ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

土地探しに予算をかけすぎると老後が苦しくなる理由

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今日は1年ぶりのアカイカ釣りに行く予定。

めっちゃ楽しみなんですよね。

でも・・・。1年ぶりなので色々と忘れてます。汗

まずは思い出すことから始めようと思います。

夜が楽しみな タカシマ です。

 

家づくりの中でも難しい「土地探し」のポイントについて。

土地は見た目で判断しやすい。と思います。

綺麗な土地は良く見えますしね。

しかし、見た目が良い土地は、金額も高いうえにライバルも多い。

ここが土地探しの難しい部分。

 

高い土地を買った結果・・・。

必要以上に住宅ローンを多く借りて、生活が苦しくなる・・・。

これだと意味がありません。

さらには、老後の貯金ができなかった・・・。

これは本当に最悪な結果です。

そうならない為の土地探しの方法というか、コツを1つ紹介したいと思います。

 

土地探しに予算をかけすぎると老後が苦しくなる理由

まずは、老後を迎える時には住居費用をかけない。

その為には、住宅ローンを完済して、自分の財産にしておく必要があります。

考えてみて下さい。

不安定な年金だけで、アパート代金を払いながら生活できる。これを想像できますか??

僕には出来ません。汗

 

さらには、アパートのオーナーさんもお年寄りよりも、若い方に住んで欲しい。って思ってます。

その理由は・・・。

死亡した場合の問題。

ここですよね。失礼な言い方ですが。すいません。

しかし、オーナーさんにとっては大きな問題なんです。その後の保証問題や、次に部屋を貸す時の問題がありますから。

だから、老後までには自分の資産としてマイホームを持っておく。

ここが重要になってきます。

 

老後に借金を残さない

なるほど!!

老後の為にマイホームを持っておかなきゃ!!

 

そう。でも、マイホームの持ち方が大事なんです。

老後を迎える時に・・・

「住宅ローンが残ってる」

これはオススメしません。住宅ローンが残ってると、自分の資産にもなってませんし、家賃と同じように収入が少ないのに・・・。住居費用を支払い続けることになります。

結果的に、何も変わらないんです。汗

 

そして、最後には・・・。

住宅ローン破綻を引き起こす原因になります。

 

なので、家づくりの予算設定は慎重に行って欲しいですし、老後にローンが残らないような資金計画がポイントだと思います。

 

その為には、土地にお金をかけすぎない

僕が資金計画を教えて貰っている、ファイナンシャルプランナーの先生と話す機会がありました。

「資金計画や、住宅ローンの相談で、気になる事ってありますか??」

このような話題になりまして。

 

僕の師事する先生の答えは・・・

「いや~、家にもお金をかける方が多いけど、土地探しからの方は・・・土地にお金をかけすぎだよね」

って、言ってました。

 

土地からの方は家づくりのトータル予算が大きくなります。

これは仕方ない部分。

建物+土地+諸経費になりますし。

石川県小松市のような田舎でも3000万前後まで膨れます。

ここで土地にお金をかけすぎると、3500万、4000万と総額が高額になりすぎて・・・。

家計が火の車になってしまうケースも多くあります。

怖いですよね。汗

 

その結果、住宅ローンが払えなくなり、家を手放すことに・・・。

これは最悪の結果。

何の為に土地を買ったのか?家を建てたのか?解らないですしね。

 

土地を購入する時の選択肢

高い土地を購入した結果。

選択肢は限られてきます。

どんな選択肢があるのか・・・!?

 

・家の予算を大幅に減らす

・家の予算を減らさないで、住宅ローンを多く借りる

・自己資金を投入する

この3つから選ぶ必要があります。

予算が膨れ上がった時の対処法ですが・・・。どれも選びたくないですよね。汗

 

こんな選択をしないように。予算をかけすぎないで、土地を探していく必要があると僕は思います。

その為には、どんな土地を探せばいいのか??

 

無駄に広い土地を買わない

まずは、これ!!

無駄に広い土地を買わないようにしましょう!

広い土地に憧れてしまうし、狭いよりも広い方がいい。って誰もが思います。

しかし、考えてみて下さい。

自分達の希望の家が建ち、駐車スペースも確保でき、家族で庭を楽しむスペースがある。

これだけで充分だと思いませんか??

 

これ以上に広い土地を買えば、外構費用も高額になるし、庭の手入れの費用もかかる、固定資産税も高額になります。

土地が大きくなるに比例して「コスト」も高額になっていきます。

まずは、自分達の理想の家を明確にして、その家を建てる為には何坪の土地が必要なのか??

ここから始めれば、無駄に広い土地を買う必要が無くなると思います。

無駄に広い土地を買わなければ、土地の予算も圧縮できるようになるので。

 

南側道路の土地を買わない

やっぱり欲しくなる。南側道路の土地。

日当りが良いですし、欲しくなる気持ちも解ります。

しかし、高いんです。汗

その理由は「人気があるから」なんですね。

あなたも欲しい。って思うなら、土地探しをしているライバルも欲しい。って思いますよね!?

 

でも、ここで注意して欲しいポイント。

日当りが良い土地を買えば、必ず明るい家になるわけじゃありません。

 

はっ!?

意味ないやん!!なんで!?

そう。

日当りの良い場所に、どんな部屋を配置しますか??

決まってますよね!?

家族が集まるリビング、ダイニング、キッチンなど。

 

しかし、実際に建つ家は道路から丸見え問題が発生し、カーテンは必須!!さらには、視線が気になって開けれないとか。

これだと高いお金を出して土地を買う意味がありません。

 

明るさ、風通し、これはどんな土地でも実現可能にする。

その為に「設計」が大事になります。

土地が大事じゃなく、家の設計が重要ってことですよね。

 

だから、土地にお金をかけすぎない。

家が建った後も、幸せで豊かに暮らせるような土地探しをして下さいね!!

 

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.