ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

新築で平屋を建てるメリット!足場にかかる費用を削減できます

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

割と大きな川の近くに住んでます。

梅雨になると河川の増水量が気になって・・・。昔は、気にした事もなかったのに。

最近の雨の量は凄いですよね。

ゲリラ豪雨の時期は苦手な タカシマ です。

変にドキドキしますしね。汗

 

今回は平屋のメリットについて。

平屋は色々とメリットがあるけど、そのうちの1つ。

2階建てよりも足場代金が必要ない。

こんなメリットがあります。

平屋は1階のみで完結するので、単純に2階建てに比べると足場も半分になります。

足場にかかる費用も半分になる。

単純計算だけど、こんなイメージです。

 

さらに、工事中だけじゃなく外壁のメンテナンス費用も抑える事ができます。

平屋は高い!って、イメージがあると思いますが、平屋にする事でコストカットできる部分もあります。

その積み重ねで2階建てよりも、コストを抑えて建築できるんですね。

 

新築で平屋を建てるメリット!足場にかかる費用を削減できます

足場工事とは写真のように、建物の外部に設置してある銀色の部分。

建築中の家を見ると、ほぼ100%の確率で確認できます。

足場工事の役割は・・・。

家の外壁工事、屋根工事、をする為に必要なのが「足場」なんですね。

 

単純にコストは半分になります

平屋は高い!!

このような固定概念があると思います。

しかし、2階建てには必要だけど、平屋には不必要な物も多くあります。

階段、2階ホール、2階トイレとかね。

このようにコストカットできる部分も多くあります。

その1つが「足場」なんですね。

 

35坪ぐらいで2階建てを建築する。

その足場工事の金額は・・・。

約20万円。

建物の形状によっても変わるけど、目安にして下さい。

これが平屋になると・・・。

約12万円ほどに。

半分まではいかないけど、工事代金は下がります。

 

金額的には小さく見えますが・・・。

でも、1つ1つの積み重ねが大事なので、この小さな金額が大きなコストカットに繋がります。

 

工事中も安心です。

これから夏にかけて建築業者を悩ますアイツ。

そう。台風です。

台風が接近するたびに、足場のネットをたたみます。

足場のネットはゴミ、音、が近隣に行かないように。迷惑防止の為に設置してます。

しかし、台風がくると風をモロに受けるので・・・。

足場が倒壊する可能性もあります。

なので、台風が接近するとネットをたたみに現場をまわります。

 

台風の厄介なのは連発で発生する部分。

は〜、やっと台風がすぎた〜。

ネットを元に戻して工事を進めると、また台風が発生し・・・。ネットをたたみに・・・。

これがキツイんですよね〜。

 

平屋の場合は足場も半分という事は、ネットの量も半分です。

ネットの量が半分だと、ネットをたたむ作業量も半分に。

僕たちが動く現場管理費のコストも抑えられる。

ここににも繋がるんですよね。

 

将来的なメンテナンスも有効です

家はメンテナンスを継続する事で長持ちします。

逆にメンテナンスをしないと・・・長持ちしません。汗

メンテナンスの中でも「外壁」は大事。

約15年〜20年ほどに1度は外壁の補修をオススメしてます。

外壁のメンテをせんなんな〜。って解ってるけど、なかなか出来ない・・・。

そんな部分だったりもします。

 

外壁のメンテナンスについて

その理由は「費用」です。

建物の大きさや、外壁に使ってる素材でも違いますが。

外壁のメンテナンスには100万円以上は必要になります。

100万円以下では、難しいと思います。経験的にですが。

 

かなり高額な工事費用が必要なので。

なかなか思い切れない。

僕も解ってるけど、躊躇すると思います。

100万円の出費って痛いですもんね。

 

2階部分の足場費用がいらない

外壁のメンテナンス費用には足場代金も必須です。

足場を組んでから作業に入ります。

この外壁補修でも足場代金を抑えられます。

 

そうなると・・・。

 

例えば、足場の金額が半分になると。100万円必要だった工事が80万円に。

これは心理的なハードルは下がりますよね。

その結果、外壁補修も計画どおりで家も長持ちします。

メンテナンスにかかる費用を抑える。

ここは家を長持ちさせる意味でも大事なポイントです。

 

平屋だからこそコストを抑える。

そんな部分も多くあります。

コストアップばかりに目立つけど、実はコストダウンできる部分も多くあるんで。

コストを上げないで平屋を建てる事は可能なんですね。

 

最後に

今回は、平屋だからできるコストダウンを紹介しました。

そのうちの1つが「足場代金」です。

新築時だけじゃなく、外壁補修時の費用も抑えられます。

やはり目先も大事だけど、長い目で計画する。

ここの視点は大事だと思います。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.