ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【外構工事】けっこう費用が掛かる外構工事!!コストカットの方法とは!?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

最近は休みが無いので全くランニング出来てない タカシマ です。

もう2週間は走ってないのかな。汗

あんまりにも走らないと、走らないのが普通になるので。

今日こそは!!って、毎日思ってます。

 

今回は「外構工事の費用」について。

外構工事って想像よりもコストがかかるって知ってましたか??

なので、僕たちも標準仕様に含めれないし、外構工事は予算で提案しています。

例えば、ちょっとフェンス工事をするにしても、ブロック工事、フェンス工事で軽く何十万に。

さらに、駐車スペース、シンボルツリー、ウッドデッキなど。

素敵やな~。ってお庭には100万円以上の工事費用がかかってると思います。

 

なので、外構工事の優先順位が高いお客様には、資金計画で十分な予算を確保しています。

それは、外構工事をあまりしなくていい家づくりを提案します。

えっ!?

外構工事をしなくていい家づくりって!?

 

【外構工事】けっこう費用が掛かる外構工事!!コストカットの方法とは!?

もちろんですが、全く外構工事が必要ない!!ってわけじゃ無いですよ。汗

せめて駐車スペースのコンクリートは必要です。

しかし、過度な外構工事を抑える工夫は可能です。

 

防犯性を考える

まずは、防犯性能。

大きな窓をたくさん作っている家。

太陽の光を入れたい!!その為に大きな窓を設置するのですが・・・。

・外からの視線が気になる

・窓の配置で間取りがわかる

・防犯性がわるい

大きな窓はメリットもあるけど、デメリットもあります。

このデメリットを克服する為に、外構工事が必要になるんですね!

 

外からの視線が気にならないように、樹木を植えたり、目隠しフェンスを設置します。

さらに、敷地に入ってこれないようにフェンス、門扉を設置。

これだけでも結構な費用になります。

 

なので、最初から「視線が気にならない」「窓の配置で間取りが解らない」「防犯性が良い」このように設計を工夫する必要があります。

例えば、こんな住宅はどうでしょうか??

 

外からは家の中が全く見えません。

さらに、間取りがどうなってるのか??想像もつきません。

って、ことは防犯性能も向上しますよね!?

設計を工夫すると、先ほどの外構工事が必要なくなります。

 

外観デザインを工夫すると、視線を遮るための植栽は目隠しに必要な費用。

家を惹き立たせる門、アプローチに必要な費用。

このような費用を抑えることが可能になります。

 

土地に無駄なスペースをつくらない

これは大事ですよね。

土地に無駄なスペースがあれば、夏は雑草が生えます。

真夏は地獄のような草むしりが待ってます。

これが嫌で、外構工事の依頼を多く頂いてるのが現実なんですね。

 

こうならない為の秘訣。

それは、無駄に広い土地を買わない。

ここだと思います。

仮に、4人家族でゆったりと暮らせる平屋を計画してるのであれば。

土地の大きさは60~65坪で問題ありません。

しかし、多くの方は平屋は広い敷地が必要!!って思い込みで・・・。

80坪~100坪近い敷地を購入します。

土地が大きくなれば、無駄なスペースを工事する費用も必要ですし、土地の価格も高くなります。

細かい事をいうと、固定資産税も高くなります。汗

 

なので、大事な部分はコチラ。

自分たちの理想の家に必要な土地の大きさを知る。

それから土地探しを始める流れが大事です。

 

家は2階建てが当たり前!?

仮に65坪で好条件の土地を見つけました!!

よし!ここから間取りを考えるぞ!

まずは、2階建てから考えませんか??

その理由は、平屋よりも2階建ての方がコスパがいい!!って思ってるからです。

ですが、2階建てになると・・・。

1階の面積は小さくなります。そうなると、土地に無駄な余白スペースができます。

その余白スペースを工事する為に、コンクリートを打設したり、防草シートを敷いて砂利を敷いたり。

余計な工事が発生するんですね!

 

なので、あえて1階を大きくつくる。

これで、土地に無駄なスペースをつくらないで、外構費用を抑えます!!

えっ!?

でも・・・。家のコストが・・・。

確かに、1階が大きくなれば、基礎工事も増えますし、屋根工事も増えます。

しかし、コストが割高にならないような工夫が必要不可欠になるんです。

 

平屋をコストダウンして建てる方法はコチラ

 

しかし、このような考え方で家づくりを計画すれば。

確実に外構費用は抑えれます。

さらに、土地探しからの場合は、土地の価格も抑える事が可能です!

トータルで考えると、家づくりに必要な総予算を抑えれる。ここにつながります。

 

家づくりに必要な総予算を抑えれると、浮いたお金を暮らしに使えます。

趣味や旅行。教育資金、老後資金。

人生は家だけじゃありません。

(住宅会社の僕が言うのも何ですが。汗)

余裕があると、暮らしが豊になります。

豊かな暮らしをする為に家が必要なわけですしね!

 

最後に

今回は「外構費用を抑えるポイント」を紹介しました。

お客様の要望、敷地の形状によって大きく動くお金です。

その費用を少しでも減らせれば、家で叶えたい要望を叶えれるかもしれません。

必要な外構費用はしょうがないけど、無駄な外構費用は少しでも落とす工夫を考えましょう!!

 

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.