ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

新築で平屋を建てる時に検討して欲しいウッドデッキとは?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

家に帰ると必ずすること。

そう。晩酌です!

この時期になるとビールはキンキンに冷やしておきます。

さらに、キンキンを求めて・・・。

ビールに氷を入れて飲む タカシマ です。

最後の方は薄くなって微妙になりますが。汗

最初は最高です。(笑)

 

今回は平屋と相性の良いウッドデッキを紹介します。

ウッドデッキ以外にも、タイルデッキ、芝生、など。色々な選択肢があると思います。

しかし、僕が一番オススメするのは!!

ウッドデッキなんですよね。

その理由は・・・。

高さを確保できるから

高さが確保できると、リビングから見える景色も全く違いますし、デッキに出るハードルも一気に下がります。

この高さは、芝生やタイルデッキでは表現できない部分です。

しかし、ウッドデッキにはデメリットも・・・。

そんな、ウッドデッキのメリット・デメリットもあわせて紹介します。

 

新築で平屋を建てる時に検討して欲しいウッドデッキとは?

まずは、ウッドデッキの魅力を紹介します。

特に平屋の場合には、ウッドデッキ、タイルデッキ、芝生など。色々と選択肢はあるけどね。

デッキ部分を計画する。

ここは本当にオススメします。

デッキがある平屋と、無い平屋では、光の入り方が全く違います。

やっぱり、明るい平屋をつくる為には大事な部分。

 

平屋とデッキの相性が良い理由

平屋は1階のみで全てを完結します。

LDK、水回りはもちろん。寝室に子供部屋。さらには収納など。

2階に移動しなくて良いし、将来的にも暮らしやすい。

本当にオススメの住宅です。

しかし、1階に居室が多くなるために「窓」の配置が難しくなる

これが平屋の特徴だったりします。

 

例えば、この平屋の間取りを参考にすると。

洋室6畳は窓が2つ確保されてるけど、主寝室は窓が1つしか確保されません。

(ま~、寝室だしね。寝るだけの部屋だし問題ないけど。)

そして、洗面部分も窓が確保できない。

このように、平屋は部屋に囲まれる部分が多くなる。

こういった特徴を持ってます。

これを解決するのが「デッキスペース」です。

もしも、デッキスペースを計画すると。

このように間取りが変わります。

 

テラス部分があると部屋に囲まれなくなります。

その結果、LDKはもちろん!暗くなりやすいホールも明るくできるし、子供部屋にも窓を2つ確保できてます。

このように、平屋とデッキスペース、もしくは、中庭の相性は抜群です。

明るい平屋にする為にも!是非、デッキは計画してみて下さいね!

 

ウッドデッキと高さの関係

あなたはウッドデッキに何を望みますか??

僕は、天気の良い朝とかウッドデッキで、パソコンを見ながらコーヒーを飲みたいな~。

って、妄想します。

その為には気軽に移動できないと。

芝生でも、タイルデッキでも、朝にコーヒーを飲むことができます。

しかし、1階の床と芝生には段差があり、その段差は約50㎝も。

窓を開けて、床に腰を下ろし、健康サンダルに履き替えて芝生へ。

気軽に行けるか!?って考えると違うんですよね。

 

僕の自宅にはリビングの横にタイルデッキがあります。

BBQをした時とか、一気に水を撒いて掃除できるし、メンテナンスも楽だし。

そんな理由でタイルデッキにしました。

しかし、普段使いはしてません。

朝にコーヒーを飲んだこともありません。(笑)

夜にビールを飲む事はあるけど。

なんでだろう!?って、少し考えてみました。

やっぱり、座ることができないから

ここは大きい。

 

ウッドデッキだと、デッキ部分に座ることができるし、コーヒーも置くことができるし、パソコンも置けます。

しかし、芝生や、タイルデッキは無理です。

この部分が気軽に使えるか?使えないか?を大きく左右すると思います。

 

ウッドデッキのデメリットは!?

僕がウッドデッキをやめた理由。

それは・・・。

メンテナンスが面倒だから

ここなんですよね~。

 

ウッドデッキをリビングに隣接して計画する。これが、一般的ですよね。

当然だけど、リビングには日の光が入るように計画します、同じようにウッドデッキも自然と日の光を浴びます。

その結果、紫外線の影響で塗装が剥げてくるんです。

これは、ウッドデッキに限らず木部分全般に言えること。

 

木部分の塗装が剥げた状態で放っておくと、ウッドデッキも長持ちしません。

必ず再塗装してあげる。

ここが大事です。

再塗装することで長持ちしますしね。

 

ただ・・・。

僕は、そのメンテナンスにストレスを感じまして。

日々の暮らしよりも、メンテナンスが楽なタイルデッキを選びました。

後悔してないけど、息子も大きくなって色々と手伝ってくれるし。

一緒に塗装を楽しんでも良かったかな~。って思う時も。

 

日々の暮らしに?メンテナンス?

この2つを考えてみると、ウッドデッキがあってるのか?他のデッキがあってるのか?

選びやすくなると思います。

せっかく作るスペースだし、活用できるようにしましょうね!

 

最後に

今回は平屋とウッドデッキの相性は抜群。

ここを紹介しました。

平屋のデメリットは窓の計画が難しい。

ここです。

効率的に解消できるスペースが、デッキ、中庭部分。

平屋を計画してる方は、あわせてデッキ部分も検討してみて下さいね。

快適が暮らしが実現できると思います。

 

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.