ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

自分の方を向くのか?お客様の方を向くのか?

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける小さな工務店の代表です。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

昨日は北陸でも春一番が吹いたそうで。

これで雪の悩みからも開放されそうです!!(笑)

やっぱり天気が良いと気持ちがいいっすよね~。

久しぶりにランニングしたら筋肉痛がひどい タカシマ です。

 

最近は土地探しに奔走しています!!

今年は土地の動きが活発でして、いいな~。って思った土地はすぐに売れます。汗

なので、同じエリアで探しているライバルとの競争が例年よりも激しい。

そう感じてます。

たぶん、土地探しをしている方も感じてるんじゃないかな~!?

 

そうなると、良い土地が出ると焦るし、ライバルの事が気になります。

なので、建築業者、不動産業者の気持ちとしては、早く決めて欲しい。って思うはず。

その土地が売れれば、また1から土地探しが始まるから。

 

でも、お客様にとっては、どうでしょうか??

その土地にどんな家が建つのか?

総額で予算内に収まるのか??

不安は多くあるはず。

それなのに、早くしないと売れますよ!!的な言葉は僕は言いたくないんですね。

(本当に早く売れる土地は、早く売れる。って事は伝えます。)

営業的に急かす、これだけはしない。って決めてます。

 

自分の方を向くのか?お客様の方を向くのか?

仮に、立地はいい分譲地の計画を知りました。

1つだけ間口は8.5mと狭いので、価格も安く設定されてまして。

立地的にも、価格的にも、お客様にはオススメ。

しかし、間口8.5mが個人的に気になり、一度だけ図面を書いてみて、理想の家になるか??確認してから決めましょう。

って、提案をしました。

 

図面を書くという事は時間もかかる訳で。

その間にライバルに取られるかも!?しれません。

結果的に、ライバルに取られるというよりは、問合せが多くあり値段が上がりました。

売主さんとしては、土地は少しでも高く売りたいですしね。

 

図面なんて後から何とでもなるやん。

営業的には土地を抑えるのが先決。

もっと早くお客様に決断してもらわんなん。

って、意見も頂きます。汗

 

でも、僕はしたくないんですね。

お客様にとっては、土地を買う事が目的じゃなく。

その土地で理想の家を建てて、豊かな暮らしをする事がゴールだし。

 

色々と遠回りはするけど、不安を解消したうえで土地を決める。

少し時間はかかるけど、このスタンスは変えないで行こうと思います。

 

いいか?悪いか?は解らないけど、矢印は常に自分じゃなく、お客様に。

さて、気を取り直して土地探しを頑張ります!!

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける小さな工務店の代表です。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2021 All Rights Reserved.