ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

知ってました?アルバイトでも住宅ローンを利用して家を買う方法

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー

タカシマ です。

 

もしあなたが派遣社員やアルバイトで住宅ローンを利用して家づくりを考えてる場合。

派遣社員やアルバイトでも住宅ローンを利用できるのか?

メッチャ気になる部分です。

 

結論は、住宅ローンを利用するのは難しいです。

 

やはり、継続的に安定した収入がある。

ここが住宅ローンを利用する時に大事な部分。

正社員と、アルバイトでは大きな壁があるのも事実です。

 

でも不可能じゃありません。

選べる住宅ローンの選択肢はグッと減りますが。

 

契約社員やアルバイトでも住宅ローンが利用できるのか?

考えてみようと思います。

 

・アルバイトだと住宅ローンの審査が厳しい理由

・アルバイトや契約社員でも家を手に入れる方法

・住宅ローンの審査時の注意ポイント

 

このような内容のブログです。

契約社員やアルバイトで家づくりを考えている方には参考になる内容です。

 

知ってました?アルバイトでも住宅ローンを利用して家を買う方法

契約社員やアルバイトで住宅ローンを利用する事は簡単ではありません。

同じ労働者だけど、正社員と契約社員、アルバイトには大きな壁があります。

 

その理由は「雇用の安定」にあると思います。

 

正社員は簡単に解雇する事はできませんよね?

雇用が守られています。

不当な解雇だと社会問題になる時代です。

 

でも、契約社員やアルバイトはどうでしょうか?

正社員に比べて雇用が守られいるか?

疑問ですよね。

 

このような理由で契約社員やアルバイトが、住宅ローンを利用するハードルは高くなっています。

 

アルバイトは住宅ローンの審査が厳しい

 

民間の金融機関では、ほぼ審査が通る事はないと思います。

パンフレットを見てもハッキリとダメ。とは書いてありません。

 

「勤続1年以上の労働者」

「継続かつ安定的な収入がある方」

このように記載してある事が多いです。

 

なかなか住宅ローンを利用できない理由。

金融機関の立場で考えてみます。

 

金融機関は何千万円というお金を貸します。

このお客様は完済する能力はあるのか?

当然ですが、見極めます。

 

メッチャ言い方は悪いですが。

あなたは、契約社員、アルバイトの方に何千万円というお金を貸しますか?

完済して貰う事ができないと、金融機関も大きな損失になります。

 

一番のハードルは「雇用の安定」になります。

いつクビになるか解らない。いつ辞めるか解らない。

正社員に比べて、雇用が安定しない。収入が安定しない。

 

このような理由から、住宅ローンの審査が厳しくなります。

 

 

住宅ローンの申込み基準を確認してみました

 

石川県では、地銀の住宅ローンを利用する方が多くいます。

どんな内容の申込み基準になっているのか?

気になったので、何社か銀行のパンフレットを確認してみました。

 

名前を出すとアレなので・・・

伏せ字ですいませんが、参考にして下さい。

 

・H銀行 継続かつ安定的な収入がある方

・Rきん 年収150万円以上 勤続1年以上で76歳までに完済できる勤労者

・H銀行 安定かつ継続的な収入が見込まれる方

・N協  パンフレットに記載が確認できない

・F銀行 安定継続した収入が見込まれる方

 

どの金融機関のパンフレットにも記載してあります。

少し言い方は違いますが。

 

「安定継続した収入がある方」

 

ここは外せない項目なんですね。

逆に安定継続した収入が無いと住宅ローンを利用できません。

そう書いてあると解釈できます。

 

やっぱり、この部分が契約社員や、アルバイトの方の大きなハードルになります。

 

アルバイトや契約社員でも、住宅ローンを利用して家を手に入れる

正社員じゃないと家を手に入れる事は無理なのか・・・

ここまで読むと思いますよね。

 

でも、大丈夫です。

契約社員やアルバイトでも住宅ローンを利用する方法があります。

 

契約社員やアルバイトの方でも利用できる住宅ローンをご紹介します。

 

フラット35がオススメです

 

地銀などではハードルが高い住宅ローンの利用。

でも、住宅支援機構のフラット35なら住宅ローンの申込みは可能です。

 

民間の金融機関では、自営業者や、契約社員、アルバイトは「継続的で安定した収入」と言った部分で難しさがあります。

 

しかし、フラット35では申込みに正社員じゃないとNGという条件はありません。

契約社員やアルバイトの方でも申込む事が可能です。

 

しかし、条件があります。

年収を証明する必要があるので、源泉徴収票が必要になります。

源泉徴収を発行する為には最低でも1年間の勤続が必須です。

 

そして、年収ですが最低でも200万円以上は欲しい部分です。

いくら借りるかにもよりますが。

 

できるだけ借入額を抑える

 

条件にもよりますが、フラット35を利用して住宅ローンを利用できるコトが解りました。

でも、借りる事ができる上限には制限があります。

 

仮に年収が200万円の場合を計算してみましょう。

 

フラット35にも返済負担率があります。

返済負担率とは、年収に対して貸せる額の上限になります。

 

フラット35の返済負担率
年収400万円以上は35%以下

年収400万円未満は30%以下

このような基準があります。

 

年収200万円で計算してみます。

年収400万円未満なので、30%以下まで貸して貰える計算です。

 

年収200万円の30%で60万円

年間返済額が60万円が上限になります。

月々の返済は5万円まで。

 

フラット35の金利が1.2% 35年返済で仮定します。

月々5万円だと約1700万円の借入が可能になります。

単純計算ですが目安にして下さい。

 

1700万円を全て借りるのはオススメできません。

年収200万円を12ヵ月で割ると月々16~7万円です。

その中で月々5万円は結構キツイ。汗

 

この生活が35年間続くコトになります。

家の購入も大事だけど、その家に住んでから送る日々の生活は凄く大事だと思います。

 

できれば予算を抑えて余裕がある。

そんな、家づくりを検討するコトが大事だと個人的には思います。

 

収入合算を利用する

 

フラット35では、収入合算も活用する事ができます。

 

契約社員のパパ1人での申込みじゃ難しい・・・

でも、ママのアルバイト所得をプラスして検討するコトも可能です。

親族に所得がある場合には、積極的に活用をオススメします。

 

その結果、審査でもプラス要素として検討される可能性が高いです。

 

住宅ローンを申込む前に注意したいポイント

フラット35は家を購入したい!

そんな家族を応援する間口が広い住宅ローンです。

 

申込む条件をクリアしても、他の条件で引っかかると意味がありません。

 

ここだけは確認してから、住宅ローンの申込みをしたほうがいい!

僕が思う3つを紹介しますので、最低でも確認して下さい。

 

他のローンを完済しておく

 

他にローンがある場合。

住宅ローンの審査にも影響しますし、借入額にも影響します。

 

もしも、1700万円借りるコトができるのに、ほかのローンが原因で1200万円まで減額された・・・

 

これだと、家づくりの計画になりません。

 

そして、他にローンがあるコトで審査が通らない・・・

こうなると家づくりのスタートにも立てません。

 

他にローンがある。

そんな場合は、完済してから住宅ローンを申込むコトをオススメします。

 

クレジットカードを整理しておく

 

クレジットカードにキャッシング機能があるカード。

キャッシング機能は使ってなくても、借入として見られる可能性があります。

いつでもキャッシングできる状況にある訳だしね。

 

キャッシュレスな時代だけど、不要なカードがあれば整理しておくコトをオススメします。

 

使ってないカードが原因で、借入額が減額した。審査が通らない。

こんなコトになると勿体ないですしね。

 

転職は要注意

 

これは僕が実際に土地の売買で経験した事例です。

 

住宅ローンの審査は3段階に分かれています。

・事前相談

・本申込み

・契約

このステップで進んでいきます。

 

まずは、事前相談。

年収や勤続年数など必要書類を記入すると、簡単に住宅ローンが借入可能なのか?確認するコトができます。

 

 

この時に、1つの正社員に2つのアルバイトをしてたお客様。

3つの収入を合算するコトで住宅ローンがOKになりました。

 

そして、本申込み。

正確に借入額を決めたり、返済期間を決めたり。細かい条件を確認します。

 

その時に、3つの収入があったはずなのに2つに減っていました。

ええ・・・1つ辞めちゃったんです。

 

もうね。ビックリしました。

事前相談がOKだったし安心したんでしょうね。

 

僕は不動産の売買で入っていたので、売主さんには平謝りでした。

転職などの条件変更は家づくりが終わるまではNGなので。

 

ここは覚えておいて下さいね!

人に迷惑をかける可能性もあるので。

 

最後に

 

今回はアルバイトや契約社員でも住宅ローンを利用するコトが出来るのか?

結論は、可能です。

 

金融機関の選択肢は減るけど、フラット35を活用すれば大丈夫。

でも、フラット35にも決まりがあります。

その決まりの中で家づくりを進めていきましょうね。

 

そして、住宅ローンの申込みをする前に確認して欲しいコト。

・他のローンがないか?

・不要なカードを整理する

・条件変更には気をつけよう

 

ここは最低でも確認してから、住宅ローンの審査をしましょう。

 

ハードルは高いけど、絶対に無理ではありません。

家族の幸せの為に、大変だけど頑張って下さい!

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.