ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

廊下や、ホールの少ない間取りを考えるコツ。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

ホールが小さな間取り。

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバザー ぱっくん こと たかしま です。

 

天気が良くてフワフワしてます。

これだけ天気が良いと、外に出たくなりますよね。

外に用事は無いんだけどね。汗

 

今日は「廊下を少なくする間取りの考え方」

昔に比べて廊下が極端に少ない家が多くなって来ました。

来客が少なくなったのが大きな原因やよね〜。

なんて勝手に思ってます。

 

来客が多いお家は廊下を少なくすると、色々と都合が悪いんですよね。

プライベートな部分を通って客間に通したり。

トイレの位置も微妙だったりね。。。

 

なので、自分達ってどうなんだろう??

まずは、そこからですよね!!

 

 

LDKの有効活用

廊下を少なくするメリット。

それは、家族皆んなで使うLDK、そして、収納。

生活必要な部分に面積を利用する事が出来ます。

 

どの家族も限りがある予算の中で、家づくりを進めてます。

予算が関係なかったら、やっぱり大きな玄関が良いですよね!!

 

大きな玄関やホールをつくると、収納が減ったり、LDKが小さくなったり。

そうなるも嫌ですよね。汗

優先順位の低いホールや廊下が小さくして、必要なお部屋を広くとる。

そんな考え方で間取りを作成しています。

 

2Fの廊下も少なくしたい。

1Fの廊下は少ないお家が多いです。

でも、2Fの廊下が長いお家もあります。

 

1Fも少なくしたい、そしたら2Fも少なくしたいですよね!!

そこで重要になるのが階段の位置。

 

この階段の位置で、2Fの間取りが全然変わるから。

階段の位置は要チェックやでーーーーー!!

 

 

例えば、上の写真を見て下さい。

こんな端に階段があると、各部屋に向かう為の距離は長くなります。

これだと、どうしても廊下が長くなってしまいます。

 

少し勿体無いですよね!

 

 

 

でも、こんな感じで階段を中心に持ってくると。。。

移動距離も短くなって、余計な廊下も少なくする事ができます。

 

階段の位置って重要なんですよね。

絶対にこの位置!!って訳じゃないけど、少しでも廊下を少なく考えてる方は参考にして下さいね!

 

 

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.