ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

はるぽん。サッカー教室に入部しました。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

息子のはるぽん。

今年から年中になりました。

はるぽんが通う幼稚園は、年中から色々な教室に入る事ができます。

「体操教室」や「サッカー教室」などを習う事ができます。

とりあえず、体操教室とサッカー教室に体験を申込みました。

 

出来れば、サッカーをして欲しいな~。

 

僕もサッカー部に所属してました

小学校3年から高校2年頃までサッカー部に所属してました。

 

ポジションはGK。

 

理由は小学校の時に身長が高かったから。

でも、中学になると身長も伸びなくなりまして・・・

GKの中では身長が174㎝と低い部類に。

他の高校のGKは180㎝を超えてたような気がします。

 

GKは身長の高さがメッチャ有利なんですよね!

身長が高いと手も長いですしね。

小学校までは有利だったんだけど。汗

 

小学校の時は味方からのバックパスは手を使う事ができました。

そこまで足の技術は必要が無いポジションが昔のGK

 

それが、途中でルールが変更になりました。

なんと、味方のバックパスには手を使ってキャッチする事が出来なくなり。汗

足の技術を練習しなかった僕は・・・足の技術が全く無いGKに育ったんですよね。

 

ルールが変更が適用された試合はバックパスがくるとドキドキしたもんです。

一度、味方からのバックパスを前に蹴る予定が・・・スピンがかかってコーナーキックに。

さすがに味方も敵も失笑でした。

うだつの上がらないGKだったんですよね。(笑)

 

やっぱり先生は違いますね!

2回目のサッカー教室には時間が空いたので見学に行きました!

どんな感じなのか?ちゃんと混ざれてるのか?

親バカ全開で気になって、気になって。(笑)

 

教室が始まると、先生が上手に子供達がサッカーに興味を持つように教えてました。

子供達も「キャーキャー」言いながら楽しそうにサッカーをしてます。

たまに僕と一緒に公園でボールを蹴るけど、滑り台してみたり、他の遊びをしてみたり。

集中しないからサッカーにならないんですよね。汗

 

そこは、さすが先生ですよね!

集中力の無い、はるぽんだけど夢中でボールを追ってました。

子供を夢中にできるって凄いな。

 

はるぽんが楽しそうにボールを蹴ってる姿を見てるとウズウズしてきますよね。

上手くなる必要は無いけど、楽しく運動に興味を持ってくれると嬉しいな。

 

2人でボールを蹴れるって嬉しいです。

まだ2回だけど、サッカー教室に行き出してからは前よりもボールを蹴ってくれるようになりました。

一応、二人でパス交換というか、ボールを蹴りっこしたり。(笑)

 

時間があると近所の公園でボールを蹴る事が僕のリフレッシュになってます。

もうすぐ5歳になる息子。

産まれた時は、二人でサッカーボールを蹴るなんて思わなかったな。

いつまで続くか解らないけど、二人でボールを蹴る時間を大切にしようと思います。

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.