ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

賢く住宅ローンを選ぶポイント。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

今日は能登に釣りに行く予定だったけど、天気予報がドンドン悪くなり。。。

悪天候の為に中止。涙

秋も終盤になって来たし、最後にもう少し行きたいな~。

 

今日は賢く住宅ローンを選ぶポイントを少しご紹介。

 

目先の金利よりも長い目で。

 

住宅ローンを選ぶ時に気になる金利。

安いに越した事はないし、低い金利の銀行を選ぶ傾向にあります。

金利が安いって事は返済金額も安くなるし。

 

仮に3000万円を借りた場合。

0.4%だと約76,000円

1%だと約84,000円

 

同じ借入金額なのに、金利が違うだけで結構違います。

この金額を見ると金利が低い商品が魅力的に見えるよね。

 

住宅ローンは長期で返済します。

 

金利が低い商品には良い事ばかりじゃ無く、やっぱりデメリットもあります。

それは、短期固定って事。2年とか3年とかね。

 

短期固定の場合は、3年後に銀行から更新のお手紙が届きます。

その手紙を持って銀行に行き、これからの金利を再度選びます。

この時に金利が借りた時と同じ保証はありません。

 

もしかしたら、下がってるかもしれないし、上がってるかもしれない。

下がってくれると嬉しいんだけど、上昇してると返済額も上昇します。

 

最初に借りた金利。最初に提示を受けた返済額が35年間続く。

って事は無い可能性が高い。

そう思って住宅ローンを選ぶ事が大事ですよね~。

 

目先の返済額よりも総返済額を意識しよう!

 

総返済額って??

あなたが35年間で返済したローンの合計額をいいます。

 

3000万円を借りて3000万円を返す訳じゃありません。

ここに金利が乗っかります。

 

仮に3000万円を金利1%で35年返済で返済する場合。

コツコツ35年間返済した場合には、約3500万円を返済している計算になります。

 

もしも、金利が上昇して1.5%で返済した場合。

約3800万円を返済して完済する計算になります。

 

金利が変わる事で完済する金額も変わります。

この金利の変動に上手に対応できるように、住宅ローンを組む前にしっかりと

計画を立てる事は大事。

後から、ローンを変える。計画を変える。って本当に大変だから。

 

まずは、住宅ローンを安心に返済していけるのか??

シュミレーションする事から始める事をオススメします。

良かったら参考にして下さいね。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.