅ローンが払えなくなり、家を手放したそうです。

「え~、でもバブル景気の頃の話でしょ??」

確かに。そうです。

しかし、現在でも年間で6000人の方が住宅ローンが原因で自己破産している。

そんなデータもあるんです。

 

住宅ローンが払えなくなる家づくりって!?

もしも、定年まで勤めあげた場合。

住宅ローンが払えなく家づくりとは??何が原因なのでしょうか??

 

結論から言うと、資金計画が全くできてない。

ここが全てだと思います。

 

例えば、あなたの現在は4人家族。

妻に、5歳、2歳の可愛いチビたち。

そして、あなたの年収は450万円。妻はパートで年収は100万円。

家族の年収は合計で550万円になります。

 

僕の経験ですが、家族年収が550万円だと無理なく支払っていける住宅ローンの返済は・・・

毎月65.000~70.000円が妥当だと思います。

この返済額で35年返済をした場合には・・・。

2500万円前後の予算が無理のない予算だと思います。

 

この予算に、自己資金、親からの援助金を加えた金額が総資金になるわけです。

その中で、土地、建物、諸経費、を計画していく。

この流れが理想ですよね。

 

ローン破綻の原因は予算オーバー

しかし、あれも、これも、詰め込むと予算はあっという間に上昇します。

その結果、予算オーバーになります。

しかし、予算オーバーになっても家は建ちます。

その理由は銀行は年収以上に貸してくれるから。

 

ここで気をつけて欲しいポイント。

借りれる金額と返せる金額はイコールではありません。

家づくりは予算が青天井だと何でもできます。

その結果、予算オーバーした土地を購入する。建物が大幅に予算オーバーする。

しかし、予算オーバーした事にお客様が気がつかない。

ここが怖いんですよね。

 

もしも、2500万円から・・・。1000万円の予算がオーバーしたとします。

合計で3500万円です。

土地から探す場合には、全然ありえる合計金額ですよね。

 

3500万円を35年返済。

フラット35で借りた場合には・・・。いくらの返済になると思いますか?

(金利は仮に1.1%だとします)

 

約10万円。これが毎月の返済額です。

 

毎月7万円から10万円に。

かなり大きくないですか??

僕だったら毎月10万円の返済は苦しいし、下手したら小遣いカットです。汗

 

目先だけじゃなく将来も見据える

資金計画をする時に気をつけて欲しいポイント。

それは、現在だけじゃなく将来、さらには老後も見据えて資金計画する。

これが大事なポイント。

どうしても家をつくる「現在」をメインで考えちゃいます。

しかし、考えてみて下さい。

 

子供は成長し、教育費用もかかりますし、食べるようになれば食費もかかります。

これからは物価もドンドンと上昇し、税金や社会保険料も上がる可能性があります。

もしかしたら・・・。給料は上がっても手取りが下がる。涙

そして、老後の資金が貯金できるのか??

目先だけじゃなく、将来も安全に豊かに暮らす為に、いくらの家を建てるのか?いくらのローンにするのか?を考える必要があると思います。

 

これから家づくりを始める方へ。

まずは、自分達にあったベストな予算を知ることから始めましょう。

そして、銀行が貸してくれる金額と、自分達が払える金額は違う。ここを理解しましょう。

目先だけじゃなく、将来、老後も幸せに暮らす為に家にいくらかけていいのか?住宅ローンはいくら借りてもいいのか?算出しましょう。

最後に。

決して無理はしないでください。

ここが一番大事かな。

 

最後に

今回は家づくりで失敗しない為のポイントを紹介しました。

その答えは・・・。住宅ローンで破綻しないこと。

家を建てて家族が不幸になるぐらいなら、家は必要ないかもしれません。

家族が幸せに、そして豊かに暮らせる。

その為に家が必要なわけですから。

 

幸せな暮らし、豊かな暮らし。を実現する為にはどうしたらいいのか??

これを提案するのが僕の仕事です。

いつでも気軽に相談して下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.