ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

収納の勘違い!図面に収納の文字が多いと満足してしまう

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

最近は土日の予定がパンパンです。

敦賀で他社さんとも情報交換をしたら、どの会社さんも忙しいようで。

コロナの影響で家づくりのスケジュールが被ってるんでしょね。

なかなか打合せ時間を作れなくて・・・すいません。汗

申し訳ない気持ちと、焦る気持ちが複雑に混ざってる タカシマ です。

 

今回は「収納」について。

「収納は少なくて大丈夫ですよ!!」

って、方には出会った事がありません。(笑)

あなたも収納は多く欲しいですよね!

そう。みんな同じ。

 

ただ、無駄に収納を多くする。広くすると・・・。

家の面積は大きくなり、コストアップに直結します。

なので、コストを上げないで収納力を上げる。

ここが大事なんですね!!

その為には、収納に対する知識を身につけましょう。

 

収納の勘違い!図面に収納の文字が多いと満足してしまう

今回は、収納を考える時に役に立つ!

2つのポイントを紹介します。

まず、1つめ。

収納を多くつくれば、使いやすい収納になる訳じゃない

えっ!?少ないよりいいやん!!

確かに。

でもね。こんな経験はありませんか??

収納の中に何が入ってるか解らない。

僕もあります。汗

収納で大事なポイント。

 

それは、管理しやすい収納を計画する。

 

例えば、家族が集まるリビングダイニング。

もう細かい物から、大きな物まで色々とあるはず。

書類、ハガキ、薬、文房具、子供のおもちゃ。

でも、いろんな場所に収納を作った家は、これらを管理しやすいでしょうか??

 

管理しにくい収納をつくると・・・。

どこに置いたかか解らなくなります。

そして、必死に探すんですが、なかなか見つからずに・・・。

しびれを切らして、買った方が早いやろ!!

って、同じ物が増えていくんですよね。汗

これは、誰でも経験があるんじゃ!?

 

結果的に、収納が多いのに物が増える。

物が増えると、収納の中がゴチャゴチャに。汗

そして、また整理する為に収納家具を買い、収納しやすくする。

その家具のせいでリビングダイニングが狭くなる。

これだと、収納を作った意味がありませんよね。

 

無駄に奥行きが広い収納も注意が必要

実家の押入れを想像して下さい。

たぶん、布団や高級そうな座布団が入ってると思います。

布団など大物を入れるには活躍します。

しかし、小物を収納するには管理しにくいんです。

 

その理由は・・・

奥から収納してくるから。

奥に物を収納しても、手前には収納スペースがあります。

奥行きが広いから。

なので、手前にも物を置いてしまう。

しょうがない。だって、スペースがあるんだもん。

すると、奥の物は取り出しにくくなり、何を置いたのか!?忘れてしまいます。

 

結果的に、収納の中がゴチャゴチャしますし、収納家具を購入したり出費も増えます。

僕もそうだけど、複雑になればなるほど管理できないし、覚えれません。汗

なので、収納を計画する時は管理しやすく!!

ここがポイントですよね。

 

収納は壁面積で考える

間取りを見ると、収納の文字が多いか?少ないか?で収納の量を判断してしまいます。

でも、あなたは床に物を置きますか??

間取りは真上から見た図面です。

 

どちらかというと、棚に物をおきませんか??

そうなんです。

収納を計画する時には、収納の文字を探すんじゃなく。

どれだけ棚がかかるのか??

ここを注意して確認して欲しいんですね。

 

床から天井までは2m40㎝の高さがあります。

この高さをどれだけ有効に使えるか?

ここが大切です。

 

床面積で収納を考えると、収納をどんどん増やします。

その結果、家が大きくなり、コストも上がります。

予算オーバーになり収納を減らす・・・。

これだと満足いく家づくりが出来ない。汗

 

でも、壁面積で収納を考えると、床面積が小さくても壁が十分にあれば、棚板をしっかりと確保できるし、収納力もバッチリです!!

なので、収納を計画する場合は収納を広くつくるんじゃなく、管理しやすい収納。壁面積が多い収納。を計画する事が大事になります。

この視点で収納を考えると、使いやすい収納になるので。

良かったら参考にして下さいね。

 

最後に

今回は収納について紹介しました。

あなたも収納は多く欲しいはず。

収納をつくるにもコストが必要です。しかし、コストをかけても使いにくい収納も実際にあります。

そうならない為にも。

管理しやすい収納を意識して作ってみて下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.