ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

理想の家の間取りをシュミレーションする時にはオープンハウスを活用しよう

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

2ヵ月に一度は開催するオープンハウス。

じっくり説明を聞きたい方。

何から始めていいのか?解らない方。

間取りを参考にしたい方。

 

どのお客様も目的はバラバラでオープンハウスに来場されます。

今回は、何から始めていいのか?解らない方。

そんな方に向けてのオープンハウスの活用方法をお伝えします。

 

オープンハウスでは大きさを最低限確認しよう!

この業界に入って20年。

家を完成したオーナー様からの声でよく聞いてきました。

 

それが、「もっと家を大きくすればよかった」「こんなに広い家は必要なかった」

 

家の大きさについての意見が多いです。

家づくりを始めた時には、予算もあるし、コストを抑えるように

考えているお客様が多いように思います。

何千万円の買い物だし、仕方ない部分でもありますよね。

 

もう1つは図面の縮尺。

平面図は実際の大きさの1/100で見る事がほとんど。

実際の大きさが解らないから、家の大きさを小さくしても

問題ないように見えるんですね。

 

 

こんな感じのイメージが間取り図です。

この大きさから実際の大きさを想像してしく訳です。

なかなか難しいですよね。

 

2階の子供部屋や寝室の大きさはピンと来る方が多いです。

子供の時に使ってた部屋の大きさと同じだったり、実家の和室が8帖で

寝室と同じ大きさだったりするからです。

 

何から始めていいのか?解らない方には

 

自分に合う家の大きさを見つけて欲しいです。

 

まずは、ここを見つける為にオープンハウスを活用しましょう。

 

自分に合う家の大きさ見つける。

これから沢山のモデルハウスやオープンハウスに参加されると思います。

参加する時には勇気も必要だったりします。

「どんな営業されるのかな・・・」

「自分たちの参考になるデザインなのかな?」

最初は色々と思いながら参加します。

 

勇気をだして参加するんだし、しっかり情報もインプットして欲しいです。

どこを見ればいいのか解らないし、どんな説明を聞けばいいのかも解りません。

 

そんな時には「家の大きさ」を説明して貰いましょう。

 

この玄関は自分たちだと広いのか?

サンルームの大きさはどうだろう?

自分たち家族にとって、広いと思うのか?狭いと思うのか?

または丁度いいと思うののか?

こんな感覚的なイメージは実際に足を運ばないと体験できません。

 

自分が感じた事をメモする。

これだけでも、後から見返す事ができるので有効です。

 

そして、もう1つ。

色々なオープンハウスに参加するんだけど、せっかくなら大きさの違う家を

見るようにしましょう。

30坪、35坪、40坪など。

どの大きさの家が自分たちにとってピンとくるか?

全体の大きさを意識して見学する事が大事です。

 

例えば35坪の大きさがピンと来たとします。

その後は35坪前後の家に絞って参加する事で、沢山のアイディアに出会う

確率がグッとあがります。

みんな似たような「大きさ」の中で必死にアイディアを出した家です。

自分たちの引き出しも必ず多くなってくると思います。

 

⇒LDKの大きさを左右するダイニングテーブルの配置方法

 

オープンハウスで見学するポイント

ここからは見学会で体感しとくと参考になる部分を解説していきます。

まず、見て欲しいポイントはこちら。

 

リビングの大きさは超重要!!

 

まずは、LDKの大きさは確認したいポイント。

LDKは形によって部屋の大きさの感じ方が全く違います。

同じ20帖でも広く感じたり、狭く感じたり。

LDKは長方形なのか?正方形なのか?L字型なのか?

形を確認して、広さの感じ方も体感して欲しい部分。

 

 

洗面やサンルームなども確認しましょう。

サンルームや洗面脱衣、パントリー。

2.5帖や3.2帖など、解りにく大きさは是非、オープンハスで確認してください。

あっ。あとは収納の大きさも同じですね。

 

家族構成やお客様のライフスタイルによって、全く用途も大きさも違います。

なんとなくで大きさを決めるよりも、どう使いたいか?

何を置きたいか?色んな大きさや用途を見て決める事ができると

いいですよね。

⇒キッチン・お風呂・洗面は同じメーカーにした方がいいの?

 

最後に

他にも確認して欲しいポイントはあります。

でも、最初から色んな部分を見る事は難しいです。汗

 

まずは、全体の大きさ。

そして、LDKや水廻り、収納。

ここはデザインよりも「広さ」をまずは確認して

自分の家づくりに活かしてくださいね!!

 

 

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.