ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【後悔しない土地探しのコツ】道路幅が大事な理由を紹介します

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

土地を選ぶ基準は色々とあります。価格、大きさ、環境など。どれも大事な要因です。土地探しではココも必ず検討して欲しいな。って部分があります。

それは、土地に接する道路

道路環境は大事なんですよね。道路の幅が狭いと車の運転が大変。汗 対向車がくるたびにバックしてたら面倒です。逆に、道路幅が広くても交通量が多いと子供の事故とか心配になります。

このように毎日の生活に影響する部分です。

今回は、土地探しに役立つ道路を見るポイントや、注意して欲しい部分を解説します。

・道路を見るポイント

・土地は道路の幅が大事な理由

・覚えておきたい「セットバック」とは?

このような内容の記事になります。

これから土地探しを始める方や、これから家づくりを検討する方には参考になる内容です。

 

【後悔しない土地探しのコツ】道路幅が大事な理由を紹介します

土地探しは、土地の大きさ、価格、エリア、この他にも確認しておきたチェックポイントがあります。その1つが「道路」です。

車社会の石川県。前面道路は通勤などで毎日使います。だからこそストレスの無いように道路環境も事前に確認しときましょう。

・あれ・・・こんな交通量が多いと思わなかった。

・実際に住んでみると・・・。思ったより道路が狭い。

このように後から気がついても遅いし、どうにもなりません。そうならない為に事前にチェックしておきたポイントを紹介します。

 

道路で気になる1位は交通量。

 

これは気になりますよね!小さな子供がいれば特に気になる部分。

自宅の前面道路も思ったより交通量が多かったんですよね。田舎なんで甘く考えてました。汗 僕も5歳の息子がいますけど、子供って道路に飛び出すんですよね。ヒヤヒヤした時も何回かありました。それからは、家の前じゃなく庭で遊ぶように。

車通りは多いよりも少ない方がオススメです。特に大通りに面している土地を検討している方は注意して下さいね。

 

もう1つ。注意して欲しい事があります。

土地を見に行ったときは交通量が少なかったから安心!!って思いますよね?これだけだと解りません。

時間帯によって交通量は全然違います。

特に、朝方、夕方は確認しておきたい時間帯です。もしも、余裕があれば平日と休日の交通量の違いも確認できるとベストです。1回だけじゃなく、色々な時間帯、平日や休日などに分けて見に行くと色々な発見があると思います。

 

道路の方角も確認しとこう。

道路の方角も確認したいポイントです。

理由は、道路の方角によって家の間取りは大きく変わりますし、リビングに入る日の光も全く違います。簡単に道路の特徴を紹介します。

・南面道路

日の光が一番に確保しやすい道路が南向きです。南には駐車スペース、さらに道路があるので日陰になる障害物がありません。明るいリビングにしたい!そんな家族にオススメ。逆に、道路面にLDKなどの部屋が並び、大きな窓が設置されるので視線が気になる可能性もあります。

・北面道路

基本的には、北向き道路に面してLDKなどの部屋は設置しません。南向きの明るい場所に設置するので、道路からの視線が気になりません。しかし、冬は注意が必要です。日当りが悪いので雪が全く溶けない。北風が強いなど。雪国ならではのデメリットもあります。

・東・西面道路

個人的にオススメな道路の向きです。家のプランニングの自由度が高く色々な間取りが可能です。しかし、南面に家があるとLDKに全く太陽の光は入らない場合もあります。土地を見にいく時には、南からの日の入り方、日陰の大きさはチェックして下さいね。

 

その中でも道路幅は最も大事です

土地を探す時に重要な道路環境。その中でも1番大事なポイントがコチラ!

道路幅は1番大事な部分だと思います。

当たり前やん。狭いの嫌やし・・・。って、声も聞こえてきそうですが。汗

 

でもね、この道路の幅は感覚的に狭いって思うんじゃなく「寸法」を把握して欲しいんです。

 

寸法で大事な数字は4m

4m以上の道路幅が理想です。この数字は大事だから覚えて下さいね!!

 

実際に4mは広いの??う〜ん、個人的には広いとは思えません。対向車がすれ違う時はギリギリの寸法。できれば道路幅は6m近くがオススメです。

 

4m未満は注意が必要

もしも、4m未満の道路に隣接した土地を購入した場合には「セットバック」が必要になります。

えっ!?セットバックって何!?

あまり聞く事がない言葉。でも、かなり重要なので内容は把握しておきましょう。

 

セットバックは、道路の中心から2mの位置までを
道路として提供し、そこには新しい建物や工作物をつくる事は出来ません。

4m以上の道路だとセットバックで土地を提供する事は
無いですが、4m以下だと土地を道路に提供する事になります。

 

セットバックの内容になります。

例えば、敷地の前面道路の中心から2mありません。1.8mしか無い場合は自分の土地20センチを道路に提供するイメージです。

 

もしも、セットバックを知らないで土地を買うと・・・。え〜〜〜〜〜!!なにそれ!!知らんだよ・・・。ってなります。土地を探す時には知っときたい言葉です。

道路は交通量も大事だけど、道路の寸法には特に注意して欲しいです。

 

最後に

今回は土地と道路の関係を解説しました。

土地は大きさ、価格、エリア。土地を購入する時に大事なポイントはありますが、道路も選択項目の1つに。特に石川県のような車社会では大事です。通勤で毎日使いますし、スムーズに通れないとストレスになります。

土地を探す時には、道路も注意して検討して下さいね。

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.