ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

コンパクトな家のクオリティを上げる方法

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー ぱっくん こと タカシマ です。

 

今日はメッチャ良い天気。

いや~、こんな日は釣りに行きたくなるよね。

キスも大きくなって来てるみたいだしね。

夏まではキス釣りに何回行けるかな~♪

そんな事を考えるだけでテンションが上がる僕です。

 

コンパクトな家のメリット。

大きな家と小さな家。

どちらか一方が優れてる!!

そんな事は無いんですよね。

 

大きな家。小さな家。

どちらもメリット、デメリットがあります。

 

今回は小さな家をつくる時のメリット。

まずは、コンパクトだから土地選びが楽になります。

 

大きな土地は必要ないですしね。

土地は坪単価×大きさで金額が決まります。

土地が小さくても良いって事は、土地の費用を抑える事も可能です。

 

または、立地条件の良い坪単価の高い土地を購入する事も出来るかも!?

大きさが必要無いから、土地の坪単価が高いけど予算内に収まる可能性も高くなります。

 

家のコストも抑える事も出来ます。

コンパクトな家は、家のコストも抑える事が出来ます。

「家の大きさ」は、見積りの中でも非常に大きな割合をしめます。

家をコンパクトにする方法は、家の見積りを抑える事に直結します。

 

そのかわりに、キッチンの仕様を上げる。太陽光を設置する。

色々な事にお金をかける事もできます。

 

コンパクトな家のデメリット。

 

大きなデメリットは設計が難しくなる部分。

やはり、予算もあるけど要望もあります。

 

家のボリュームに対して、要望のボリュームがアンバランスだと設計の方も

難しくなります。

収納が取れなかったり、和室が狭くなったり。。。

色々な部分で要望が満たされない場合があるかも!?

そんな場合は、要望の優先順位を整理する。

こんな事も大事ですよね!!

 

空間を最大限に利用する。

コンパクト家をつくる場合は、無駄な部分は無くす。

そして、空間を最大限に利用する。

 

例えば、屋根裏を利用したロフトをつくる。

そうする事で、少し狭かった子供部屋が有効活用できる。

ベットを置くスペースが必要なくなった。

 

小屋裏収納を活用する事で、収納量を確保する。

床下収納庫を活用する。

 

そんな部分まで、どうやったら活用出来るのか??

そんな風に考えて進めて行く事をオススメします。

 

最後に

コンパクトな家はメリットも沢山あります。

減築って言葉があるように、家を小さくする工事もあるぐらいです。

 

大きな家が必要な方は理由があります。

そこまで特別な理由が無い場合は、コンパクトな家も候補に入れてみるもの1つかも!?

しれませんね!!

 

良かったら参考にして下さいね♪

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.