家づくりでよく聞く屋根の形状一覧。

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー ぱっくん こと タカシマ です。

 

これから金沢市で始まる新築工事。

まずは解体から。って事で現場でお施主様と、現場監督と一緒に打合せ。

小松とは違い、近隣が近くて交通量も多いから気をつけて工事していきますね!!

 

 

今日は家づくりでよく聞く屋根の形の多くをご紹介。

専門用語だけど、覚えておくと打合せもスムーズに進みますよ♪

 

切妻屋根

 

切妻屋根は石川県では一番多く見る事が出来る屋根。

サワダでも6~7割のお客様は切妻屋根で施工していきます。

 

和モダンのデザインにマッチしやすい部分。

そして、単純な屋根なので雨漏りの心配が少ない。

そんなメリットが多い屋根でもあります。

 

雨漏りの依頼を受けて現場に行くと、複雑な屋根の場合が多い。

シンプルな屋根が長持ちする秘訣かもしれませんよね♪

 

片流屋根

 

このタイプも多く見ます。

片流屋根。

 

字のごとく、片方に流れるように作るから「片流屋根」って言います。

これまた、シンプルな屋根なので雨漏の心配も少ない屋根。

 

シンプルな外観。スタイリッシュな外観を希望の方にはピッタリの屋根。

瓦で施工する事も出来るけど、板金素材で施工した方がシックリきます。

 

黒の外観が渋いよね♪

 

寄棟屋根

4方向に傾斜する屋根を持つ屋根。

雨が降った場合には4方向に流れるので、雨仕舞が良いとされてます。

4方向の屋根に雨樋も設置する必要があるので、コスト的には切妻や片流れに比べてアップします。

 

ドシっとした、高級感溢れる外観になる事間違いなしです。

 

入母屋屋根

 

和風建築に多い屋根。

屋根の構造も複雑で、施工も難しい屋根。

 

僕が建築業界に入った2.3年は見た事があります。

でも、それ以降は見た事がありません。

 

大工の腕と知識が必要な屋根。

木材、瓦、大工さんの人工。

一番コストがかかる屋根です。

 

純和風建築が好きな方にはピッタリの屋根。

個人的な経験だけど雨漏りには一番弱い。

そんな一面も持っている屋根です。

 

最後に

この4種類の屋根が一番多く見られます。

専門用語を少なく説明しよう。と思ってもついつい。。。

 

この4種類の屋根を覚えておくと、自分たち家族の家はどれなのか??

どの屋根が好きなのか??を伝える。

そんな風に打合せもスムーズに進みます。

 

良かったら参考にして下さいね。

予約制見学会を開催します

 

プロフィール

高嶋 圭
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。家づくりの情報・子育ての事を発信しています。