ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

新築で涼しくて気持ちい風が抜ける家をつくるポイント3選

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

秋になると涼しくて、気持ちいい風が吹きます。秋の気持ちいい風が家の中を抜けると気持ちがいい空間になります。

エアコンをつけるにも微妙な気温だし、う~ん。でも少し暑く感じる。って時には、自然の風を家に入れる方法が一番だと思います。

しかし、家の間取りによっては風が抜けにくい場合も。汗 そうならない為の工夫を3つ紹介します。

 

・窓の位置は大事です。

・日陰を利用する

・屋根で日陰をつくる

このような内容の記事になります。

これから家づくりを始める方や、エアコンが苦手な方、自然の風を家に入れたい方には参考になる内容です。

 

窓の位置は大事

気持ちいい風が抜ける家をつくるポイントの1つ。「窓」の配置する位置は大事なんです。この窓の配置が微妙だと、風がうまく抜けてくれません。

風を利用する為には、入口と出口が大事。基本的に居室の窓の位置ですが、このような配置が多くなる傾向にあります。

 

 

間取りにもよりますが、家具を配置したり、収納や出入口を考えるとサッシの位置は限られる場合が。このサッシの位置だと風は入らない事は無いけど、しっかり抜けてくれません。

 

理想の窓の位置は、このようなイメージ。風が入って、抜けていく部分が直線だとベスト。

 

 

風の入口と出口が一直線。このサッシの位置関係は風が抜けやすい配置になります。2階の居室部分は家具や収納。そして、耐震壁が必要になるから直線での窓の配置は難しいかもしれません。

しかし、LDKや、タタミコーナー。家族が集まる共有スペースは間取りを工夫すれば可能です。僕の自宅もLDKは窓を一直線にした部分と、そうじゃ無い部分があります。圧倒的に一直線に窓を配置した方が風が抜けます。お風呂あがりは一直線に配置した窓の近くで過ごすと最高に気持ちいいんですよね。

一番長く時間を過ごすLDKや、タタミコーナーなど。リラックス出来る部分に気持ちいい風が抜けると最高です。電気代の節約にもなるので、窓の位置は工夫してみて下さいね。

 

風が入る場所に日陰をつくる。

夜だけじゃなく、日中も窓を開けて気持ちいい風を部屋にいれて暮らしたいですよね。

でも、暑い風が入ってきても全く気持ちよくありません。むしろ不快かも。汗 日中でも気持ちいい風を入れるポイントがここです!

風が入る部分に日陰をつくる。

外でも日陰にいると、涼しい風が吹きませんか?

 

日陰の風って気持ちいいけど・・・日陰が無い場合は・・・!?どうすれば??

 

そうなんです。家のまわりに日陰が無い場合も多くあります。そんな時に活躍するのが「緑」樹木です。

 

シンボルツリーを代用する方法もありだし、庭をつくる方法もありです。

樹木は、夏は葉が生い茂て日陰をつくります。逆に、冬は葉が散り太陽の光が直接部屋に差し込みます。

夏は日陰をつくって涼しい風をいれて、冬は太陽の光が入いり部屋を暖めてくれる。自然の力って凄いです。

さらに、樹木は外観も引き立ててくれます。

 

家の間取りと、樹木の位置を工夫すると涼しい風が入りやすい家になります。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

窓の上部に屋根をつくる。

最後ののポイントは屋根や、ヒサシをつくる。

昔は必ずあったひさし。最近は見かけなくなりましたよね。汗

そんな、ひさしよりも大きな屋根のイメージです。この屋根が1つあると大活躍してくれます。

 

一般社団法人環境共生住宅推進協議会HPより引用

夏と冬では太陽の角度が違います。

夏は太陽の高度が高くなります。ここに屋根があると日除けになり、日陰をつくります。夏の暑い太陽光を直でLDKにいれない工夫。これだけでも結構ちがいます。そして、日陰も出来るから涼しい風がリビングに入りやすくなります。

 

逆に冬は太陽高度が低くなります。冬はシッカリと太陽の光をLDKに入れたいけど・・・邪魔にならない?

大丈夫です。太陽高度が低くなるので屋根が邪魔にならずに太陽の光がしっかり入ります。

太陽の光の優しい暖かさを体感できるLDKや、和室になります。

 

屋根を利用して日陰をつくる。ここは快適な家にする為に大事な部分だと思います。

僕の自宅もLDKには屋根を作りました。夏は直射日光が入らないからLDKも暑くならず、冬はシッカリと太陽の光が入り暖房を助けてくれます。自然の力を利用しながら快適な住空間をつくる。僕は好きなんですよね。

 

最後に

 

今回は窓を開けて自然の風を家に入れる為の工夫を紹介しました。

窓の位置はお金が追加になる訳じゃないし、効果も大きいので個人的にオススメです。樹木を植えたり、屋根をつくる。ここは少しだけ費用が必要になります。

樹木は後からでも施工できるけど、屋根だけは後から施工が難しい部分。リフォーム工事になるので大きなお金が必要になります。

屋根は間取りの段階で決定しておきましょう。

LDKの大きな窓など太陽の光が差し込む部分にはオススメですよ!

 

良かったら参考にして下さい。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.