ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【新築の疑問】お風呂やトイレに窓は必要なのか??設置しようか迷ってます

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける小さな工務店の代表です。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今日は息子の保育園は早帰り。

なんと!!

11時30分には帰ってきます。

嫁さんは仕事なので、息子と二人の時間。

遊びに行きたいけど、年末で仕事が立て込んでまして。汗

息子と一緒に仕事に励もうと思ってる タカシマ です。

たぶん無理やろね。(笑)

 

現在は、来年から着工するお客様との打合せ。

間取りも決定し、まずは窓の大きさ、形状、などを確認していきます。

見学会やモデルハウスを見学する時、間取りを考えてる時には、窓ってあまり注意して見ませんよね。

さらに、形状によって網戸の開閉も変わるので、虫が嫌いな方には大きな問題になります。

虫が入ってくるような形状だと、全く開けない窓になるので。

 

そして、窓の大きさ。

ここも決めていくんですが・・・。いざ考えると、なかなか迷う部分だったりします。

後から変更がきかない部分だし、慎重になるのが窓の打合せ。

その中でも、最近は大きく変わってきたな~。って思うのは、お風呂、トイレの窓について。

この部分を紹介しようと思います。

 

【新築の疑問】お風呂やトイレに窓は必要なのか??

僕が建築業界に入った20年前は確実にありました!!

・お風呂の窓

・トイレの窓

でも、最近は設置しない場合も増えてきまして。

最初の方は「えっ!?本当に必要ないんですか!?」って言ってました。

あるのが当たり前って思ってたので。汗

ただ、お客様の意見を聞いてると、なるほどな~。って思う事も多かった。

実際に、僕もトイレの窓って開けた事がありません。

開けない窓は必要ない。

そんな感覚の方には参考になると思います。

 

お風呂の窓を設置しない理由とは!?

昔は大きかったお風呂の窓。

時代と共に、どんどん小さくなり、さらには無くなる事も。汗

なぜ!?お風呂の窓は無くなっていくのか??

僕がお客様からお聞きしてなるほど!!

って、思った理由がコチラ。

 

掃除が面倒だから

これなんですよね。

凹凸があると、確かに掃除は面倒。

なので、お風呂の鏡、カウンター、棚など。

このような部材も、どんどん選ばれなくなってます。

 

お風呂の壁面の掃除は楽だけど、カウンターまわり、鏡まわり、など。

凹凸がある部分はカビも発生しやすし、掃除に時間がかかるのは解るな~。

そして、窓も同じですよね。

窓枠の凹凸部分。

この部分の掃除も確かに面倒。

 

このように掃除する部分を減らした方は、凹凸を極力少なくする方法もアリですよね!!

 

トイレの窓を設置しない理由とは!?

そう。

最近はトイレの窓も少なくなってきました。

その理由を聞いてみると・・・。

「だった、アパートにも無いじゃないですか??」

う~ん、確かに。

アパートに無くても困らなかったし、あっても開けません。

このような意見をよく聞きます。

 

昔は、トイレに窓を設置しないと・・・。

こんな暗いトイレはありえんぞ!!

って、怒られたもんです。汗

そんな、おじさんの体験談を話すと・・・。

 

「タカシマさん、そんなトイレにいる時間が長いんですか??照明もあるし問題ありませんよ!!」

 

思わず・・・。確かに。って言っちゃいました。(笑)

どうせ開けないんなら必要ない。

このような考えも必要な時代になっていくんですね。

 

ちょっと待って!!換気はどうなる??

そうなんすよね。

僕の実家も同じですが、昔は換気扇が設置されてませんでした。

お風呂の換気といえば、窓の存在が大きかったんですね。

しかし、現在は換気扇が必ず設置されてます。

僕もお風呂あがりには換気扇をまわします。

当たり前ですが。汗

その時に窓は開けてません。

防犯的な側面もあるし、窓を開けない方が換気の効率もあがるから。

アパートにも窓はついてないけど、換気扇で十分じゃありませんか??

 

なので、現在のお風呂では、窓が無くても換気は問題無いと思います。

換気で窓をつける。って選択肢は外して考えても大丈夫ですよ!!

 

最後に

今回は「お風呂やトイレに窓は必要なのか?」って内容です。

あるのが当たり前って感覚で設置したので、無くても確かに困らないかも!?

これは個人の価値観ですけどね。

 

ただ、最近は小さくなる、または、無くす事が多くなってきましたので。

固定概念を外して検討してみるも1つですよね。

 

良かったら参考にして下さいね!!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける小さな工務店の代表です。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.