ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

新築や家を購入する時。庭や外構工事に予算は必要ですか?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

新築を検討する時には、建物の金額+諸経費で総額を検討する必要があります。でも、それだけじゃ予算オーバーになる可能性もあります。

もう1つ予算として考えた項目。それが「外構工事」になります。

外構工事はお客様によって金額がバラバラです。必要最低限で夫婦の車だけ駐車できる部分にコンクリートを打設。または、庭には芝生を植えて、シンボルツリーも設置。近隣の境界にはフェンスを施工。このようにお客様によって外構工事の希望はバラバラです。

最後に、外構工事を検討すると一気に予算オーバーになるから、家づくりを始める前には家族の要望をまとめれるとベストです。

・外構工事の一般的な予算

・代表的な外構工事を紹介します

・家づくりを始める前に外構工事の予算を組みましょう

このような内容の記事になります。

これから家づくりを始める方や、外構工事に迷ってる方には参考になる内容です。

 

新築や家を購入する時。庭や外構工事に予算は必要ですか?

外構工事にはいくらぐらい予算が必要になるのか?検討もつきませんよね。汗

僕の経験ですが、必ず要望がある部分。それは、駐車スペースのコンクリート。この工事は100%で依頼がきます。

石川県は田舎で車社会。夫婦で各1台は必須なので最低でも駐車スペース2台分のコンクリートを打設します。駐車スペース2台分の予算は約30万円前後になります。

たまに砂利じゃダメですか?って質問を受けます。石川県は雪が降るので、砂利だと雪かきが本当に大変です。なので、オススメはしません。

そして、一年間で半分ほどのお客様が設置していく「カーポート」も検討が必要。カーポートがあると、冬が本当に楽です。雪かきも楽だけど、冬になると車のフロントガラスに霜がおりてバリバリになります。早く出勤したいのに、暖房をマックスにして溶けるのを待つ・・・。こんな経験は誰でもあると思います。

カーポートがあると、フロントガラスに霜がおりにくくなります。朝のストレスが一気に軽減するので、オススメです。

カーポートの予算は約45万円前後。

駐車スペース2台分+カーポート予算。合計で約75万円~80万円の予算を考えておくといいです。

カーポートが必要なければ30万円前後は予算に組み込みましょう。

他には、どのような外構工事があるのか?駐車スペースやカーポート以外で要望の多い外構工事も紹介しますね。

 

カーポートのメリット・デメリットを解説したブログです。良かったら一緒に読んでみて下さい。

 

代表的な外構工事を紹介します

駐車スペースや、カーポートが圧倒的に多い要望ですが、他にも外構工事の種類があります。

駐車スペースやカーポート以外で要望を聞く事が多い外構工事を紹介します。

もしも、あっ!この工事はしたいな!!って外構工事があれば、最初に予算を組み込んで家づくりを進める事が大事です。

 

テラス、ウッドデッキ

子育て世代に人気な、テラス。ウッドデッキ。僕の自宅にも設置してますが、かなり重宝しています。特に夏はBBQや子供のプールで大活躍します。

家の中じゃ思いっきり遊べないけど、外だと思いっきり遊べるし、楽しそうに遊んでる子供を見ると僕も嬉しくなります。家を建てて良かったな。って思う瞬間だったりします。

 

ウッドデッキとテラス??何が違うの??

僕の自宅はテラスにしました。ウッドデッキのメリットは窓と同じ高さでデッキを施工できます。リビングの延長のように使える。ここが最大のメリット。逆にデメリットはメンテナンス。塗装が剥げてくるので、再塗装は必須です。自分でするか?業者さんに依頼するか?

テラスはコンクリートやタイルで施工するので、塗装などのメンテナンスが必要ありません。BBQなどで汚れてもブラシで掃除できるし、水も流せるし。何かと楽なんです。見た目よりも楽さを重視して、テラスにしました。

ウッドデッキもテラスも施工費用は大きく変わりません。4帖ほどの大きさで約40万円前後が予算の目安だと思います。

 

防草対策

夏になるとストレスになる雑草。猛暑の中での草むしりはストレスになります。

なので、防草対策に予算をかけるお客様もいます。特に、敷地が大きい方は注意が必要。草むしりの面積が広いと大変ですし・・・。

一番効果の高い防草対策はコンクリートの打設。これは間違いありません。でも、結構なコストが必要になります。

そこで、コストを抑える方法。防草シートが有効です。

防草シートを敷いて、その上に砂利や瓦チップを施工します。防草シートのおかげで雑草は根がはれないので、大きくなりません。雑草を抜く時も簡単に抜く事ができます。

土の中で根をはられると成長速度は凄いし、根っこから抜くのは本当に大変。この防草シートを施工するだけで全く違います。

防草シートは自分で簡単に施工する事が可能です。防草シートを敷きたい部分を整地して、防草シートを敷いて、砂利を被せる。こんなイメージです。

ですが、防草シートの価格帯がバラバラで目安を伝えにくい。安いシートもあれば、高いシートもあります。高い商品がいいわけじゃありませんが、あまり安いシートはオススメしません。紫外線などの影響でボロボロになる事も。ここは注意して下さい。

 

芝生

最後に紹介する外構工事は芝生。

見た目は本当に綺麗に仕上がります。でも、デメリットもあります。それは、お手入れが大変。ここです。

芝生が好きな方や、マメな方には凄い良い商品だと思います。肌ざわりも最高だし。

しかし、お手入れをしないと枯れる可能性もあります。生きていますから。芝生は枯れると途端に見た目が悪くなります。ここは注意して下さい。

僕のオーナー様でも、芝生を敷いている方が多くいます。皆さんに共通して言えるのは、芝生の管理が趣味のようになってます。僕にはマネができません。汗

お手入れが面倒だな。。。って方には人口芝といった手もあります。高額ですが。汗

 

庭や外構に予算を設けましょう

このように外構工事には色々な選択肢があります。

工程的にも一番最後の工事になるので、打合せも一番最後に。この時に駐車スペース2台分の予算だけだと、他の工事が選べません。すいません。正確には選べるんだけど追加工事が発生します。少額だと問題ないけど、高額になると難しいですよね。

間取り、外観、を検討する時には、必ず外構工事も一緒に検討するようにしましょう。

最初に外構工事の予算も含んでおけば、後から大きな追加工事になる事はありませんから。キッチリと決めておく必要はありません。ある程度でもOKなので予算だけは見ておきましょう。

 

最後に

今回は外構工事の種類は金額について解説しました。

駐車スペース2台分は必須です。必ず予算に組み込みましょう。家族人数が多く車の台数が多い場合には、台数分で必要になる駐車スペースの金額に変更して下さい。

あとは、家族の希望によって外構工事の予算はガラっと変わります。

どんな外構が希望なのか?間取りや外観と一緒に家族で話し合って下さいね。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.