ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

フローリングは無垢にしようか?合板にしようか?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

今日は中古住宅の査定で小松市は長谷町へ。

家の真裏に川が流れてます。

そこにデカイ鯉が泳いでたりします。

いや〜、メッチャいいよね〜

 

こんな感じっす。

夏は子供達が川で遊んでたりする近くでBBQしたり。

そんなスローなライフスタイルもいいよね!!

 

もしも、自然が好きな場所で住まいを探してる方がいれば問合せてくださいね!!

 

 

今日はフローリングについて。

 

サワダで家を建てる多くの方は床は無垢材を使って行きます。

無垢材の床って、こんな感じの本物の木を使ったフローリング。

 

 

これはヒノキの床を使ってます。

ヒノキの香りってメッチャ落ち着くんやよね。

何でやろ。不思議。

でも、傷がついたいり、色が変わったりね。

そんな経年変化に弱いのも確かなんですよね。

 

経年変化も味だと思う

 

経年変化とは時間とともに傷んでいく?見た目が変化していく?

そんな感じの事をいいます。

これは、無垢の床もそうだけど、合板のフローリングでも起こります。

でも、無垢材の方が見た目に現れやすいんです。

 

僕の家はヤンチャな男子が居ます。

トミカのおかげで床には傷がいっぱいあります。

最初の方はショックだったな〜。

傷がつくたびに凹みました。汗

 

でもね、今ではそんな傷も思い出になります。

特に階段の近くで遊んでたから、階段近くがメッチャ凹んでたり。

自動で動く白バイを調子にのって室内で動かしたら、床にタイヤの跡がついたりね。笑

案外と覚えてるもんで、その傷をみるとチビの小さい時を思い出したりします。

今では傷をつける事も無くなったけど。

 

でも、そんな傷をみては懐かしむ瞬間もあります。

こんな感じで経年変化も楽しみたい。

そんなライフスタイルを送りたいよね!!

って、勝手に思ってたりします。

 

長持ちする床

僕がリフォームの相談を受ける時に多いのが床の劣化。

床がブカブカするんですよ〜。

 

この時の原因の1つが、接着材の剥離。

年月が経過すると接着剤も剥がれてくる部分も出てきます。

その部分がブカブカする感じを受けるんですよね。

 

でも、無垢材の場合はどんなに古くなっても、接着剤で剥離する事はありません。

そもそも接着剤を使ってないしね。

やっぱり接着勢はすごく便利だけど、はっつけた物は剥がれるって事。

使わないのが一番だと思います。

 

最後に

僕は無垢材が好きだからお客様にもオススメします。

でも、デメリットもあります。

そのデメリットもお伝えして選んで頂くように。

 

メリット、デメリット。

しっかりと比較して選んでくださいね!!

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.