ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

【注意】家の価格を坪単価で判断すると失敗する理由

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

9月になると朝が一気に涼しくなりました。

セミも全く鳴かないし、虫の鳴き声もすっかり秋に。

アオリイカを釣りに行きたいけど、台風の影響で全く行けない タカシマ です。

涼しいのは嬉しいけど、台風だけは嫌ですよね。涙

 

今回は「家の価格を坪単価で判断してはいけない理由」について。

僕も初めて接客するお客様には必ず聞かれます。

「坪単価はいくらですか??」

大方の目安は答えてます。

「そうですね〜約55万円前後です」

でも、本当に目安でして。汗

 

坪単価は簡単に変動しますから。

建物の大きさによって、坪単価は大きく変わります。

なので、あなたが希望する建物の大きさが30坪だった場合には、僕の伝えた坪単価よりも高い見積りになるんですね。

その理由は、坪単価は建物が大きくなれば安くなるし、建物が小さくなれば高くなります。

何故!?そうなるのか??を紹介しますね。

 

【注意】家の価格を坪単価で判断すると失敗する理由

例えば、同じ土地に2つのプランを作成しました。

1つは、20坪のプラン。2つめは、40坪のプランです。

2倍の広さが違うと、坪単価はどれだけ違うのか??

約10万円は違います。

20坪の坪単価は60万円。40坪の坪単価は50万円。

このようなイメージです。

 

こうなる大きな原因の1つは「水回り」です。

考えてみてください。

建物が大きくても、小さくても、キッチン、ユニットバス、洗面は1つですよね。

大きさに比例して、個数が増える事はありません。

仮に200万円のコストがかかってる場合では、20坪の水回りに必要な坪単価は・・・

200万円÷20坪=10万円に。

 

これが40坪になると・・・

200万円÷40坪=5万円 になります。

単純に家の大きさが違うだけで、同じ仕様でも坪単価は5万円も変わってくるんです。

 

家は総額で考える

なるほど!!

家は大きくなれば安くなるんだ!!

じゃ〜、大きい家の方がお得だよな。

って、思いますよね。

僕も記事を書いてて思ったりします。笑

 

しかし、総額で考えると、20坪の家に比べて40坪の家は圧倒的に高くなります。

20坪の家は、坪単価60万円×20坪=1200万円

40坪の家は、坪単価50万円×40坪=2000万円

このように総額で考えると、金額が全然違いますよね。

 

坪単価は、家が大きくなれば安くなり、家が小さくなれば高くなります。

しかし、家の総額は、家が大きくなれば高くなり、小さくなれば安くなります。

なので、家の価格を坪単価で判断すると、大きくなった方がお得に感じるので、家が大きくなる可能性が高くなります。

その結果、高い買い物をしてしまうケースも。汗

 

家が大きくなるとイニシャルコスト以外でも、固定資産税も高くなるし、冷暖房に必要な費用も高くなります。

 

同じ面積でも坪単価が違う場合も

家の坪単価は大きさ以外でも変わります。

それは、家の形状。

ここも大事なんですね。

 

青い形、ピンクの形。

形は違いますが面積は同じ100m2です。

坪に変換すると約30坪。

しかし、面積は同じでも外周は全く違います。

 

青色:10m+10m+10m+10m=40m

ピンク:20m+5m+20m+5m=50m

 

これだけ外周が違うと、外壁の工事面積が変わってきます。

当然ですが、距離が短い方が外壁を施工する面積も安くなるので。

 

家の価格は総額で判断する事が大事

坪単価は1つの目安です。

僕も聞かれれば答えてます。

しかし、本音を言えば・・・

土地の形状でも変わってくるし、家の大きさ、形によって坪単価は変動します。

なので、土地のこと、建物の希望を聞かないで答えるのには抵抗があるんです。

やっぱり答えた金額が大きく変わる事もあるし、お客様を迷わせる可能性もあるので。汗

 

そして、個人的に一番に避けたいのが・・・。

予算オーバーです。

坪単価で判断すると予算オーバーになる可能性も高くなります。

坪単価は家が大きくなれば安くなるし、小さくなれば高くなる。変動するので。

坪単価だけで考えると危険なんです。

 

なので、家は総額で判断する。

その結果、予算オーバーを防ぐ事ができるので!!

坪単価は1つの目安程度で考えてくださいね。

 

最後に

今回は坪単価について紹介しました。

家づくりの価格を解りやすくする便利な言葉です。

しかし、坪単価は変動する。

ここは覚えておいて欲しい部分。

坪単価だけで計算すると、思ってた以上に予算が上がる可能性もあるので。

家は総額で考える。

ここが大事なポイントです。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.