ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

家を持ちながらパパの小遣いが上がる!?毎月の返済額を抑える方法

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける小さな工務店の代表です。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今日も寒い1日に。汗

朝一は現場で左官、タイル、の打合せ。

こんな寒い中でも一生懸命に頑張ってくれる職人さんには感謝です!

常に「謙虚」と「感謝」の心は大事にしたい タカシマ です。

 

今回は、「住宅ローンを返済しながらでも、パパの小遣いを上げる方法」を紹介します。

ちなに、なたは小遣い制でしょうか??

僕も・・・小遣い制なんです。汗

若い時は自由になったお金だけど、家族が出来き、子供が出来ると、自由になるお金も少なくなります。

なので、欲しいモノはあるけど、高額なモノは買えないですよね~。

なかなか小遣いで貯金は難しいし。

そんな不自由を抱えてるパパは多いと思います。

僕も同じですし。(笑)

ちなみに小遣いの値上げ交渉は失敗続きです。

 

なのに、家を持つ事によって少ない小遣いが・・・さらに減ったら?

あなたはどうでしょうか??

僕だったら、そこまでして家は必要ない。って思います。

コンビニで少しだけ美味しいコーヒーも飲めないなんて!!

悲しすぎますし。

 

でも、家を持っても小遣いが変わらない。または、上がったらどうでしょうか??

これだったら家に対しての「お金の不安」は感じないと思いますし、家の購入へのハードルも下がります。

 

家を持ちながらパパの小遣いが上がる!?毎月の返済額を抑える方法

とはいえ・・・。家の価格は上昇してまして。

僕が建築業界に入った20年前は、坪45万円で高級な家の価格でした。

坪40万円~でも、家づくりが可能だったんですね。

しかし、現在は坪50万円以上~が一般的なのかな??

 

例えば、40坪の家で比べてもかなり違います。

40坪×45万円=1800万円

40坪×50万円=2000万円

同じ大きさの家でも、単純に200万円は価格が上昇している計算に。

これからも下がる事はなく、上がり続けると思います。汗

ま~、家だけじゃないですけどね。

 

家の価格が高くなる理由

なんで家の価格は高くなってるのでしょうか??

大きな理由はコチラ。

原材料の高騰

木材の価格もドンドン上がってますし、産廃処理(ゴミ捨て)の価格も上昇してます。

解体工事の価格の上昇とか、ビックリするレベルです。汗

さらに、建材の価格も上昇してます。

価格が下がった業種は1つもありません。汗

フローリング、クロス、木材など、建築商材の高騰が1つの理由です。

 

そして、もう1つ。

職人さんの人材不足

コチラも申告な問題でして・・・。

工事できる職人さんが少なくなれば、価値も上がり、価格も比例して上がります。

昔に比べて、職人さんの母数は大きく減りましたし、若手も少ないのが現状。

職人さんは減るけど、建築会社の数が変わらなければ、取り合いになります・・・。

このようにして職人さんの価格も上昇してるのが現状です。

 

そんな中で価格を抑える方法とは!?

え・・・!?小遣いが上がるなんて無理やん!!

って、思いますよね。

僕も記事を書いてて不安になってます。(笑)

しかし、方法はあります。

僕がお伝えする方法は、単純に安い商品を使って、安い家を建てる。って意味じゃありません。

これだと、長持ちしませんし、将来的にメンテナンス費用が大ききかかります。

僕がオススメする方法とは・・・

 

必要最小限の大きさの家を建てる

ここが大きなポイントです。

僕が住む石川県。

お客様が希望される家の大きさなんですが、僕の経験だと・・・

約40坪の2階建て。これが目安です。

逆に、30坪や、35坪だと小さい家って感覚も。

しかし、本当に40坪も必要でしょうか??

 

この40坪という大きさがベスト!!って理由には根拠がありません。

人と同じぐらいが安心する。

ここだけだと。個人的には思うんですね。

しかし、「みんな」と「あなた」は違います。

収入も、ライフスタイルも、家族構成も、将来の暮らし方も。

なので、同じを求める理由は無いと思います。

 

そして、2階建ての家づくりが当たり前だと思ってると思います。

しかし、平屋という選択肢も。

平屋にする事で、階段、ホール、2階のトイレ、などの無駄なスペースを省略できます。

さらに、多くの方が望むファミリークローゼット。

こちらも、1階に寝室があれば、寝室に隣接したウォークインクローゼットで代用も可能。

さらに、無駄な廊下を作らない事で、さらに家の大きさを削減する事も可能に。

 

しかし、平屋は高いんじゃ!?って質問も受けます。

確かに・・・大きな平屋は高いです。

逆に、無駄を省いたコンパクトな平屋なら、2階建てよりもコストを抑えて建築する事も可能です。

その結果、月々の住宅ローン返済が減り、パパの小遣いが上がれば最高ですよね!!

 

最後に

今回は、家を持ちながらでも、パパの小遣いを上げる方法を紹介しました。

低金利を利用する、補助金を利用する。

色々な方法があるけど、無駄を省く、合理的な間取りし、面積をコンパクトにして、家の価格を抑える。

これが一番、効果的な方法です!

 

良かったら参考にして下さいね!!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける小さな工務店の代表です。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2021 All Rights Reserved.