ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

住宅ローンに上乗せして車のローンを含める事ができるのか??

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

マイカーローンが3万円あります。
住宅ローンが月々6万円。
支払いがきついな~。
あっ!住宅ローンにマイカーローンを含めて借りよう!!

 

このような相談もあります。
でも、住宅ローンにマイカーローンを上乗せして
借りる方法はオススメしません。

 

上乗せを認めている金融機関もあります。
その金融機関で住宅ローンを借りる場合には
問題ないと思います。

 

でも、基本的に認めてない金融機関で借りる場合にはNGです。
もしも、バレたらお客様に大きな責任が
のしかかってきます。

・オーバーローンとは?

・住宅ローンに含めた方が本当に得するの?

・もしもバレたら・・・どうなるの?

このような内容の記事になります。
マイカーローンがあり住宅ローンを検討している方に
参考になる内容です。

 

住宅ローンに上乗せして車のローンを含める事ができるのか??

基本的に住宅ローンは家の購入に対して利用できます。
金融機関のローン商品は目的によって商品が違います。

 

マイカーローンと住宅ローンでは、借入年数、借入額
担保設定、など商品内容が全く違います。
商品内容が全く違うローンを組合わせる事は
基本的にできません。

 

もしも、金融機関にバレた時には大変です。
リスクが高いので、僕はオススメしません。

 

オーバーローンとは?

物件価格以上に住宅ローンを借りることを

「オーバーローン」

と呼びます。

 

例えば、家の契約金額が2000万円。
マイカーローンが200万円あります。

 

住宅ローンの中にマイカーローンも含めたいので
家の見積り金額を多くした2200万円の書類を作成し
金融機関で2200万円の住宅ローンを借りる。

 

このような借り方がオーバーローンです。
マイカーローンの借入年数は5年が基本的に最大です。
返済年数が短いので、月々の返済も高くなります。

 

これが、住宅ローンのように35年返済になると・・・
一気に返済額が減り、月々の返済が楽になり住宅ローンの
借入額を増やす方法です。

 

住宅ローンにマイカーローンを上乗せすると得なの?

住宅ローンにマイカーローンを上乗せすると得なのか?
目先は楽になります。

 

マイカーローンの返済が月々3万円→5千円になれば
住宅ローンの支払いは楽になります。

 

仮に、住宅ローンが月々7万円だとします。
マイカーローンが7万円の5年返済。
住宅ローンに含めた場合と、含めない場合。
どちらが得なのか?

 

シュミレーションしてみます。

住宅ローン:2500万円・35年返済・金利1.5%
月々76.000円
マイカーローン:400万円・5年返済・金利2.5%
月々70.000円

 

400万円の車を購入した直後に、家の購入が急に
決まったサワダさん。
住宅ローン7.6万円、マイカーローン7万円。
約14万円の月々の支払はキツイ・・・
5年で車の方は終わるけど・・・

 

5年間は大変だけど頑張って支払いした方がいいのか?
それとも、住宅ローンに車のローンを上乗せした方がいいのか?

 

5年間は大変だけど頑張った場合。
35年後には、約3200万円支払う計算になります。
金利は約700万円。
マイカーローンは、5年間で425万円。
金利は約25万円。
合計すると金利は約725万円になります。

 

もしも、住宅ローンに上乗せした場合。
マイカーローンは0円になります。
でも、住宅ローンの借入額に400万円が上乗せ。
借入額は2900万円になります。

 

2900万円が35年後には金利を含めると
いくらになるのか??

 

約3730万円
金利は約830万円になります。

 

マイカーローンを上乗せすることで
35年間で約100万円を多く支払います。

 

目先は楽に見えても、35年間という長期間になると
大きな金額の差になります。
この部分は是非!知って欲しい部分です。

 

住宅ローンの上乗せがバレたらどうなる?

住宅ローンにマイカーローンの上乗せがバレたらどうなるのか?

一括返済になる場合もあります。

 

本当に!?
そこまで厳しくないんじゃ?
って、思いますよね。

 

僕も思ってました。
19年間も建築業界にいると色々とあります。
お客様の要望でオーバーローンに係った時も・・

 

そして、そのバレた経験も実はあります。
お恥ずかしいですが。汗

 

その時の経験を少し解説します。
参考にして下さい。

 

26歳の出来事です。

土地探しから始まった家づくり。
とんとん拍子で進んだ計画は、住宅ローンの本申込みに。

 

「タカシマくん。マイカーローンの分も多く借りたいから・・・」
「多めの見積りを作ってくれない?」

 

「えっ!?」
「どうしよう・・本当はダメなんだけど・・・」
「でも、ここまで来たし引き返せない。」
「あっ!解りましたよ!」

 

そう言って、僕は建物に上乗せした見積りを作成しました。
この時に作った見積りが・・・
あんな事になるんんて・・・

 

順調に工事は進んでいきます。

特に問題もなく土地決済が終わり。
間取りも決定して着工しました。

 

着工前には地鎮祭をします。
この地鎮祭の時に旦那さんが仕事を辞めました。
転職するのかな?
さほど気にもとめませんでした。

 

でも、なかなか就職が決まらないようで。
大丈夫かな?
心配して声をかけるけど、大丈夫との返答。

 

家も完成に近づいた時に問題が起こりました。
お施主様と全く連絡がとれません。
僕が電話しても、金融機関の方が電話しても。
全く電話がつながりません。

 

そして、金融機関の担当者と一緒に訪問すると・・・
なんと!夜逃げしてました。

 

そこからが問題です。

家の工事は完成していません。
そして、金融機関と今後の対応を協議している最中に
バレました。

 

そう。オーバーローンです。
そこからは犯罪者と同じです。

 

オーバーローンの片棒を担いだとして
融資した分の返還を求められることに。
そんな大きな金額は当時に勤めていた会社にはなく
社長は困りはててました。

 

その姿を見て思いました。
僕にも責任はあるし、僕が買おう。
そして、住みたくも無い家を購入することに。

 

詳しくかプロフィールに書いてあります。
良かったら読んでみてください。

 

基本的にオススメしません。

僕は基本的に住宅ローンの上乗せはオススメしません。
その理由は自分がオーバーローンで痛い目にあったから。
経験不足はありますが、若いは言い訳になりませんしね。

 

住宅ローンには契約書があります。
その中には細かい約款がビッシリと書かれています。
なかなか読まない部分だけど。汗

 

その中には、もしも違反があった時には
どうのような対処になるのか?
ハッキリと記入されていて、そこにハンコを押しています。
もしも・・・の時には責任は追求されるんですね。

 

もしも・・・
なんて無い方がいいけど。
コレばっかりは解りません。

 

目先よりも遠い将来の家族の幸せを考えて
答えを出せるといいですよね。

 

最後に

今日は住宅ローンに上乗せする。
その上乗せした金額で他のローンを返済する。

 

このような内容を記事にしました。
住宅ローンを上乗せして借りる事を
オーバーローンといいます。

 

オーバーローンにはメリットはありません。
逆に大きなデメリットがあります。
それは、一括返済を求められる可能性。

 

もしも、マイカーローンを住宅ローンに含めたい場合は
可能な金融機関を選びましょう。

 

僕の知っている金融機関では労金さんが可能です。
http://hokuriku.rokin.or.jp/loan/fudousan_jutaku_marutto500.html

リンクを貼っておきます。

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.