ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

気持ちい風が通るお家をつくるポイント

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

サッシの配置は大切。

こんにちは。

今日も天気悪いけど、頑張ってこーーーーーー!!

パックン こと 高嶋 です。

 

 

今日は風の入るお家について。

今の時期は少し遅いけど、夏前とか夏が終わった後。

この時期ってクーラーを使わないで窓を開けません??

 

夜なんて窓を開けると気持ちい風が入ってきます。

この風が入らないと窓を開けてても意味が無いですもんね。

 

そんな風が入るポイントは「サッシの位置」

これって大事だな〜って思います。

 

基本的に居室ってこんな感じのサッシの位置になります。

 

家具を配置したり、収納や出入口を考えるとサッシの位置は限られるんですよね。

このサッシの位置だと風は入らない事は無いけど、少し弱い。

 

 

 

風が入るサッシの位置はこんな感じ。

 

風の入り口と出口があるイメージ。

このサッシの位置関係は風が抜けやすいです。

 

リビングや、タタミコーナー。

リラックス出来る部分に気持ちいい風が抜けると素敵ですよね♪

 

風が入る場所に日陰をつくる。

日中も窓を開けたいところ。

風が入る部分が日陰だと、もっと気持ち良いですよね。

 

そんな時に活躍するのが緑。

樹木ですよね。

 

 

夏は葉っぱが日陰をつくり、冬は葉が散ります。

そうすると太陽光が入ってお部屋を暖めてくれる。

 

自然の力ってすごいっすよね。

冬の太陽の優しい光って僕は好きやな〜。

 

こんな感じで緑の配置にも目を向けてみると良いですよね。

 

屋根をつくる。

 

もう一つのポイント屋根をつくる。

昔は必ずあったひさし。

最近はなくなったけどね。

ひさしよりも大きな屋根のイメージです。

 

夏と冬では太陽の角度が違います。

夏は屋根が邪魔をして日陰をつくる。

そうすると涼しい風がリビングに♪

 

逆に冬は太陽高度が低くなるので太陽の光がしっかり入る。

優しい暖かさを体感できる。

 

この屋根で日陰をつくる事って大切ですよね。

僕の家も屋根をつくってあるけどメッチャ重宝してます。

 

最後に

最近は機械の力で換気をする。

これも大事だし、メッチャ効果があります。

 

でも、僕は機械よりも自然が好き。

古いのかな〜。笑

 

自然の風や、太陽光が好きな方は参考にして下さいね♪

 

 

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2017 All Rights Reserved.