ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

新築で外観にこだわりたい!あなたに伝えたいたった1つの事

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

はじめて「おついたちまいり」に行ってきました。

あまり願掛け的ななのには興味が無かったんだけどね。汗

でも、行ってみたら清々しい気持ちになったし、気持ちもリセットされる感じで。今月も頑張ろう。って思えました。

神社って不思議な場所だな。って思う タカシマ です。

これから毎月、続けていこうと思ってます。

 

今回は「外観にこだわりたい!あなたに伝えたいこと」を紹介します。

新築を建てる方で「外観はどうでもいいです」って、そんな方はいないと思います。汗

せっかく新築を建てるなら、あなたもカッコイイ外観にしたいですよね!

僕も自宅を建てた時は同じでした。

間取りにもこだわるけど、外観もオシャレにしたい!

これは家づくりを考える誰もが思うこと。

 

しかし、間取りの中に自分たちの要望。

これもしたい!

あれもしたい!

を反映すればするほど、外観はドンドンと微妙になっていきます。汗

よくありませんか??

最初に提案して貰ったプランが一番よかった!!って経験。

あれがまさに!!って感じです。

 

今回はオシャレな外観をつくる為のポイントを紹介します。

 

新築で外観にこだわりたい!あなたに伝えたいたった1つの事

要望が多くなると、外観が微妙になっていくのは何故でしょうか??

それは、僕たちがお客様の要望を聞いてしまうと、図面に取り込む必要があるから

ここなんですよね。

やっぱり聞いちゃうと、無視する訳にもいきません。

図面を見たお客様は「アレ!?伝えてた要望が入ってない・・・」ってガッカリしますし。

 

ただ、僕たちは間取りと外観のバランスを考えて家をつくります。

しかし、お客様との打合せで使う図面は90%は間取り図ですよね。

なかなか立面図を見ながら間取りを決める事はありません。

間取り図だけを見て希望を伝えていくと・・・

・窓の形やサイズがバラバラに

・エアコンの室外機が正面に見える

・エコキュートが微妙な位置に

・換気扇のダクトカバーが正面に

・2階のトイレの窓や、換気扇が目立つ

このような問題が発生する場合も多くあります。

これって立面図やパースで確認できる部分もあれば、できない部分もあります。

エアコンの室外機なんて典型的な例ですよね。

家も完成に近くなったし、エアコンを設置してみると・・・。

あれ!?こんな場所にエアコンの室外機が・・・。

 

なので、大事なポイントはここ!!

間取り図だけを見て、間取りを変更しない。

これだけでも外観は大きく変わると思います。

 

なんでこの外観になったのか?説明して貰おう

ここは大事だと思います。

間取り、外観を提案して貰う時に・・・。

「外観はこの形にしかなりませんでした」

って、提案をされる事は無いと思いますし、理由があって外観が出来てて当たり前だから。

その意図をしっかりと説明して貰いましょう!!

 

例えば、こちらの外観。

素敵じゃないですか??

個人的には凄い好きなんですよね~。

真っ白な外壁に、木目のアクセント。って、見える部分のアクセントもあります。

しかし、もっと大事な部分が!!

そう。目に見える部材が凄い少ないんですね。

 

正面には、エアコンの配管も、エコキュートも、換気扇のカバーも、何もありません。

あっ!!実際はあるんですよ!!

しかし、正面から一切の存在感を消しています。

この外観は、玄関ドアでさえ正面から見えないように工夫しているんですね。

どうですか??

無駄なモノが無い外観って美しくないでしょうか??

こんな感じで外観の見え方まで考えて間取りを設計すると、家の外観もオシャレに美しく仕上がります。

 

そして、もう1つ。

外観を提案する時に大事にしているポイントがあります。

それは、メンテナンス。

無駄な装飾を省いて、家が汚れる原因を抑えています。

窓が多くなれば、必然的に増える汚れがあります。

そう。雨垂れですよね。汗

あれが、本当に外観を損ないますし、外壁の塗替えなどのメンテナンスが発生するわけです。

外観が汚れてくると、築5年の僕でさえ早くもメンテナンスしたくなってます。汗

 

家の外観を美しく設計すると・・・

当然ですが、オシャレな外観になります。

さらに、圧倒的な存在感が出るので無駄な外構費用や、装飾費用が必要なくなります。

すると、素敵な家で暮らすだけじゃなく、外構費用を抑える、メンテナンス費用を抑える、余計な費用をカットする事が可能です。

素敵な家をより安く手に入れる事が可能になるんですね!!

 

この外観になった理由。

をしっかりと説明を受ける。ここは本当に大事です!!

ちゃんと説明を聞けば、図面の印象も大きく変わりますしね。

 

最後に

あなたに提案するプランは、部屋の配置、動線はもちろん熟慮しています。

さらに、外観、防犯、プライバシー、そして、耐震や予算など。

すべてを同時に考えて出来上がった間取りなんですね。

当然だけど、色々と変更したい部分も出てきます。

これは仕方ない。

しかし、自分で考えないで、一度、設計士さんに任せてみてはどうでしょうか??

その方がトータル的に素敵な暮らしやすい家が完成する。って、個人的には思います。

 

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.