ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【間取りギャラリー】玄関からキッチンへ移動できる便利な動線

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ここ最近は土地を探しまくってます。

だぶん・・・。土地から始める方は一緒で必死に探してる時期なのかな。

良いのが出れば売れるし、情報が少なくて四苦八苦してます。汗

動き出す時はタイミングって被るもんだな。

改めて思ってる タカシマ です。

そう。全てはコロナの影響ですけどね。汗

 

今回は間取りギャラリーの更新です。

紹介する間取りの特徴は・・・。

・玄関から直接キッチンへ移動できる動線

・ダイニングには丸テーブルを配置

・リビング・和室から移動できるテラス

などなど。他にも多くの見所があります。

特に、玄関から帰ってきて、キッチンへ移動できる動線は便利ですよね~。

思い荷物を持って歩く距離が短いと、ママの負担も減るってもんですし。

 

このように楽な家事動線。家事動線の優先順位が高い方は必見の内容です。

 

【間取りギャラリー】玄関からキッチンへ移動できる便利な動線

今回の要望は・・・

・玄関からキッチンへ移動したい

・洗濯が楽な家事動線

・来客用の和室

・BBQや子供が遊べるテラスが欲しい

・洗面と脱衣は分けたい

 

このような内容をヒアリングさせて頂きました。

そして、考えた間取りはコチラです!!

 

1階の間取りを紹介します

南向きの土地なので、南には玄関、和室、など色々と持ってきたくなります。

やっぱり南向きは日当りも良いですしね。

しかし、何でも南に配置すると住みにくい間取りに。汗

その日当り、動線を考えて「テラス」を有効利用しています。

土地が南向きの方は参考にして下さいね!

 

玄関からキッチンへ

玄関からキッチンへ移動できる動線。もう1つはホールを通ってリビングからキッチンへの動線。

キッチンまでに2つの動線を確保しました。

玄関→ホール→リビング→キッチン。この動線が一般的ですが・・・。結構な移動距離が必要なんですね。

小さな子供を抱えて、思い買い物袋を持って移動するって・・・。ママは大変です。汗

その距離を少しでも短くする間取り。

玄関→シューズクローク→食品庫(ここでストック品を収納)→キッチン。

この動線になれば家事も楽になり、買い物の負担が減りますよね。

 

洗濯が楽な家事動線

家事の中でも大変なアレ。

そう。「洗濯」です。

掃除は毎日しなくても大丈夫だけど、洗濯は必須ですよね。

1日サボったら・・・。大変な量になってますし。汗

そんな洗濯に必要な時間、作業量を減らしてあげると、ママも楽になりますし、時間もうまれます。

ママに時間が出来れば、心の余裕もうまれますしね。

 

その為には移動を数歩にする。

やっぱり移動時間を短くする。ここが大事だと思います。

洗濯→干す→収納する。

この動線が簡単に完結するように。

サンルームとファミリークロークを隣接した間取りに。

 

そして、サンルームの広さは3帖を確保。

サンルームが狭いと作業効率も悪いし、乾きにくいスペースになるので。

サンルームの広さには注意して下さいね!

 

来客用の和室が希望

最近は減ってきた来客用の和室。

普段使いの和室と、来客用の和室じゃ用途が全く違うので。

配置もシッカリと計画が必要です。

 

やっぱり普段使いの和室って・・・。

基本的にカチャカチャなので。汗

いきなりの来客だと焦りますよね。

 

今回は遠方から遊びにきる「親御」さんの為に和室を配置しました。

せっかく遊びに来てくれる親御さんに、ストレスなく泊まって貰えるように。

そんな親への愛情を感じる要望です。

その為に、プライベート空間からは距離をとって配置。

距離があれば、音も聞こえにくいし、気配も感じにくい。

リラックスして過ごす事ができます。

 

トイレの位置も和室の近くに配置。

リビングを通ってトイレとか。プライベート空間を通っていくのも・・・。

気が引けますしね。汗

このように親御さんがリラックスできる配置を考えました。

 

BBQや子供が遊べるテラス

今回のテラスはリビングだけじゃなく、和室からも利用できるように。

リビングからがメインになり、BBQや、プールなどで大活躍すると思います。

汚れても掃除が簡単なのがテラスの良い部分。

 

さらに、和室からも利用できると・・・。

親御さんからもテラスで遊んでる孫が見れるし、コミュニケーションも取りやすいですしね。

視線だけじゃなく、太陽の光もリビング、和室、それぞれに活用できます。その結果、明るく開放的な空間に仕上がってきます。

 

洗面と脱衣を分ける

洗面と脱衣は分けてます。

お子様に女の子がいると・・・。

脱衣の中に洗面があると気を使いますよね!?

えっ!?そんなことない。

まじですか!?僕はめっちゃ使うと思います。

たぶん、朝はキッチンで用意してそう。(笑)

でも、これだと洗面を作った意味がありません。

将来的にも有効利用できるように。

配置を計画する必要がありますよね!

 

2階の間取りを紹介します

2階は子供部屋、寝室、WIC、トイレを配置しています。

子供部屋には各々に収納を配置。

収納を確保しながら、ベット、机を置ける、必要最低限の広さです。

寝室も7帖。

これでも、ダブルとダブルでも置けますし。寝るだけの部屋なら十分な広さです。

 

内観のイメージを紹介します

外観イメージ

テラスは視線を隠すように設置します。

近隣からの視線をカットすると、近隣を気にすることなく窓を開けれますし、カーテンも開けれます。

さらに、テラスを使う時も気軽に使えますしね!!

 

外観デザインは和モダンで仕上げました。

前面に屋根が大きくかかるようにし、迫力のある外観に仕上げました。

全体的にモダンな茶色をベースにコーディネート。

大人の雰囲気が特徴の外観です。

 

最後に

今回は玄関からキッチンへ移動できる。

ここに重点を置いた間取りです。

玄関からキッチンが近いと重い物を持っての移動も楽ですし、家事のストレスも軽減できるので。

良かったら参考にして下さいね。

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.