ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

YKK:APW430 窓の断熱を考える!!トリプルサッシという選択肢

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

雪が降って凄い寒い石川県。

40代を超えてから特に寒さに弱くなりました。汗

手もカサカサになっちゃうしね。汗

モコモコになってブログを書いてる タカシマ です。

 

今回は「トリプルサッシ」について紹介しますね。

性能が良い!!って事は理解してるんですけど・・・。

全く使った事がありませんでした・・・。汗

理由は価格が高いだろ。

ここなんですよね。

 

何年前かな。

一度だけトリプルサッシで見積りを業者さんにお願いした時がありまして。

出てきた見積りを見てビックリ!!

「ええーーーー!!こんなに高いのーーー!!」

すいません。

正確な金額は忘れたんですが。汗

ただ、金額の高さに採用されず、それ以降も僕の頭の中は「トリプルサッシは高い」ってインプットされまして。

そこから提案する事もありませんでした。

 

しかし、建築中のオーナー様の要望で再びトリプルサッシと出会う事に。

見積りを取ってみたんだけど・・・。

あれ!?こんなに安かったかな??

って、見積りが間違ってるんじゃないか!?

不安になり連絡したけど、当然ですが合ってました。(笑)

案外と手の届くようになった「トリプルサッシ」について紹介しますね!!

 

YKK:APW430 窓の断熱を考える!!トリプルサッシという選択肢

断熱の仕様や数値は気になるけど、サッシまでは気にしない。

そんな方も多くいます。

でも、断熱も大事だけど、僕は窓の性能って凄い大事だと思うんですよね。

一番、熱が逃げる場所が窓なので。

極論ですが、窓が小さく、数も少ないと、勝手に断熱性能は上がります。

壁面が多くなれば開口部も少なくなるので。

 

では、一般的に使われてるペアガラスとトリプルガラス。

どれだけ性能が違うのか??

ちょっと比較してみますね!!

 

窓の性能値を比較してみよう

YKKHPより引用

窓の数値は「熱貫流率」によって表されてます。

この数値はAPW330より引用しています。

この数値が低ければ低いほど、窓の性能が高いってイメージです。

昔に比べるとAPW330でも十分に高性能なんですけどね!!

 

これがトリプルガラスに変更すると・・・

これだけ熱貫流率が下がります。

なんと!!

1を切ってくるんですね!!

 

窓の大きさや形状によって数値は変わってきますので。

参考までに。

 

遮音性能も高い

実際に現場に入れる時に大工さんのお手伝いに。

ま~、ビックリするぐらい重い・・・。

さすがトリプルガラス。

窓でこれだけの重量があれば、性能もバッチリだと思います。

 

トリプルサッシは断熱以外にも、遮音性能でも効果を発揮します。

単純にペアよりも、もう1つ複層部分が多いので。

これだけで効果がありますよね。

 

小松市は自衛隊もあるので、戦闘機が飛びます・・・。

僕の自宅も爆音地域に。

トリプルサッシにしたから戦闘機の爆音が劇的に変わる。とは、思いません。

しかし、緩和される事は間違いないと思うんですね。

僕も入れときゃ良かった。汗

 

デメリットもあります

そんな万能なトリプルサッシ。

でも、メリットもあれば、デメリットもあります。

実際は性能面は抜群です。

しかし、窓の種類が他のシリーズに比べて少なくなります。

 

あれ!?この窓ないんだ!!

ええ!?この大きさないんや!!

って、打合せをしてても何回もありました。汗

僕の知識部分なんですけどね。

 

なので、窓にこだわりがある方や、網戸の開閉が気になる方は事前に確認が必要です。

設置した後だと・・・。どうにもならないので。

窓の性能上ですが、ピチッと閉まる窓が多いので、特に網戸は気を付けましょうね!!

 

トリプルサッシをコストを下げて使う方法

コストが下がった!!と言えど、やっぱり高い窓なのは間違いありません。

特に大きな差が出る窓があります。

それは、掃出し窓。

家の中でも一番大きな窓で、人が出入り出来る窓。

この窓が多くなると、差額も一気に増加します。

逆に、小さな窓。

洗面やトイレなどで使い窓。

コチラの差額は可愛いもんです。

 

個人的には、大きな窓の数を抑える、無駄な窓をつくらない。

ここがトリプルサッシを使う時のポイントだと思います。

掃出し窓だらけの家だと一気に高くなると思うので。

 

無駄な窓をつくらない。

ここがコストかけないで、性能を向上させる。

大きなポイントだと思います。

 

良かったらトリプルサッシも参考にしてみて下さいね!!

あっ!!

YKKさんの回し者でも何でもありませんよ。(笑)

 

最後に

今回は「トリプルサッシ」を紹介しました。

simplenoteを建築中のY様との出会いが無かったら、まだ触った事も無かったと思います。

でも、食わず嫌いというか、固定概念は駄目ですよね。

高い!!って思い込んでたので。汗

 

これは家づくりにも言えること。

あなたも固定概念にとらわれない。

そんな家づくりを計画して下さいね!!

 

良かったら参考にして下さいね!!

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.