ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

オーダーメイドキッチンのインパクトが抜群!!1階に寝室を配置した家

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

今回はLDKにはオーダーキッチンがあり、キッチンが空間の主役になるような施工事例を紹介します。1階に寝室を配置して将来的にも使い勝手が良いように設計しました。

子育てが終わり夫婦二人になったら平屋のような使い方もできます。

キッチンのデザイン、配置にこだわりたい方、1階に寝室がある暮らしが希望の方には参考になる施工事例です。

 

オーダーメイドキッチンのインパクトが抜群!!1階に寝室を配置した家

玄関に入ると横にはシューズクロースを配置しました。さらに、シューズクローク→ホールに行ける動線をつくりました。玄関は色々な方が出入りします。町内の集金や、宅配など。友達や親族以外の人が頻繁に出入りします。その時に玄関が靴でムタムタだと・・・嫌なもんですよね。

シューズクローク→ホールは家族の玄関動線として使うと、メインの玄関はいつでもスッキリしています。

今回はシューズクロークも広めに設計しました。靴以外のゴルフバックや、雨具、趣味の物など多く収納できます。案外と外で使う物の収納に困る事って多いので・・・。何を収納したいのか?リストアップして広さを決めると良いですよ。

 

LDKは開放的な空間になるように工夫しました

ホールの扉を開けると解放感抜群のLDKが広がります。リビングの天井は吹抜けまで高さは無いけど、一般的な天井高よりも高く設計しました。天井が高いと解放感が全く違うんですよね。

天井のイメージはこんな感じです。

お隣の和室に比べると全然違いますよね!!

でも、注意して欲しいポイントが1つ。どんな間取りでも天井を高くできるか!?って言うと難しい部分もあります。今回は1階に寝室があるので、本来は寝室がある2階のスペースを利用して天井を高くしました。

天井の高いリビングにしたい方は設計段階から要望を伝えるようにしましょうね。

 

和室の建具はハイドアにしました

和室の建具を開けるとフルオープンに使える和室になります。LDKの1部になりタタミコーナのように使う事ができます。

和室に使った建具に注目して下さい!!

天井まであるハイドアを使いました。一般的な建具の高さは2mなので、天井までは約40㎝~50㎝の壁ができます。この壁があるか?ないか?で全く空間の感じ方が違います。

ハイドアにすると約40㎝の壁が無くなるので、LDKとの一体感が増して開放的な空間になります。LDKとの連続性を希望する方は参考になるポイントです。

 

キッチンはオーダーキッチンを採用しました

リビングの隣にはダイニング、そしてキッチンが続きます。

フラット対面の大きなオーダーキッチンのインパクトが抜群なんですよね!!オーダーなのでダイニング側から見える白い部分はコンセントです。鍋やホットプレートを使う時に重宝します。このコンセントは既製品のキッチンにはつけれません。オーダーならではですね!

ちなみに食器棚もキッチンに合わせてオーダーで施工しました。高価なキッチンだけど、自分の好きなように形を変える事ができるのはママには嬉しいですね。

 

食洗器はドイツ製で有名な「ミーレ」を採用。

20年間も家づくりのお手伝いをしてきたけど、ミーレを使うのは2回目か3回目ぐらいです。しかし、この大容量の食洗器は圧巻。食洗器は容量が小さく1回で全ての食器を洗うのは難しいんですよね。でも、これぐらいの容量があれば可能かもしれませんね!!

僕もミーレが欲しくなったのは内緒です。(笑)

 

造作家具も使っています

今回もテレビボード、洗面化粧台は造作で施工しました。

テレビボードは造作にすると幅が広く施工できます。壁から壁まで施工できるので、変な隙間ができません。微妙な隙間ができるとホコリも溜まるし、掃除も大変ですしね。

そして、テレビボード内部の棚も自由に施工できます。収納した物は家族によってバラバラです。家族に合わせてカスタマイズできます。

 

洗面化粧台も天板はメラミンカウンターを使いました。汚れに強く、お手入れもr買うな素材です。アクセントにタイルを使い可愛く仕上げます。

造作洗面は横幅を広く使えます。それに伴って鏡も広くすると使いやすい洗面になります。洗面は家族で混む時間帯が決まっています。だいたいは朝ですよ。鏡を広くすると2人で立って使う事ができます。2人で使えると効率は全然変わってきます。

 

1階に設計した寝室

平屋も検討しましたが1階が大きくなり、敷地の問題、廊下が長くなるなどとデメリットも多く・・・。寝室のみを1階にする設計にしました。

寝室が1階にあると、子育てが終わり夫婦2人になった時には平屋として使う事ができます。子供達が帰省した時に2階の部屋を使えばOKですしね。家族のライフスタイルが変われば暮らし方も変わります。

将来的な暮らしの変化に対応できる設計にしておくと、いつまで住みやすい家になりますし、無駄なリフォームも必要ありません。

最初はコストが高くなるけど、長い目で見るとお得だと思います。

僕も1階の寝室がある間取りに憧れたけど、敷地に余裕がなくて・・・諦めました。汗 敷地に余裕がある方はオススメなので、検討してみるのもアリだと思います。

 

最後に

オーダーキッチンや、1階の寝室など。家づくりのイニシャルコストは高くなります。

しかし、どちらも長く使える物だと思うんです。

例えばキッチンですが、15年ぐらいで入替工事をすればオーダーキッチンよりも高くなるかも!?しれません。最初に長持ちする、耐久性の高い物を選ぶ。ここは長い目で見ると大事なことだと個人的に思います。

商品を選ぶ選択肢の1つにして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.