ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

生命保険は時期によって、メンテナンスが必要な理由とは?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

この前は久しぶりに山中温泉までお風呂に入りに行って来ました。

加賀市住んでる時は良く来たな~。

山中温泉にある「ゆ~ゆ~館」

家族風呂が広くてメッチャ快適で、はるぽんが小さい時は良く行ったな。

そんなはるぽんも大きくなって。

 

 

風呂上りは牛乳を飲むようになりました。(笑)

ジュースでも良いよ。って言ったけど牛乳でした。

 

 

今日は、生命保険の話。

生命保険って住宅ローンと密接な関係があるから、覚えておいて欲しいんですよね。

 

節目によって生命保険は見直しが必要

 

生命保険って皆さん加入されてます??

僕は20代後半まで入ってなかったな・・・汗

お客様に聞くと、家づくりを考えてる9割型の人は加入してます。

でも、最初って知り合いに頼まれたから加入した。

そんな事って多くないです??

えっと。。。僕はそうでした。(笑)

 

なので、保険内容とか全然覚えて無かったんすよね~。

加入してる。ってだけ。

 

でも、保険は見直しが大事って聞いた事があります??

これは必要な事だと思うんですよね。

タイミングは、結婚した時。子供が産まれた時。家を建てた時。

こんな風に言われてます。

 

結婚した時に初めて生命保険に加入する方が多いみたい。

1人の体じゃ無くなるからね。

 

そして、子供が出来た時。

新しく学資保険に加入する親御さんも多いです。

保険内容をそのままにして、学資保険も加入すると保険料がドンドン上がるので

このタイミングで見直しを考える方も多いんですよね。

 

そう。新しく保険に加入するタイミングで見直すって感じ。

じゃないと保険料が上がって、保険貧乏になる可能性もあるから。

 

家を建てた時に保険を見直す理由

 

家を建てた時に保険を見直す理由。

住宅ローンを組む方は「団体信用生命保険」に加入する事になります。

新しく死亡保険に加入するから、ここで見直すタイミングになるんですよね~。

 

団体信用生命保険とは?

簡単に言うと、加入者が亡くなった時に住宅ローンがチャラになる保険です。

 

家を建てるまでは、死亡保険の内容を充実させてる方が多いのかな??

住宅ローンを組む事で新たに死亡保険がプラスされる訳ですから、死亡保険が大きくなりやすい。

 

住宅ローンを35年間という長期に渡って完済する時に一番のネック。

それは、死亡から闘病に切り替わります。

 

死亡には手厚い保険がついてるけど、闘病にはついてません。

もしも貴方が住宅ローンを返済中に闘病を強いられ場合になった時。

住宅ローンの返済と闘病にかかる費用が必要になります。

 

こう考えると怖いですよね。

なので、住宅ローンを組む時には死亡よりも病気になった時。

そんな目線で保険のメンテナンスを考えてみるのも1つですよね。

 

良かったら参考にして下さいね!

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.