ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

トイレをオシャレな空間にする方法(ヒント・手洗いを造作に)

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

家の中でも使用頻度が多い場所。
そう。トイレ。
家の中で一番水を使う場所とも言われてます。

 

家族みんなが使う場所だから、こだわりを出したい部分。
個性がグッと演出できる方法。

 

それは、トイレの手洗いにこだわる。

 

これだけでトイレの雰囲気がガラッと変わります。
今回は色々なトイレの手洗いを紹介します。

 

・トイレが大事な理由

・手洗いの種類を紹介

・造作手洗いの事例を紹介

このような内容の記事になります。
これから家づくりを始める方や、間取りや内装の打合せを
進めている方に参考になる内容です。

 

トイレをオシャレな空間にする方法(ヒント・手洗いを造作に)

間取りの中でもトイレは大事です。
その理由は家族の使用頻度が高いから。

 

家の中でも家族全員が使う場所は案外と少ない。
トイレ、洗面、お風呂。
その中でも1日に何回も使う場所。
それがトイレです。

 

そんな使用頻度が高い場所なのに・・・
トイレだし別に何でもいいかな〜。
って、これはダメ!!

 

やっぱり使用頻度が高い場所こそシッカリと検討する
必要があると思います。

 

来客も利用する場所

 

さらにトイレは、来客も利用する数少ない場所。
友達を家に呼べば高確率でトイレを利用します。

 

家族だけじゃなく、来客も利用する場所です。
玄関とトイレは大事ですよね!

 

友達がトイレを利用した時に。
「素敵なトイレだね!」
って、言われると嬉しくなりませんか?

 

ほんの少しの工夫でトイレは格段に変わります。
そんな工夫を紹介します。

 

トイレで利用する手洗いの種類

トイレを利用した時に手を洗います。
この手洗い部分が大事だと僕は思います。

 

オシャレな飲食店でトイレを利用する時。
トイレは普通だけど、手洗いは工夫してると思います。
手洗いがオシャレだと、トイレ全体の雰囲気まで変わります。

 

まずは、代表的な手洗いの種類を紹介します。

 

トイレのタンクを利用する

オーソドックスな手洗い。
トイレのタンクで手を洗うタイプ。

 

賃貸はこのタイプが多いです。
トイレのスペースが狭い間取りが多い。
手洗いを別につくるスペースが取れない。
このような場合には、タンクを利用します。

 

新築の場合でも、2階のトイレはタンクを利用します。

 

タンクを利用するトイレは、グレード的に低い場合が多く
節水機能や掃除機能もタンクレスより劣ります。
さらにトイレの空間も簡素になりやすい。
このようなデメリットが考えられます。

 

タンクとは別に手洗いがある

新築では別に手洗いを作るケースが一番多いです。
使い勝手がいいし、友達や来客があっても安心して
使ってもらえます。

 

別に手洗いを設置するので、手洗い部分を造作にして
デザインにこだわる事も可能です。
さらに、洗面下部を収納にしてストック品を隠しておく
スペースにも利用できます。
色々な用途に合わせてつくる事ができます。

 

注意して欲しいポイント。
別に手洗いをつくる場合には、トイレのスペースは
広めにとる事をオススメします。
狭いと手洗いボールが乗らない。凄く小さな手洗いしか
選ぶ事ができない。
トイレは広めに取りましょう。

 

洗面化粧台を代用する

トイレの近くに洗面化粧台を設置します。
洗面化粧台を手洗いに代用するケースです。

 

トイレの手洗いは必要ありません。
コスト的に抑える事ができます。
トイレのスペースも広くする必要がないので、間取り的にも
コンパクトに抑える事が可能です。

 

でも、やっぱり手を洗ってからトイレを出たい。
手を洗わないのにドアノブに触りたくない。
このような希望がある方には不向きです。

 

トイレがオシャレになる「造作手洗い」

3種類の手洗いを紹介しました。
その中でもオススメは、トイレとは別に手洗いをつくる。

手洗い1つで全く空間が変わります。
その手洗いにこだわるとオーナー様の個性が出るし、素敵な
空間をつくる事が可能です。

 

トイレとは別に手洗いを作った。
そんな事例を紹介します。

 

造作カウンターを使ったトイレ

シンプルにカウンターのみで施工しました。
手洗いの配管部分は収納に。
配管部分を隠すように扉を設置しました。

 

間接照明を使ったトイレ

手洗い部分に間接照明を設置しました。
トイレは広い空間ではありません。
広くないから間接照明の効果がより発揮できます。
高級感があるトイレが好きな方にオススメです。

 

無垢の一枚板を使ったトイレ

カウンターに杉の1枚板を使いました。
一枚板の素材感だけで、トイレの雰囲気が変わります。
天然木ならではの仕上がり。

 

一枚板は高い。って思いますよね?
トイレのカウンターで使う幅の狭い一枚板。
案外と安く購入する事が可能です。

収納として利用する手洗い

カウンター下は全て収納として利用するケース。
トイレは掃除用具や、トイレットペーパーなど。
収納する物が多い場所です。

 

カウンター下が全て収納だと、ストック品を見せる事なく
いつも綺麗なトイレに。

 

モルタルを使ったトイレ

トイレの天板をモルタルで施工しました。
デザイン性は抜群です。

 

注意するポイントが1つ。
モルタルは素材の性能上、乾くと割れてくる可能性が
高い素材です。割れる可能性も含めて検討してください。

 

収納物を見せない工夫は大事

メッチャ素敵なトイレでも、ストック品や掃除用具が
見えていると少しガッカリですよね。汗
収納する物を見せない工夫は大事だと思います。

 

トイレは色んな物を収納する必要があります。
掃除用品
ストック分のトイレットペーパー

 

トイレの中に収納する場所を設けるか?
トイレの外に収納する場所を設けるか?
この部分は最初に検討しておく必要があります。

 

完成してからトイレに収納をつくれば良かった・・・
このような声を聞く事も多いので。汗

トイレをオシャレにする工夫として、収納する物を見せない。
ここは大事なポイントです。

 

トイレで利用できる収納について詳しく解説しています。
収納が気になる方はコチラも読んでみて下さい。

 

最後に

トイレは家の中でも使用頻度が多い場所。
家族も使えば、来客も使います。
使用頻度が多いからこそ工夫したい部分です。

 

トイレだし何でもいいかな。
この考えはオススメできません。
後から後悔する可能性が高い。
僕は思います。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.