ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【間取りを考えるコツ】敷地環境から最適な部屋の配置を考える

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

会う人、会う人に「黒いね~」って言われます。

内勤なのに真っ黒に焦げてる タカシマ です。

そんなに外に出てないんだけどな~。不思議です。(笑)

 

今回は「間取りを作成するコツ」について。

間取りを考える瞬間は誰にもありますよね。

アイランドキッチンが欲しい!

明るいリビングにしたい!

キッチンの近くにサンルームを配置したい!

もちろん!!このような計画も大事です。

しかし、要望は「家の中」に集中しやすい。

間取りは外から考える事も大事なんですね!

 

例えば、明るいリビングを作りたい!!

なので、日当りの良い場所に大きな窓を設置して、太陽の光が入る明るくて開放的なリビングにしよう!

これは家の中から考えたイメージ。

しかし、その大きな窓から近隣の視線が入ってくるし、その視線を遮る為のカーテンが必要に。

視線が気になって昼間はカーテンを開けれない。

これだと、明るいリビングも、開放的な空間も、全てが台無しに。汗

 

このように、間取りは敷地環境からも考える事が大事なんですね。

 

【間取りを考えるコツ】敷地環境から最適な部屋の配置を考える

例えば、この写真。

外に向かって大きな窓を設置してます。

この窓の先には、道路からも、近隣からも、中が見えないように工夫してます。

だから、日中はカーテンを開けて生活できますし、明るく開放的な空間を実現できます。

 

家は敷地に合わせて考える

写真の敷地はこんな感じでした。

あなたも自分の土地をイメージしながら一緒に考えてみましょう。

 

・西側 → 前面道路に接してる、外観は正面になります

・東側 → 道路も家も無い。田んぼが広がります

・北側 → 2階建ての家が建ってます。そして、南向きの大きな窓がたくさんある

・南側 → 空き地。しかし、家が建つ可能性あり。2階建てなのか?平屋なのか?は現段階では不明

このような敷地環境でした。

 

まずは、家の正面にあたる西側。

家の正面には無駄な窓を設置しません。

その理由は、家を汚さない為です。

窓から出る雨垂れで外壁は汚れてしまいます。その結果、メンテナンスも必要になるので。

外壁を汚さずに、メンテナンスコストを抑えるように。

さらに、西日問題。

夏とか暑いですよね~。

西に窓を設置しないことで、西日の直射日光も部屋に入れないようにします。

 

東の方角は?

東は道路も何もない。田園風景が広がります。

めっちゃ見晴らしが良い!最高の場所です。

なので、東側には明るくて開放的。さらに、風も取り込めるように。

いつでもオープンにできる、大きな窓を設置。

さらに、田んぼなので人目も気にしなくてOKですよね。

洗濯物を干す場所も東側に。

外干しをする時には、近隣の視線は気になるもんですしね。汗

 

この洗濯物を干す場所の近くには洗面脱衣を配置。

洗濯機から出た洗濯物を数歩で干せるように。

そして、乾いた洗濯物はサンルームにも、リビングにも取り込めます。

広いスペースで家族で洗濯物をたたみ、数歩先にあるファミリークロークに収納する。

ママにとっては最高の家事動線。

やっぱり家事が楽になると、ママのゆとりも生まれるので。

ここは大事ですよね!!

 

注意したい南側

南側は日当りも良いし、大きな窓を設置したくなりますよね。

しかし、目の前に家が建った時には・・・。大きな窓からの視線が気になってカーテンを開けれない可能性も。汗

そうなると、明るくも無ければ、開放的にもなりません。

あえて、南側には窓をつくらずに、中庭を配置しました。

中庭を配置すると、リビングやダイニングだけじゃなく、家全体に安定して光を届ける事が可能です。

こんなイメージです。

凄く明るい空間になりますよね!!

カーテンがいらない窓って、こんなイメージになるんですよね。

 

晴れた日はもちろん!!曇りの日でも自然光が大活躍します。

 

間取りは敷地の環境が大きく影響します

このように、家は中の要望も大事だけど、それだけじゃ良い家になりません。

建てようとしている土地の環境も同時に考慮する事が大事。

 

明るく、開放的なリビングをつくりたい!

カーテンを開けれない場所に窓を作っても意味は無いですし、視線が入らないからといって・・・光が入らない場所に窓を作っても意味がありません。

家の中の要望も大事です。

しかし、家の中に意識が行き過ぎてしまう・・・。

これでは良い家になりません。

敷地の外部環境にも意識を向けて間取りを考える。

凄く大事な部分ですよね。

 

最後に

今回は間取りを考えるコツを紹介しました。

このように家の中じゃなく、外から考えていく。

建ってから「しまったーーーー!!」ってならない為にも!

後悔しない為にも。

参考にしてみて下さいね!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.