ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

平屋には何坪の土地が必要??本当に広い土地は必要なの??

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今週末からお盆休みの方も多いのかな??

僕は来週からですが、連休を楽しみにして今週もコツコツと頑張ります。

あなたも最後の1週間。

一緒に頑張りましょうね!!

今週は打合せ満載な タカシマ です。

忙しいけど、たくさんの相談を頂いて有難いです。

 

今回は平屋を建てるには広い土地が必要なのか??について。

平屋。って聞くと、どんな言葉を連想しますか??

たぶん・・・「値段が高い」ってイメージ。

これが一番じゃないのかな??

そして、2番目には「広い土地が必要」ってきます。

平屋は1階が広くなるので、広い土地が無いと叶えられない。

そう思う方も多いんですね。

 

でも、平屋は価格が高いのか!?って言うと、そうじゃないし、土地も思ったよりも小さな面積で大丈夫です。

 

えっ!?本当に!?

ええ。今回は最小限の土地で平屋を建てれる理由を紹介しますね。

 

平屋には何坪の土地が必要??本当に広い土地は必要なの??

土地を探す時には不動産屋に相談にいきます。

平屋を考えてる。って伝えると・・・

「あ〜。平屋なら80坪〜100坪は必要になりますね」

って、言われたお客様もいます。

家を建てる意外に。

・家庭菜園をしたい

・ガーレジを建てたい

・広い庭が欲しい

このように敷地の要望が多い場合には大きな土地が必要かも!?

しかし、家を建てるだけなら・・・。

60〜65坪の土地で問題ありません。

これぐらいの土地があれば、4人家族で十分に暮らせる平屋が可能なんですね。

 

図を書いてみました

これくらいの面積を建物にかければ、4人家族が暮らす為の間取りは可能です。

さらに、駐車スペースも確保できます。

もしも、窮屈に感じるようなら少し広めの土地を探すのもアリです。

思ったよりも広い土地は必要ないでしょ??

 

しかし、不動産屋も住宅会社も固定概念があり。

「家=2階建て」

このように考えてるから、60坪の土地には2階建てを考えます。

その理由は、ほとんどの方が2階建てから考えるし、実際に建ってる建物も2階建てばかりです。

まだまだ2階建てが一般的な業界だからです。

 

なので、あなたが平屋を希望してる。って伝えると・・・。

60坪の土地ではなく、80〜100坪という広い土地を勧められるんですね。

 

広い土地のデメリットとは!?

そっか〜。ま〜、広い土地でもいいかな!?

ちょっと待って!!

敷地が広い。ってメリットもあれば、デメリットもあります。

 

広い土地を購入する最大のデメリット。

それは、なにもかもがコストアップする・・・

ここです。

 

当然ですが、土地は広くなれば高くなります。

坪単価×大きさ=土地の価格

これが一般的なので。

 

もしも、60坪で平屋を建てる事が可能なのに、100坪の土地を買った場合。

その土地の坪単価が10万円だとします。

60坪と100坪で40坪も違うので、40坪×10万円=400万円。

土地だけで400万円も余分にかかります。

 

これだけじゃありません。

敷地が広くなると外構費用も高くなります。

敷地を整地したり、コンクリートを施工する、防草シートを敷く、何をするにも面積が増えるので。

その結果、外構工事も高額になります。

 

さらに、固定資産税。

当然ですが、60坪と100坪だと固定資産税額も違います。

100坪の方が固定資産税も高くなります。

住宅ローンには終わりがあるけど、固定資産税には終わりがありません。

思ってるよりも高額な税金を毎年納める必要があります。汗

 

そして、最後に。

広い土地で一番大変なこと。

「庭の維持管理」

これが凄く大変です。

特に雑草関係。

 

僕は真夏に草むしりが嫌で、まわりを全てコンクリートで施工しました。

それぐらい嫌だったんです。汗

若いうちは身体も元気だし、暑さも耐えれますよね。

でも、考えてみて下さい。

僕たちも歳をとります。

歳をとったからって、庭の管理は無くなりませんよね?

若い時と変わらずに、炎天下で草むしりが待ってます。

考えただけで・・・。ゾッとします。

 

足腰が弱ったら2階の往復と並んで大変だと言われてるのが・・・。

庭の維持管理なんです。

 

なので、コスト的に考えても、将来的なメンテナンス的に考えても、無駄に広い土地は必要ない。

そう個人的には思います。

 

土地は住宅会社と探すもの

土地選び、土地探しは不動産屋とするんじゃなく、住宅会社と一緒に行う。

これが、土地探しの秘訣だと思います。

 

でも、その前に大事なポイント。

まずは、無理の無い資金計画をする。

その資金計画の中で、いくらなら土地に予算をかけれるのか?

ここを明確にする必要があります。

さらに、土地を探す前に住宅会社を決める。

ここも大事なポイント。

住宅会社によって価格帯も大きく違います。

土地を決めた後に、家の見積りを貰って・・・。

マジか・・・。予算オーバーやん。

そうらない為にも、土地を探す前に住宅会社を決めましょう。

 

土地に無駄なコストをかけない。

その為には、正しい知識をつけて家づくりを進めましょうね!!

 

最後に

今回は平屋には必要以上に広い敷地は必要ない。

そんな事を記事にしました。

平屋には大きな土地が必要。って思う方が多いですが、どんな希望が敷地にあるのか??

ここが重要で。

一度、ラフで書き出してみる方法もアリですね。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.