ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

玄関にトイレが近いけど大丈夫!?最近のトイレ事情を解説します

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー

タカシマ です。

 

今回は「トイレの位置を決める方法」について。

家の「間取り」にはセオリーがあります。

 

例えば、日当りの良い南側には家族が集まるリビングを配置する。

このように絶対では無いけど、決まりはあるんですね。

でも、トイレの配置には、これといった決まりがありません。

 

決まりが無いから「トイレの配置」は迷うんですね。

トイレの配置の考え方や、メリット・デメリットをご紹介します。

 

→家にトイレは何個あれば便利なのか?考えてみました。

トイレの位置を考える

間取りの要望をヒアリングする時には、必ず「トイレの希望」を聞きます。

どんな希望を聞くのか?

 

玄関の近くにトイレがある方が使いやすいのか?

それとも、玄関の近くにトイレがあるパターンは嫌なのか?

こんな事を質問させて頂きます。

 

面白いもんで家族によって、返ってくる答えはバラバラなんですね。

 

トイレが玄関の近くにあるパターンが嫌な方は、実家のトイレが玄関の近くにあり過去に嫌な経験をした方が多いです。

 

 

僕の子供の頃は、インターホンじゃなくチャイムでした。

昔は、そのチャイムを押さない事も多いんですよね。

そもそも、鍵がかかっていない事が多々あったんで。(笑)

石川県の田舎では、そんな感じです。

 

トイレに入ってて、いきなり近所のおばちゃんが来たら・・・

トイレから出にくいですよね。汗

こんな過去の経験から、トイレの位置を決める方は多いように思います。

 

でも、現在は昔と時代が違います。

そもそも、チャイムじゃなくてインターホンだし、防犯の考え方も全く違います。

時代に合わせた配置を考える必要があります。

 

まずは、トイレの配置によるメリット・デメリットをご紹介します。

 

トイレが玄関の近くにある場合

トイレが玄関にある場合のメリット・デメリットをご紹介します。

僕の実家は玄関の横にトイレがありました。

昔は玄関の近くにトイレがある家が多いと思います。

玄関の近くにあるトイレは皆さん経験した事があるんじゃないかな??

 

メリットをご紹介

まずは、玄関の近くにトイレがあるメリットをご紹介します。

 

・お客さんが使いやすい

来客が多い方は優先順位が高くなります。

滞在時間が長ければ高確率でトイレを使う事になります。

そんな時に、家の奥や、リビングの近くにトイレがあると案内するのに躊躇しませんか?

特にリビングの近くだと・・・お互いに気まずいですよね。汗

 

・家に帰って来てすぐに使える。

大人になると家に帰ってトイレに駆け込む!!

って、事は少ないと思います。

たま~にあるけど。汗

 

でも、小さな子供がいる場合はよくあります。

車の中でいきなり「トイレ・・・」なんて言いますしね。(笑)

急いで帰って玄関の扉も閉めないでトイレに駆け込む!

小さな子供の場合は、この短い時間が勝負なんですよね!

トイレが遠いと、服を脱がして今から!って時に失敗したりね。

不思議ですよね。(笑)

 

玄関にトイレが近いと、こんな時は便利ですよね。

 

デメリットをご紹介

トイレが玄関の近くにあるデメリットを考えてみます。

 

・来客中に使いにくい

もうこれが一番だと思います。

トイレに入ってる時に来客があり、玄関で話こまれたら出るに出れない。

「流す音」「匂い」が気になるもんです。

相手は気にしなくても、自分は気になります。

 

そして、来客があるとトイレに入りにくい。

トイレの横に誰かいると思うと・・気になって使いにくいですよね。

 

地域柄にもよると思いますが、来客がある地域は考えておきたい部分。

インターホンが普及した現在では、玄関に人を入れる事が減りました。

でも、町内の集金などがある地域もあります。

その場合は注意が必要ですね。

 

⇒2階にトイレを設置する事で回避する方法もあります。

 

トイレが玄関の近くにない場合

トイレが玄関の近くにない場合。

この場合には、どの部分に配置する事になるのでしょうか??

 

多くは「水廻りとまとめる事」になります。

 

僕の家も玄関は玄関の近くにトイレはありません。

どの辺に配置したかと言うと。

 

この部分になります。

洗面やサンルームなどの「水廻り」の近くになる間取りが多くなります。

 

そんな玄関の近くにトイレが無い場合のメリット・デメリットをご紹介します。

 

メリットをご紹介

まずは、メリットを紹介します。

 

・トイレに手洗いを設置しない

洗面がトイレの近くにある事で、トイレの手洗いを設置しない方法も可能です。

現在のトイレはタンクが無いトイレが主流です。

タンクが無いので、手洗いを別に作る必要があります。

手洗い部分を洗面と兼用する事で、コストダウンにもなります。

 

・人目を気にしないですむ

トイレが玄関の近くにある場合は、来客時も当然だけど外にも気を使います。

インターホンを鳴らしている時にトイレに入ってます。

玄関の近くにトイレがある事で、来客時の外の気配や人目は気になります。

トイレは音や匂いが気になるからね。

外に漏れないように気を使わないで、リラックスしてトイレを使う事ができます。

 

デメリットをご紹介

水廻りの近くにある事でのデメリットは!?

実際に僕が感じたデメリットです。

 

・トイレに案内する時に気を使う

来客がある場合には、サンルームや脱衣などは引戸で閉める事ができます。

普段は開放的に使ってます。

 

でも、洗面は隠す事ができません。

その場合には、洗面をキレイに掃除しておく必要があります。

 

来客時には必ず嫁さんが洗面を掃除してくれます。

この掃除が面倒なのは確かです。

そんな部分に気を使う事になります。

トイレの位置にもよりますが、来客時には気を使うので来客が多い方は気をつけて下さい。

 

トイレをつくる時に注意するポイント

昔の家は玄関の近くにトイレがある家が多かったと思います。

その理由の1つは「廊下」があった事。

実家を想像してみると廊下がありませんでしたか?

 

今の家づくりは廊下を極力小さくする間取りが多くなってきました。

ホールに面積を使うよりも、LDKや収納にまわしたい。

そんな理由からホールが小さくなる事で、トイレの位置も変わってきました。

 

そして、インターホンの普及。

昔はチャイムだったけど、今ではインターホンが当たり前。

昔ほど玄関に人を入れる事も減ったと思います。

玄関で立ち話をする事も減りました。

 

最後に、2階トイレの普及。

今では9割のお客様は2階にトイレを設置します。

もしも、来客時に1階のトイレに入れない場合は2階でトイレをする事もできます。

 

色んな選択肢が現在の住宅では可能です。

昔と現在では、住宅設備が全く違います。

その辺も加味して検討したいですね。

 

→新築で2階にトイレが必要か迷ってる方へ

最後に

今回は玄関の近くにあるトイレのメリット・デメリットを紹介しました。

昔は玄関の近くにトイレがある事で、嫌な思いをした方は結構います。

そんな声をよく聞くので。

 

トイレの位置は後から簡単に変える事はできません。

間取りの段階でメリット・デメリットを把握して後悔のないトイレ計画を作って下さいね。

 

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.