ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

住まいのメンテナンス。クロスがひび割れちゃった時の対処方法。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

珪藻土やクロスがひび割れしちゃった・・・

新築時には綺麗な仕上がりの壁面。
クロスや珪藻土で仕上げる事が多いんですね。

でも、1年ぐらい経過すると、ほぼ100%でクロスや珪藻土にひび割れが発生します。
ひび割れが出たから家が壊れる訳じゃないよ。

最初の1年目のメンテナンスはほぼ壁です。

あっ、1年目のメンテナンス担当の パックン こと たかしま です。

 

サワダの場合は、柱や梁。構造材って言われる部分も無垢材を使います。
無垢材は生きてて呼吸してる材料なので、気温や湿度の影響で木が動くんですね。

壁の中で無垢材が動くと表面に施工してある仕上材。クロスや珪藻土がピリっと割れるんですよね。

そんなデメリットも含むのが無垢材の特徴だったりします。

 

無垢材は動いてる。

新築に住み始めると「ビシ!!」とか「バシ!!」とか結構大きな音が聞こえる時があります。
これは木が動いてる証拠なんですよね。

大きな音でビックリするけど全然大丈夫です♪

構造材は乾燥材を使って施工してるんですけど、新築後もまだ乾こうとするのね。

完成時にはピタっと来てた部分も時が経つと、これだけ隙間が出来るんすよね。
伸縮して縮んだって事。

こんなんを見ると木って不思議やな。って思う訳です。

珪藻土の場合は施工後が最も多く水分を含みます。
そして、徐々に乾いていくから完成後も少し縮むんですよね。

乾燥するとこんな感じで隙間で出ます。

この部分も完成時はピターーーー!!って来てたんだけどね。

クロスや珪藻土がひび割れ起こりにくい施工をしてるんだけど、完璧には止まらないのが現状です。
いやー、こんなん嫌やなー。って思う方は自然素材を使う事をあまりオススメしません。

 

ひび割れ対策の方法

いきなりひび割れを見つけるとビックリして業者さんにメンテナンスを依頼したくなります。
でも、そこをグッと我慢して欲しいんですね。

春夏秋冬を体験させて下さい。
1年を通して湿気の多い季節もあれば、乾燥してる季節もあります。

そんな新築時1年目は構造材が最も動きやす季節。

3ヶ月でメンテナンスしても、すぐに同じ状況になる可能性が高いんですよね。
また業者さんが来る。って家族にとっても時間も取られるし手間ですよね。汗

1年を越えると構造材の動きも落ちついてきます。
この段階でメンテナンスを入れるのがベストの時期だったりします♪

クロスのひび割れや、無垢の伸縮で少し悩んでる方は参考にして下さいね♪

 

昨日は久しぶりに焼肉なんて行って来ました。
ビールは無しでライスっす。

ライス大とタレを付けた焼肉の組合せって最強ですよね!!
考えた人は天才やな。って思った木曜日。

 

OB様の外構工事が仕上がりました。
夏になると雑草が生えて嫌だから。って事でコンクリートを打設。
その中でも子供が遊べるように砂場も作りました♪

いい感じに仕上がったね!!
社長。ありがとうございます!!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2017 All Rights Reserved.