ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

敷地を確認するポイントやコツを教えます。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

敷地調査はご存知ですか?

こんにちは。

今日はお引渡しに、上棟。

おめでたい1日をすごしている パックン こと 高嶋 です。

 

いやー、お引渡しって感慨深いっすね♪

出会ったのは1年以上前ですしね。

寂しいような、嬉しいような。複雑な気持ちになるんですよね。

 

でもね、おめでとうございます!!

 

 

そうそう。

今日は敷地についての話です。

 

相談を受けてまず初めに確認するのが敷地。

敷地を見ないと計画が進んで行かないしね。

 

そんな敷地を確認してもらう事を敷地調査って言います。

 

 

どんな事を確認するの?

僕たちが敷地で確認する事は大まかにこんな感じ。

 

  • 土地の名義は誰の名義になって居るのか?
  • 水道や下水道の有無
  • 前面道路の接道や道路広さ。
  • 敷地境界がはっきりしているのか?
  • 宅地になっているのか?

 

こんな事を確認します。

 

お客様の方でこの項目を把握しておくと打合せがスムーズに進むので調べてみるのもオススメです。

 

 

調べてみると、、、

土地が亡くなった祖父の名義になってる。

水道を引込むのに大きなお金がかかる。

 

なんて事も過去に経験しました。

相続をして無い時って、たまにあるのよね。

 

でも、計画を進めた後で「マジかよーーーーー!!」ってなる前にキッチリ進める事がベストです。

 

建築会社に調べて貰うのがオススメ

自分たちで調べる事も可能だけど、時間や労力がかかって大変。

仕事や育児もあるしね。

 

なので建築会社のプロの方にお任せする方がお客様は楽だったりします。

 

  • 土地の高低差
  • 材料の搬入経路
  • 日当たり
  • 土地の計測

 

こんな専門的な事も業者さんだと調べてくれます。

1回調べて貰うとデータは使い回しする事も出来るしね。

 

特に土地の高低差や、材料の搬入経路はプロじゃないと解らないよね。

そしてお金も発生する項目なので要チェックです。

 

計画を進めるスタートにたつ時点でお金がどれだけ必要なのか?

まずはそこを確認してからスタート出来ると安心です。

 

良かったら参考にして下さいね♪

 

お盆からちょこちょこ行くようになったサイエンスヒルズ小松。

 

芝生も綺麗でチビを遊ばせるのに重宝しています。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2017 All Rights Reserved.