ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【シングルマザーのマイホーム】オススメは平屋住宅な理由を紹介します

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

雪かきの疲れなのか・・・。

どうも本調子じゃない タカシマ です。

もう身体がバキバキでして・・・。汗

もう雪は勘弁して欲しいっす。

 

今回は「シングルマザーにオススメ住宅は平屋」について紹介します。

僕はお客様に家づくりを提案する時、または、スタートする時には基本的に平屋から始めています。

敷地の問題や、要望の内容、近隣の環境などから、2階建てになる場合もありますが。汗

平屋から始める理由だけど、どんなライフスタイルに合う住宅だと思ってるから。

家づくりを考え始める時って、一番家族が多い状態ですよね。

子供も小さいと思います。

しかし、自分もそうだったように・・・。親元を巣立っていきますよね。

すると、最後は夫婦2人の生活に。

僕は老後でも暮らしやすい家がベストだと思ってます。

 

家を建てるのに、夫婦じゃなきゃダメな理由はありません。

家族が豊かに暮らせる。

その為の便利な箱が家だと思います。

そして、シングルマザーの方にこそ家は必要だと。僕は思います。

 

シングルマザーにオススメな住宅は平屋な理由を紹介します

まずは、シングルマザーの方が家を建てた方がいい!!って思う理由を紹介します。

 

子供との距離が近くなる

誰もが忙しい日々を送っています。

でも、誰の力も借りずに一人で子供を育てながら、働くママの忙しさは大変だと思うんですね。

少しでも家事の時間が短くなれば、子供と一緒にいられる時間が増えます。

その為に、家事の移動距離が短く、子供を見ながらでも家事が出来る、子供もママを感じながら暮らせる。

そんな家族の気配が解る平屋はオススメなんですね。

 

そして、賃貸のように近隣に気を使わないで暮らせれば、子供も楽しい毎日を送れるだろうし、それを見ているママも嬉しいと思います。

近隣を気にして、子供を怒る事が無いだけで全然違いますよね!

 

老後の居住費を下げられる

持ち家は理想だけど、、、コストが、、、

その気持ちも解ります。

元気な時期は問題ありません。

しかし、老後はどうでしょうか??

 

もしも、65歳までに住宅ローンが終われば、住居費は一気に下がります。

固定資産税等は必要だけど。

でも、賃貸に住み続ければ永遠に住居費は下がりませんよね!?

これから老後が不安定な時代に突入します。

年金の受給額の減少、受給年齢の引き上げ、などが現実に起こるかもしれません。

収入が減った時の為に、固定費は出来るだけ削減できるように。

元気なうちから考えおきましょう!!

 

固定費が下がる可能性も!?

賃貸に住んでたとしても、家賃は必要になります。

極端に安い場合は別だけど、なかなか家賃も高額ですよね!?

例えば、家賃6万5千円を支払ってるとしたら・・・。

もしかしたら、無駄は省いて家をコンパクトに建てる事が可能なら、住宅ローンの支払いが5万5千円、5万円になる可能性もあります。

これは、住宅ローンの低金利、手厚い補助金などを利用する事で可能になるケースも。

そして、住宅ローンの中に含まれる「団信」を上手に利用すれば、生命保険の死亡保険も減らせる可能性もあります。

そうすれば、月々の保険金も減りますので。

最初から諦めないで、色々と動いてみると大きな発見があるかも!?

 

一番心配な部分:住宅ローンについて

僕も多くの相談を受けますが、やっぱり「住宅ローン」が心配になる。って声が多いです。

大きく2つに分けると。

住宅ローンを借りれるのか?

住宅ローンを払っていけるのか?

ここが一番の心配な部分。

 

住宅ローンを借りれるのか?

ここで覚えていて欲しい部分。

それは、シングルマザーとかは、それほど関係ありません。

重要なのは、借りた住宅ローンを返済できる継続的な収入があるのか??

ここが重要なんですね。

 

1つは年収

金融機関によって基準は違いますが、一定の年収は必要になります。

自分の希望が額に届かなくても、その予算の中で工夫しながら計画を進めるのがベスト。

2つめは勤続年数

派遣社員やパートの場合は金融機関に相談が必要です。

基本的には、正社員になり1年以上が1つの基準。

ここを目安にして下さい。

 

まずは、相談するだけ無料です。

金融機関に行って色々と聞いてみるのが一番かな。

 

返済していけるか不安

これは誰もが不安になりますよね。

ただ、シュミレーションする事は可能です。

例えば、2300万円の住宅ローンを借りた場合に、どんな生活が待ってるのか?貯金はできるのか?子供に大学は行かせれるのか?老後はどうなるのか?

シュミレーションの結果、色々な事が見えてきます。

その結果を踏まえて、2200万円の住宅ローンにするか?それとも、中古住宅を購入する方向も検討する。

色々な選択肢が出てきます。

不安を抱えたままで前に進まずに、まずは、現状から将来をシュミレーションするのがオススメです。

 

最後に

今回は「シングルマザーには平屋住宅がオススメ」について紹介しました。

平屋住宅は移動距離も短く、子供の気配も近くに感じながら、適度なプライバシーも確保できます。

さらに、無駄を省き家の面積をコンパクトにする事も可能です。

面積をコンパクトできれば、価格も抑える事ができるので。

良かったら参考にして下さいね!!

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2021 All Rights Reserved.