ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

超簡単!一戸建てを購入する時に必要な費用を知る【建物編】

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

今日は一戸建てを購入する時に必要な費用について。

初めての家づくりで、一戸建てに必要な費用を把握する事って難しいんですよね。

注文住宅の場合はなおさらです。

 

コンビニでお弁当を買う時って、値段の表示があって内容を吟味して

美味しそうなのを買いますよね??

お弁当の値段は500円。

そのままレジに行って、消費税を含む540円を支払えば買えます。

当たり前やろ!!ってお言葉が聞こえそうだけど。笑

 

でもね、住宅の場合はこうはいかない。

建物や土地の費用以外にもお金が必要になるから。

 

目に見えないお金も把握しておくと、最終的にいくら必要になるのか?

総合計金額を把握出来るようになります。

 

この総合計金額が一戸建てを購入する時に必要な費用になります。

 

建物と土地以外にどんな費用が必要になるのか?

代表的な費用をご紹介します。

 

【建物編】家の外にかかる費用。

建物の費用以外で必要になる代表的な工事。

「地盤改良工事」

地盤改良工事ってご存知ですか??

僕の住む石川県小松市は地盤が本当に弱い地域が多いです。

経験的には8割以上は地盤改良工事が必要って感じ。

改良工事が必要無い地域の方が少ないくらいです。

 

そんな地盤改良工事ですが、最後まで本当に金額が読めない工事。

50万円で済む時もあれば、100万円オーバーなんて事も。汗

この金額の差は「地盤調査」の結果によって変わります。

 

改良工事が入る前に調査会社に地盤の調査を依頼します。

その結果、改良は必要無し。または、4mまで改良工事が必要です。

調査会社の方から色々な結果が届きます。

その指示通りに工事をする必要があるんです。

 

指示通りに工事をする大きな理由は地盤保証を受ける事が出来るから。

もしも、地盤沈下が起こった場合には外部機関から保証を受ける事が出来ます。

これが本当に大事なんです。

地盤沈下の工事には莫大な費用がかかるので、保険を使わないと現実的に費用の捻出は無理です。

こんな理由から地盤改良工事は必須工事になってるんですね。

 

自分で調査して、勝手に改良工事の判断をする事はまず無いんで。

そうなると保証を受ける事が出来ないので。汗

 

建物の中で一番読めない「地盤改良工事」

地域にもよりますが、35坪〜40坪の2階建で約80万円前後の予算を僕はみています。

これは、僕が1年を通して建築して頂くお施主様の地盤改良工事の平均になります。

工事が無ければラッキーだし、もしも100万円になっても20万円の差額になります。

 

最初から地盤が強いって曖昧な情報を信じて、予算を0円で考える事だけはオススメしません。

 

 

駐車スペースを考える

必ずと言っていいほど要望がある工事が駐車スペース。

車を止める部分のコンクリート工事の事を言います。

 

コンクリートじゃなく、砂利や土のままでお金が貯まってから工事をしよう。

それも可能だけど、色々と弊害があります。

 

3日に1回ぐらい雨が降る石川県。

砂利や土だと、タイヤが汚れたまま発進するので道路を汚してしまいます。

砂利や土の汚れを道路まで引っ張って行くんですよね。汗

雨が降るたびに道路を汚してたら、近所迷惑にもなるし申し訳ないし。汗

 

そして、もう1つ。

北陸の冬は雪が降ります。もう雪かきは必須になります。

コンクリートだと雪かきも簡単なんだけどね。

 

砂利や土だと、雪と一緒に砂利や土も混じってしまって。

本当に作業がやりにくい。

下手したら倍は時間がかかるかもしれません。汗

 

そんな理由から駐車スペースのコンクリートも最初から予算に含めて

おく事をオススメしてます。

車の台数は家族構成によって違います。

 

1台あたり約15万円程の予算を考えておくと良いですよ。

夫婦2人の車の駐車スペースを施工する場合。15万円×2台=30万円

 

こんな感じで駐車スペースもしっかり考えておきたいですよね。

 

屋外給排水工事

地盤改良工事や駐車スペースは聞いた事があるけど、屋外給排水工事。

ハッ!?何それ??って感じっすよね。

 

この外部給排水工事は簡単に言うと。

水道メーターから給水をお家の中に引込み、お家の排水を下水に接続する工事

の事を言います。

あれ・・解りにくかったかな。汗

 

家の中の水道工事は建築工事費に含まれているのに、屋外の水道工事は

標準外になってる事が多いんですよね。

 

これには理由があって、敷地の状況によっても金額が変動するし、建物の配置でも

金額が変動します。

お客様の状況によって金額が変わるので、なかなか建物費用に含む事が出来ないんだよね。

 

例えば、道路から6m下がって建てたお家と、道路から12m下がって建てたお家。

道路付近に下水マスや、水道メーターがあります。

6mと12m。倍も違うと下水マスや水道メータに接続する距離が全然変わるって事。

 

屋外給排水工事だけど、約50万〜80万円程かかると思ってると良いと思います。

 

 

あったら嬉しいカーポート

 

雪が降る北陸では、あったら嬉しいのが「カーポート」

雪からも車を守ってくれるし、太陽の紫外線もカット!!

僕的に一番嬉しいのは、冬場に一番ストレスなフロントガラスの凍結。

あれが本当に厄介。

 

朝の忙しい時間に暖房全開で溶けるまで待ってる時間。

少し溶けて我慢出来ずに発進した記憶は皆んなあるんじゃ無いかな?

めっちゃ見にくくて、顔を横にしながら走行するやつね。笑

 

カーポートはこの凍結からも守ってくれます。

冬場の朝にサッと発進出来るのは嬉しいですよね〜。

 

このカーポートだけど、絶対必要!!って訳ではありません。

資金に余裕があれば設置出来るといいですよね。

 

積雪1m 2台分で約40万円前後

積雪1.5m 2台分で約50万円前後

 

これがカーポート設置の目安費用になります。

 

まとめ

建物本体以外にも色々とお金が必要な家づくり。

例えば、2000万円の本体価格だった場合には。

2000万円(本体価格)+80万円(地盤改良工事)+30万円(駐車スペース2台分)

+60万円(屋外給排水工事)+40万円(カーポート)=2210万円

2210万円+消費税(8%)=約2386万円。

 

2000万円の家を考えていても、最終的には色々と加算されていきます。

予算オーバーで困らないならない為にも、最初から建物以外の金額を予算として把握しておく事が大事。

後から知るよりも、最初から知ってる事。

これだけで家づくりが本当に簡単になります。

 

良かったら参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.