ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

実家と同じ敷地に建てるけど、水道とか電気代ってどうなるの?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

最近は何かとバタバタしている僕。

いや〜、釣りじゃないっすよ。

仕事っす。

でも、忙しくさせて頂いてるって本当に有難い事。

暇ほど怖いもんは無いですし。汗

忙しい時間も楽しめるような自分でいたいっすよね〜。

 

今日は現在増築中のお客様から以前に頂いた質問。

気になってる方も多いんじゃないかな??

 

同じ敷地内。気になる電気代と水道代。

 

両親の家と同じ敷地内で建築する場合も多いですよね。

田舎なので土地も広い場合が多いですし、子供が近くに居ると嬉しいもんです。

若世帯の方は孫も見てくれるし何かと助かります。

結構、メリットが多い同一敷地内での建築計画。

 

でも、気になるのが水道代、電気代。

親と一緒になってしまうと、気も使うしね。

出来れば別々で清算したい。

うん。僕も同じ事を思うと思います。

近くに居るからこそ大事にしたい部分ですよね。

 

でも、なかなか簡単に行かない事もあるんですよね。

電気は割と簡単に別々に出来る事が多いです。

厄介なのは水道。

 

結構なお金がかかる。

新たに水道を引込む場合って結構な金額が必要です。

約ですが40〜50万円ほど必要です。

 

40〜50万!!

高いっすよね。。。。

ここまで金額をかけても別々にしたいか??

ここは大事ですよね。

こんなにお金がかかるんだったら、親と話をして割合を決めます。

そう言われるお客様も多いんです。

 

市によっては引きこめない事も。

 

お金がかかっても良いし水道を新規にひきたい!!

そう言われる方もいます。

 

でも、簡単に引きこめない場合もあります。

これは市町村によっても違う場合があるので、確認は必要です。

 

基本的に僕の地域では1つの敷地には水道は1つ。

そんなルールがあります。

いくら自分たちが望んでも実現しない場合もあるんですよね。汗

 

1つの敷地に現状は見えるけど、実は2つ、3つと別れている敷地もあります。

この辺は自分たちで調べると難しいので、建築会社さんに確認して貰ってくださいね。

調べてくれると思います。

 

最後に

水道菅の太さも関係あるけど、親と話し合う事が大事ですよね。

お金で変える事が出来ない事もあるしね!!

 

後からしようと思っても大変なので。。。

建築工事と一緒に工事は出来ると楽でいいですよ〜。

よかったら参考にしてくださいね!

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.