ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【石川県版】住宅ローンの金利や相場一覧からオススメを紹介!

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

家づくりを考えてる方に質問です?

住宅ローンを選ぶ時は何を基準に選んでいますか??

 

僕がよく聞く答え。

・友達が○○銀行で借りたから。

・給料の振込が■■銀行だったから。

・金利が安いから

 

こんな感じが多いです。

どれも間違いではありません。

でも、凄く大事なのは「自分で選ぶ」って事だと思います。

選ぶ基準の1つが「金利」

金利は各銀行で色々な商品があります。

今回は僕が家づくりのお手伝いをしている「石川県」の金利の相場をご紹介しようと思います。

石川県で住宅ローンを使って家づくりをする方は参考にして下さい。

 

住宅ローンの金利相場【石川県版】

石川県で多く利用されている銀行は「地銀」

地元の銀行の住宅ローンが多く利用されています。

実際に僕が家づくりをお手伝いしているお客様の8割は、地銀の商品です。

メガバンクの住宅ローンを利用した事はありません。

それぐらい地銀の力が強い地域が石川県。

 

そんな地銀の金利相場をご紹介します。

 

【石川県・2019 4月】住宅ローンの金利相場

*フラット35は団信付き・フラット35S

 

南加賀で住宅ローンを多く利用されている地銀の金利相場になります。

金融機関によって、商品や金利は違います。

共通項目として、固定期間が長くなれば金利も高くなるし、固定期間が短くなれば金利は安くなります。

 

短い期間が合う家族もいますし、長い期間が合う家族もいます。

この商品が1番最高!!

って、商品は住宅ローンにはありません。

「自分に合う商品を見つける事」が住宅ローンを選ぶ基準になります。

 

⇒賢く住宅ローンを選ぶポイントはコチラから

 

住宅ローンの商品特徴を掴む

このリストからは、金利以外の事も見えてきます。

それは、各金融機関がどの商品に力を入れているのか?

金融機関によって力を入れている住宅ローン商品は違います。

 

金融機関の特徴を掴むと、どの金融機関の商品が自分に合うのか?

そんな事も解るようになります。

 

2年固定・3年固定金利

短期固定金利は多くの金融機関が扱っています。

最も金利が安い2年固定。

この商品を扱っている金融機関は限られています。

 

 

3つの金融機関のみです。

最も安い金利で住宅ローンを活用したい!!

そんな場合は、この3つの金融機関で相談するとスムーズです。

 

短期固定の中でも最も商品が多い「3年固定金利」

 

2年固定は扱ってる金融機関が少ない印象でしたが、3年固定になると一気に増えます。

ほぼ全ての金融機関で扱っています。

金利を見てみると、0.6%~0.7%で横並びなのが現状。

こうなると・・・どの金融機関がいいのか?

選べないですよね。汗

 

そんな時の判断基準はここ!

金利の引き下げ幅が将来的に変わるのか?

すいません。意味が解りませんよね。汗

少し詳しく説明します。

 

3年固定金利の特徴は「3年間は金利が固定されます。でも、3年後の金利は3年後にしか解りません」

このような商品になります。短期間で見直す事ができるので金融機関も金利を低く設定する事ができます。

 

3年固定の金利をみてみると、0.6~0.7%です。

でも、この金利は「給料振込」「ライフラインの引き落とし」「カードの作成」など、金融機関のサービスを色々と使う事が条件となります。

多くのサービスを利用して頂く事で、金利以外にもお金を運用する事が出来るから「金利」も安く設定できます。

 

例えば福井銀行の3年固定を見ると0.7%です。

HPやカタログを見ると「店頭表示金利 年2.45%」と小さく表示されています。

気が付かない方も多いと思いますが、メッチャ大事な数字です。

 

「本当は2.45%の金利だけど、住宅ローンを借りる時に色々とサービスを使って貰うから3年間は0.7%にします!」

簡単に言うとこんな感じです。

では3年後はどうなるんでしょうか??

金利が店頭表示金利の2.45%に戻ったら金利は3.5倍になります。

家計に大ダメージを与えるレベルです。

 

そうならない為に金融機関によっては、返済終了まで金利の引下げ幅を変えない商品もあります。

3年後に福井銀行に行きます。

店頭表示金利が2.45%で変わらないと、次の3年も-1.75%されて金利が0.7%で借りる事ができます。

「金利の引下げ幅が変わらない」商品で短期固定は選んでみてもいいと個人的には思います。

 

⇒住宅ローンは何を基準で選んでるの!?

 

10年固定金利

10年固定金利で力を入れている金融機関を見ると。

JAが強いですよね。

この中では一番低い0.8%になります。

逆に2年固定や3年固定が強かった金融機関は1%を超えています。

長期固定金利には弱い、もしくは力を入れていない事が解りますよね。

固定期間が長くなればお客様は安心です。

でも、金融機関にはリスクもあります。

 

金利が上昇した時に、金利が低い固定期間が長いと金融機関としては赤字です。

これが金融機関にとってのリスク。

だから、期間が長い商品の金利は高くなります。

 

中期的な商品を選ぶ場合には、JAや労金がオススメになります。

 

35年固定金利

35年間という長期金利を扱ってる金融機関は、ほぼありません。

僕が知っている限りでは労金のみ。

でも金利は1.8%と高いですよね。汗

 

そんな時にオススメな商品は「フラット35」になります。

35年間という長期的な金利でも破格の1.27%で利用する事ができます。

35年間。金利が変わらない「安心感」が欲しい方にはオススメです。

 

フラット35には注意事項もあります。

・家が完成した時の金利が適用される

・手数料が高い

・受付する窓口によって金利が変わる

 

民間の金融機関はドンドン手数料が下がってきています。

有料どころか無料という金融機関もあります。

フラットの場合は借入金の約2.1%が必要になります。

2000万円だと42万円。

結構な金額なんですよね。

 

フラットの受付は銀行でも行ってます。

でも、受付をする窓口によって金利が変わるローンがフラット35。

最安値の金利で活用しないと意味がありません。

シッカリと最安値の窓口を調べてから受付するようにしましょうね!

 

最後に

今回は石川県で活用されている金融機関。住宅ローンの商品にスポットを当てて紹介しました。

石川県でも僕が活動するのは、主に南加賀になります。

能登の方や金沢では少し状況が違うかもしれません。

そうだったらすいません。汗

でも、考え方や選び方は銀行が変わっても同じだと思います。

あなたに合った住宅ローンを見つける参考になると嬉しいです。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.