ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

建具で変わる!!部屋の広さの感覚。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

建具の高さは大事ですよね。

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー ぱっくん こと 高嶋 です。

 

4時からは会議。

あと30分で始まるので、急いでブログを書いてます。

終わらないやろな〜。笑

 

小さな工務店だけど、2週間に1回は会議でお互いの進捗を報告しています。

全員が集まるって意外と大事だよね。

 

 

今日は建具のお話。

建具って何!?

 

これっす。

 

ドアや引戸。

出入り口に使うドアや引戸を建具といいます。

 

 

この建具。

写真を見て貰うと解るんだけど、高さが2mです。

そして、天井は2.5mあります。

 

建具と天井の間には50㎝の壁が出来る。

これが一般的な施工。

 

でも、このドアが天井まである建具もあります。

サワダでも使う時があります。

 

神谷コーポーレーション さんの建具。

神谷コーポーレーション HPより引用

 

床から天井までの高さがある建具。

この建具のラインナップがメッチャ多いです。

デザインも素敵だしね♪

 

建具の高さがある事で、室内の空間をより広く、より明るく見せる効果があります。

 

注意点もあります。

実は色々なメーカーからハイドアは出てます。

 

注意点が1点。

それは反りやすいって事。

 

高い建具と使うと、建具が反っちゃう可能性があります。

そうすると、開きにくい。閉めにくい。

そんな現象が起きるんですね。

 

これがハイドアを使う上でのデメリット。

その辺に、どんな工夫があるのか??

しっかり確認して使いたいですよね!!

 

神谷さんの建具は反り強く、特許も取得しています。

この反りに対して、しっかりと対策している神谷さん。

ハイドアの先端を走るメーカーですよね♪

 

サワダでは1Fに使います。

基本的には1Fに使います。

2Fには使わないようにしています。

 

これは僕たちのルールだけどね。

このハイドア。高さが2400mmあります。

2Fまで運ぶのが本当に大変。汗

 

特に階段まわり。

そして、2Fの廊下。

 

回転が難しい部分が多いのが2Fなんですよね。

そこで、デカイドアを運ぶ時に傷をつける事もシバシバ。汗

なので、基本的には1Fのみで使用しています。

 

最後に

僕が家を建てた時には、メッチャ高くて使えなかったドア。

でも、流通ルートが確保されてお手頃に手に入れる事も出来るように♪

 

webが発達したから出来るようになったみたい。

ネットで凄いよね!

 

そして、昔はデザインも良かったけど、品質が全然違います。

やっぱり改良、改良なんだよね!!

 

神谷さんのドア。

僕はいいな〜。って思いました。

良かったら参考にしてくださいね!

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.